ピクシブ百科事典

ダークロボット

だーくろぼっと

『人造人間キカイダー』に登場するダーク破壊部隊のアンドロイド。
目次[非表示]

概要

 『人造人間キカイダー』に登場するアンドロイド。いわゆる「今週の怪人」。
 そもそもダーク破壊部隊とはプロフェッサー・ギル総帥とする軍需産業を中心とした巨大犯罪シンジゲート「ダーク」の中の前線に出て戦う部隊のことを差し、破壊部隊=ダークそのもの、というわけではない。中でも下っ端のアンドロイドマンと共に戦闘行為の現場指揮、並びに拠点制圧を担当する高い戦闘力を持つ動物型アンドロイドをダークロボットと呼んでいる。
 本来ダークロボットは光明寺博士が自然保護のために作った13体のロボットをギルが自分に都合のいいように改造したものであり、ギンガメ以降の第二期ダークロボットはダイダイカタツムリを除きギルやその部下が作成している。基本的に名称はモチーフとなった動物+で、初期の13体は両方とも英語だが、ギンガメ以降は色か動物、どちらか和名あるいは両方とも和名。最終盤に登場したダークロボットは色+事象+動物と言うネーミングになっている。このネーミング法則はハカイダー部隊の正体にも引き継がれた。

基本的に外見は元となった生物になった生物の要素を大いに引き継いでいる一方で、ミドリマンモスピンクアルマジロのような外見からモチーフを特定できないメンツも多い。
漫画版の方がモチーフの生物らしいなんて事も往々にしてある。 (グリーンマンティスがそれ。)

ちなみに植物モチーフは意外といない。

特徴

 ダークロボットはいわゆる無人兵器であり、銃火器火炎放射高圧電流にも耐える頑健な体と十人十色の凶悪な武装を保有している。
攻撃力は非常に高く、搭載兵器も極めて強力無比で、ざっと例を挙げても

などなど、超高性能兵器が目白押しである。アレ?わざわざロボットに搭載しないで量産した方が良くね?
 人間に化けることも可能だが、影が怪獣そのものであるため、一般人は騙せてもキカイダーには簡単にバレてしまうことが多い。番組ナレーションでは「怪獣ロボット」などと呼ばれていた。
 余談だが兄弟機がやけに多い(カブトガニエンジとキメンガニレッドの他、ゴールドウルフとダイダイカタツムリ、キイロアリジゴク3兄弟等)。兵器産業故にバージョンアップ(バトル漫画で言う所の戦闘力インフレ)はかなり早い。第二期の最初に製作されたギンガメは第一期の3倍の出力を持つとされ、その二期組出身のカブトガニエンジに対しその後継機であるキメンガニレッドが「俺は貴様の5倍の出力なのだ」と発言していた。

一覧

名前モチーフカラー声優備考
グレイサイキング灰色田中康郎
グリーンマンティスカマキリ緑色大宮悌二漫画版にも登場。
オレンジアント橙色増岡弘/山野井仁(アニメ版)漫画版にも登場。
ブルーバッファローバッファロー田中康郎児童誌のイラストでは赤い『レッドバッファロー』として登場した事も。アニメ版でもこちらの姿で登場。
イエロージャガージャガー黄色依田英助/檜山修之アニメ版にも登場。
ブラックホースユニコーン島田彰アニメ版にも登場。
ブルスコングゴリラ大宮悌二児童誌のイラストではブルドッグ型の『ブルードッグ』として登場。アニメ版でもこちらの姿で登場。
カーマインスパイダー蜘蛛カーマイン勝田久/広瀬正志(アニメ版)アニメ版にも登場。
レッドコンドルコンドル和久井節夫
サソリブラウン茶色大宮悌二後述する通り、サソリホワイトの名称で児童誌やアニメ版に登場。
ゴールドウルフ金色増岡弘
シルバーキャット銀色今西正男
ピンクタイガー桃色大宮悌二
ギンガメ銀色和久井節夫
キンイロコウモリコウモリ金色増岡弘
女ベニクラゲクラゲ京田尚子
アカクマバチクマバチ青森伸
クロカメレオンカメレオン増岡弘
カブトガニエンジカブトガニ臙脂色依田英助
アオタガメタガメ和久井節夫
ムラサキネズミ神山卓三ネズミに見えにくいデザインだが、赤い発光体がネズミの耳、ネズミの目に当たる部分から牙が生えている。
シロノコギリザメノコギリザメ上田耕一一見、ノコギリザメに見えにくいデザインだが、両腕にそれと分かる意匠があり、側面から見るとサメのエラや鮫肌を意識したデザインだと分かる。が、ヒレ部分はサメと言うより他の魚類に近い。
キイロアリジゴク三兄弟ウスバカゲロウ黄色和久井節夫
モモイロアルマジロアルマジロ桃色坂井すみ江甲羅以外アルマジロ要素が少ない。外見的にはヒメアルマジロが近い。
ダイダイカタツムリカタツムリ橙色青森伸
ミドリマンモスマンモス緑色増岡弘あまりマンモスに見えないが、注意深く見るとマンモスの左右を向いたマンモスの横顔になっている。
バイオレットサザエサザエ赤紫京田尚子
アカオニオコゼオニオコゼ青森伸
カイメングリーン海綿大宮悌二アニメ版にも登場。
アカネイカ烏賊茜色増岡弘
タコヤマブキ山吹色清川元夢
アオデンキウナギデンキウナギ丸山詠二
キメンガニレッドキメンガニ大宮悌二
ブラックハリモグラハリモグラ増岡弘
子ハリモグラハリモグラ遠藤薫
クロガラス渡部猛漫画版にも登場。
クワガタブルークワガタムシ増岡弘
ヒトデムラサキヒトデ和久井節夫
アンコウブラウンアンコウ茶色大宮悌二
キリギリスグレイキリギリス灰色渡部猛
アカ地雷ガマガマガエル増岡弘
白骨ムササビムササビ和久井節夫
マダラスナトカゲエリマキトカゲ黄土色増岡弘

第1話シルエット限定一覧

名前モチーフカラー
スカーレットドッグスカーレット
レッドスネーク
ゴールデンバットコウモリ金色
サソリホワイトサソリ

漫画・アニメ版限定一覧

名前モチーフカラー備考
グレイサイボーグ(グレイサイキング)サイ灰色
シルバーベアークマ銀色アニメ版では菅沼久義が声を担当。また、シルバーベアーの名称はアニメ版が初出。
シルバーカメーン(ギンガメ)カメ銀色
ゴールデンバットコウモリ金色※1アニメ版では若本規夫が声を担当。
ヒトデロイド(ムラサキヒトデ)ヒトデ色名なし

02限定一覧

名前モチーフカラー
パープルスネーク/メドゥーサ※2
ピンクエレファントゾウピンク※2
サソリホワイトサソリ※2


人造人間ハカイダーラストジャッジメント限定一覧

名前モチーフカラー備考
シルバーホース銀色声は桜井敏治が担当。
アントグレー灰色声は三木眞一郎が担当。
ピンクヒポポタマス河馬ピンク※3声は沢りつおが担当。


脚注
※1特撮版のゴールドウルフに該当。外見はキンイロコウモリに流用された。シルエットの段階ではこの名だった。ゴールデンバットはタバコの銘柄にあり、そのためTV版では登場できなかったと思われる。
※2実は元々02オリジナルキャラクターではなく、昭和版の児童誌のイラストで確認できるキャラクターであった。なお、パープルスネークはどのダークロボットよりも人間に近い外見である。
※3アリと馬は原典に登場しているモチーフだが、カバは原作にも登場していないモチーフである。

余談

  • 上記の特徴の項にあるように、モチーフの動物の印象を抽出した外見は非常に個性的ではあるが、これは石ノ森章太郎による漫画的なラフデザイン画を造形会社の開米プロが忠実すぎるほどに再現した結果である。加えて開米プロは当時『ウルトラマンA』や『ミラーマン』も担当しなくてはならなかった上に、(放送時間帯的に)低予算もあってああならざるを得なかった模様。3クール目からはツエニーも造形を担当することになったからか、若干作りが凝ったものになっている。
  • 造形には市販のザルなどの日用品が塗装されそのまま使用されていた。また中東戦争に機に発するオイルショックにより、造形に必要なウレタンが手に入らずに風呂マットを買い占めて対応したという。
  • 実家が裁縫の仕事をしていた岡田斗司夫が、破壊された後に散らばっているの部品には母が使っていたものと同じ足踏みミシンのはずみ車があると指摘していた。
  • トニーたけざきによって描かれた石ノ森の画風を完コピした公式パロディ漫画では、ムラサキハクチョウ、ムラサキナスビ、ムラサキシキブなる特撮版の造形を再現した奇妙なダークロボットが登場した。

関連項目

キカイダー ハカイダー
ハカイダー四人衆プロフェッサー・ギル配下3名がそれぞれ銀エビ・青ワニ・朱ムカデ。
オルフェノク:ダークロボットが元ネタになっている者が多い。
レプリロイド:ポジション的に近い存在。

関連記事

親記事

ダーク破壊部隊 だーくはかいぶたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7211

コメント