ピクシブ百科事典

ブルスコング

ぶるすこんぐ

ブルスコングとは人造人間キカイダー第7話と第14話に登場したゴリラ型のダークロボット。
目次[非表示]

「逃がすくらいなら消してやる!」

概要

CV:大宮悌二

特撮ドラマ人造人間キカイダー』第7話に登場したゴリラ型のダークロボット身長177㎝、体重88㎏。
全身が六つのパーツに分離可能で、右手付き腕輪武器としている。また、首輪に生えたトゲは全てミサイルであり、命中すればキカイダーを外せるほどの威力を有する。非常に肺活量も優れており、そのでかいのデカいからを吸えば掃除機のように敵を吸い寄せる。
こいつがデモンストレーション用に林間学校を襲った際、一人子供が逃げてしまったせいで、ダーク破壊部隊はその存在が明らかになり、警察からマークされるようになってしまう。自らのうっかりミスで存在をバラしてしまう敵組織も特撮では珍しいだろう。
キカイダーを半壊させ、拉致することには成功したものの、良心回路を取り除こうとした時には(キカイダーの仲間の手引きで)既に体も修復されており、腹立ちまぎれにアジトごと自爆させるがキカイダーはノコノコ脱出このバカの失態のせいで貴重な研究費をパーにしてしまうこととなった。
ブルスコングは激昂してキカイダーに襲い掛かるが、デンジエンドを受けて爆発四散した。まあ、どうせ生きて帰ってもプロフェッサー・ギルスクラップにされていただろうが…。

第14話では新破壊部隊の一番手ギンガメのテスト用として復活するが、鉄球弾を受けスクラップにされてしまった。

小説版での登場

アオタガメブルーバッファローパワートリオを組んでハカイダーの性能テストを行う。新参者の組手相手をさせられたことで憤激し、ハカイダーをぶっ壊してやると息巻くものの、スピードに翻弄されてに叩きつけられ、残りの二体共々ハカイダーショット粉々にされてしまった。

余談&備考

実はコイツ読者公募キャラで選ばれた怪人であり、右手の鎖付き腕輪とトゲのついた首からわかる通り、元々はブルドッグ型のダークロボット『ブルスドッグ』として特撮版に出る予定だった。(つまり、元々ブルスコングのブルスとはを意味するblueとブルドッグの『ブル』をかけた言葉)
しかしゴリラ型ダークロボットとして特撮版に出ることが決まった後も『ブルスドッグ』にあった首のトゲや犬の首輪を模した腕輪など一部のブルドッグの要素は残された。小説版でも「ブルドッグの顔をした」と書かれている。

アニメ版の第12話には再生ダークロボット(シルバーカメーンやカイメングリーンなど劇中でキカイダーに倒されていないロボットも含む)のなかに彼の原型である『ブルスドッグ』と思わしき、ブルドッグのダークロボットが他のダークロボットとともにキカイダーを襲った。

関連項目

人造人間キカイダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルスコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592

コメント