ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「おれの名はサソリブラウン! 世界最強のアンドロイドだあ!!」


概要

CV:大宮悌二


人造人間キカイダー』第10話に登場するサソリダークロボット。第1話のプロフェッサー・ギルの構想によればサソリホワイトになる予定だったらしい。

身長:182㎝、体重:85㎏。


地中を掘り進む術に長けており、ハサミの先からはドリルを出して岩盤を突き破る。左腕に「アームストロングガン」という強力な機関銃が内蔵してある。また、尻尾の先には殺人エネルギー照射装置が付属しており、人間を一瞬で蒸発させるほどの高熱を持った破壊光線を放つ。


この殺人エネルギー照射装置を作り出した中堀教授を捕らえ、もっと強力な光学兵器を量産させるべく暗躍した。教授の娘を人質に取るなどの卑劣な手段の果てに殺人エネルギー照射装置のコアとなる物質「ウルトニウム」(某有名特撮とは何の関係もありません)の眠る場所を知り、意気揚々と発掘しに行こうとしたところでキカイダーに待ち伏せされ、デンジエンドを受けて崖下に叩き落とされて爆死した。


アニメ版

当初の予定通り第9話にてサソリホワイトとして登場。武器はハサミに仕込まれた高火力レーザー砲。

プロフェッサー・ギルの刺客としてジローらを襲撃したが、登場早々にサブローに頭部を撃ち抜かれて破壊される。


小説版

人造人間キカイダーTheNovel』では「オレンジアントと同じく地中活動用に開発した」と言う設定になっている。ただし尻尾の先にはビーム砲ではなく毒針が付属している。

終盤で再登場し、ダーク本社ビルに殴り込んできたキカイダーを襲撃するものの、片腕を斬り落とされて自分のドリルで脇腹に風穴を開けられた挙句、最後はダブルチョップを受けて爆発四散してしまった。


キカイダー02

2巻で登場。尻尾のビーム砲は高層ビルを貫通するほどの威力で、インターパシフィックホテルを砲撃して環境学者のロボロフスキー教授をはじめ52名を殺害、100名以上の重軽傷者を出した。

DARKアジトに捕らえられたミツコを救うべく突貫したジローとヒナノの前に姿を現し、ハサミとビーム砲で二人を始末しようとするも、チャージ中の尻尾をジローに強引に自分の背中に突き付けられ、自滅する。


関連項目

ダーク破壊部隊

関連記事

親記事

ダークロボット だーくろぼっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました