ピクシブ百科事典

オレンジアント

おれんじあんと

「人造人間キカイダー」に登場するダークロボット。蟻の癖に蟻地獄を使うロボットとして有名。
目次[非表示]

「ダークは頭脳的にも、肉体的にも優れた人間のみを必要としている。それ以外は皆滅びるのだ!」(特撮版)
「悪いこと!? 悪いことってなんだ? 俺達は命令されたことをやるだけだ!」(漫画版)
「醜イ姿ダナ コレナラ オマエノ兄弟ト言ワレテモ 仕方ナイゼ」(アニメ版)

概要

CV:増岡弘(特撮)/山野井仁(アニメ版)

人造人間キカイダー』に登場するダーク破壊部隊アンドロイド

特撮

第3話に登場する身長170㎝、体重68㎏と小柄ダークロボットダーク破壊部隊が開発した兵器モルモットとして市民捕獲し連れ帰るのが任務。相変わらず最低の組織である。
蟻型ロボットだけあって地中穿孔能力を得意としており、瞬時に地中に潜って移動することでキカイダーを攪乱した。
両腕にはニードルガン蟻酸噴射装置が仕込まれており、浴びせれば灯台すらも崩落させる。勿論人間に当たれば即死であり、作中では逃げようとした市民処刑している。
冒頭にて灯台を破壊(巻き込まれて灯台守のおっさん(ライダーマンの中の人)が圧死)するというデモンストレーションを見せ、プロフェッサー・ギルからの命令を受けてとある集落を襲撃して地域封鎖し市民を連れ帰ろうと目論むがキカイダーに左腕を叩き壊され敗走。
再戦時には地中に潜り込んでキカイダーを圧倒するも、最後は地上に引きずり上げられ、電磁エンドで吹っ飛ばされて粉々にされた。

14話では他の一期生共々復活し、ブラックホースグリーンマンティスと共にギンガメの補佐に回る。
光明寺ミツコに化けて服部半平を拉致し、3体がかりでジローを蟻地獄に放り込んで(それはキイロアリジゴクあたりがやるべきことでは?)蟻酸を浴びせ痛めつけるが、そんなことをしていたせいでジローので塞がり悪魔の笛が聞こえなくなってしまい(←お約束)結果的に自分たちの首を絞めてしまうハメになった。

漫画

アフロ髭面の見るからに怪しい男性に化けて都内に潜伏し、「ガスをばらまいて人為的に光化学スモッグを発生させてライバル企業に濡れ衣を着せシェアを奪う」という作戦に出ていた(漫画掲載当時、公害は今の比ではない程深刻であり、事実キカイダーのモデルとなった光明寺イチロウは悪徳企業の公害を暴こうとして殺されている)。
外見はがそれぞれアルファベットの「A」を模した形になっているのが特徴で、蟻酸発射装置はに埋め込まれ、両腕は鋭いになっている。また、道化のバギーターンXのように身体をバラバラにして動き回ることもできる。
工事現場でキカイダーを襲うが不利と見るや逃げ出し、光明寺邸に戻ったジローを地中から襲撃する。増援のグリーンマンティスと共にキカイダーを追い詰めるが、彼の機転によりグリーンマンティス正面衝突してしまい二人仲良く爆死した。

キカイダーTheAnimation』では第4話に登場。こちらでは純粋にキカイダー撃破の命を受けて単身活動する。兄弟同士での潰し合いを厭うキカイダーを軟弱と吐き捨て、民間人を殺してキカイダーをおびき寄せようとするなど、ギルの命令であればどんな事でも従う。
廃ビルでキカイダーを抑え込み、悪魔の笛越しに「自分の蟻酸タンクに穴をあけてキカイダーごと溶けろ」という命を受けキカイダーと心中しようとするが、キカイダーがを突き破って下の階に落下したため、犬死に終わってしまった。しかし完全なイエスマンであったが故に、自分の死には満足していたようである。

キカイダー02

特撮版や漫画とは異なり頸部を持たないずんぐりした形状。ギ酸発射装置は両肩に装填されている。
光明寺博士の研究所の地下に潜み、グリーンマンティスやブラックホースに加え、グレイサイキングも加えた4体がかりで光明寺姉妹を襲うも、初変身したキカイダーのプラズマブラスターで真っ先に爆砕された。

KIKAIDEROO

XASHバイオロイドとして作り出されたが、培養槽から出る前に白骨ムササビに食い殺される。
なお、パチスロ『CR人造人間キカイダーSIC』ではSIC版の姿でダークロボットとして登場する。

人造人間キカイダーTheNovel

地中開発用に作成されたという設定が明かされている(漫画特撮ダークロボットも、もともと光明寺博士が自然愛護や開拓のために作った土木作業用ロボを勝手にプロフェッサー・ギルが分捕って戦闘ロボット改造したという設定)。
削岩機マシンガン火炎放射器ミサイルランチャーなど様々なアタッチメントに換装できるというどっかで聞いたような設定(余談だが、テレビ版のオレンジアントの回に山口暁氏がゲスト出演してる)。からは爆弾を吐き出して相手を爆砕する。背中には低温式ヴァルターロケット推進ジェットパックを背負い、飛行能力を有する。
初登場時にはアンドロイドマン小隊と共にダークを逃走した科学者たちを粛清基地に帰還後、ギルに命じられて光明寺姉弟を襲撃するも、キカイダーに投げ飛ばされ、身動きの取れない空中でキカイダースパークを叩き込まれて粉々にされた。

『人造人間ハカイダー-ラストジャッジメント-』

オレンジアントを元ネタとしたギル配下のロボットとして『アントグレー』が登場(CV:三木眞一郎)。
ジーザスタウンの重武装兵格納庫の最深部に築かれたアリ塚から出現し、体を回転させて地面を潜行、棘の付いた爆弾で攻撃してくる。
上半身が横から見たアリの全身になっている歪なデザインが特徴で、名古屋弁で話す。原作同様にギルに対しては盲目的で、一度はハカイダーを説得するも、交渉の余地なしと見て襲いかかってくる。
 

関連項目

人造人間キカイダー アリ

関連記事

親記事

ダークロボット だーくろぼっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オレンジアント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3992

コメント