ピクシブ百科事典

イエロージャガー

いえろーじゃがー

「人造人間キカイダー」に登場するダークロボット第1期生。
目次[非表示]

概要

CV:依田英助

「まだだ! まだ俺にはこのデスベルトがある!!」

 『人造人間キカイダー』第5話に登場するジャガーアンドロイド。可愛い外見をしているが性格は極めて凶暴。身長185㎝、体重79㎏。
 主な武装は尻尾に内蔵された強力な火炎放射器『テールファイヤー』で、人間程度ならたちまち焼肉どころか白骨死体になる程の火力を有する(発射する際には燃料となる揮発油も同時に散布する)。の斑点は全て強力な爆弾であり、投擲して起爆させることができる。腕力を簡単に叩き壊すほど強い。

活躍

 ダークの新開発爆弾「デス・ボム」は汚い空気の場所でしか製造できないという欠点があり、その邪魔となる東京緑化計画を邪魔するのが役目。
 しかしあまりに堂々と主任・佐久間ミキを白昼にぶっ殺しに行こうとしたため、キカイダーが邪魔に入り、彼女を逃がしてしまう。その失策によりプロフェッサー・ギルから叱責され、「付けた相手が5秒後に爆発するデスベルトをミキの(幼い子供)に付けさせれば姉弟揃って無残な死を遂げ計画もオジャン」という卑劣な作戦を改めて言い渡される。
 中年男性に化け(というか幻覚を映し)作戦の実行に向かうが、ジロー地獄耳に探知されてしまいデスベルトは処分され、計画は破綻。ジローの変身したキカイダーと取っ組み合いになり、自慢のテールファイヤーも切り落とされてしまう。
 もはやこれまでとばかりに予備のデスベルトを巻いてキカイダーに特攻するが、跳ねのけられてデンジエンドでデスベルトを起爆され、犬死となった。

 後に第14話で復活したが動向は不明。

派生作品

アニメ版

「コノ街モオマエト同ジダ、必要無イ!! 必要無イ物ハ、破壊スル!!」

 『キカイダーTheAnimation』では第5話に登場。週刊少年サンデーに連載されていた漫画版では登場しなかったため、『仮面ライダー(漫画)』に登場したジャガーマンのように現実のジャガーに近い姿に変更されている。ジャガー型だけあって非常に俊敏であり、ビル街の屋上忍者のように跳び回るほど身が軽い。
 声優は『仮面ライダー電王』のウルフイマジン役や『仮面ライダーフォーゼ』のナレーションで有名な檜山修之氏。

 歓楽街に殺人兵器を仕掛けて起動実験する任務(この街の土地転売を狙う悪徳不動産業者との闇取引)をギルから仰せつかっており、兵器設置のためにで雇ったチンピラ・トオルがガールフレンドのミユキを逃がそうとしたのを知り、殺そうとした。
 ジローと結託したトオルがダークを裏切って兵器の解除に向かうと、彼を抹殺するために挑みかかろうとするが、キカイダーに邪魔される。爆弾とテールファイヤーを織り交ぜて街を火の海にしつつキカイダーを追い詰めたが、(ミユキやトオルとの会話を思い出して)ミツコの事を思い返し奮起したキカイダーの蹴りを受けて吹っ飛ばされ、に叩き付けられてしまう。
 怒りに任せてキカイダーに突撃するが、すれ違いざまに首をデンジエンドで刎ね飛ばされ、大爆発した。

 かくして街は救われた。名も無き一人の男の命と引き換えに…。

小説版

「貴様を溶かしてスペアの牙にしてくれる!!」

 『人造人間キカイダーTheNovel』では、カーマインスパイダーグリーンマンティスと組んで、廃校に隠れたキカイダーと光明寺姉弟を襲撃した。
 キカイダーに向け火炎放射を行うも「機関部が焼け落ちるまでそんな火力では数分かかる」と吐き捨てられ、最後は火炎放射器を自分の体内にねじ込まれて風船玉のように膨れ上がって大爆発した。

関連項目

人造人間キカイダー ダークロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「イエロージャガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1172

コメント