ピクシブ百科事典

一条総司令

いちじょうそうしれい

一条総司令とは、『鳥人戦隊ジェットマン』の登場人物。
目次[非表示]

※注意


このキャラクターは、その所業ゆえにアンチが非常に多く、時折過剰なキャラヘイト表現や、『似たような人物』など本来の記事内容の趣旨からズレた書き込みが行われることがあり、それが原因となって編集合戦へと発展することも多々あります。
原則中立性のある記事を保つ為、そして無益な編集合戦を防ぐ為にも、そういった書き込みは極力控えるよう、お願い致します

概要


演:手塚秀彰

一条総司令は、鳥人戦隊ジェットマン第40話~第41話にて登場。新戦力となるネオジェットマンを率いて鳥人戦隊の基地であるスカイキャンプに突然現れ、鳥人戦隊の指揮権を掌握した。

人物像

フルネームや素性などは不明。
地球防衛組織の幹部にもかかわらず、自分の名誉や肩書のみに執着し、自分以外の人間は全員自分の出世や手柄の為の道具か邪魔者にしか思っていないという「自己中心的」、「唯我独尊」という言葉をそのまま体現したような精神の持ち主で、組織の窮地に際しても戦闘などの身を危険に晒す行為は全て部下に任せ、自分は安全な場所にのさばって威張るだけという、一将校としても人間としても最悪な性格。その上、自分が危険に晒されるとパニックを起こす小心者で、身を守るだけの戦う術も持っていないという文字通り典型的な愚将である。
ただし、上層部に根回しを済ませてから小田切長官から戦隊の指揮権を剥奪したことにも見られるように政治力には長けており、これが一時は鳥人戦隊司令官にまで上り詰めた理由であろう。
 とはいえ、戦隊シリーズ有数の名将として名高い小田切長官と仮にも鳥人戦隊司令官の座を争った男である。また、独自にネオジェットマンを組織して訓練し、彼らを一度は心服させまでしていたのだから、全く無能な人間ということは無く、人望が皆無というわけでもなかったはずだ。

一条総司令の栄光と転落

一条総司令は鳥人戦隊の司令官になり損ねたことをずっと根に持っており、小田切長官を配下に置いたことで積年の恨みと屈辱を晴らさんと彼女を死ぬまでコキ使いまくり、自分が受けた屈辱を味わせようと企む。また、ジェットマンの5人を追放する理由を作るべく、バードニックウェーブの変身回復方法を握り潰して情報を隠蔽している。

巨大化したバイオ次元獣・隕石べムに苦戦するネオジェットマンに、小田切長官は退却命令を出すが・・・非情にも一条総司令は

「忘れるな!お前達の代わりなどいくらでも作れる!負け犬に帰る場所など無い!!」

と言い放って退却を認めないばかりか、彼らに加勢しようと出撃するジェットマンの出撃すらも認めない。
だがその後、あまりの横暴ぶりにレッドホークこと天堂竜によって殴打される。

「人間の命を何だと思っているんだ!」

人の命を虫けら同然としか見ていない一条総司令に、竜の怒りが爆発したのだ。

その後、強引に出撃した竜達の助力もあって何とか帰還できたネオジェットマン達だったが、一条総司令は前述した問題発言に対する謝罪はおろか、命からがら帰投した彼らに労りの言葉をかけることもなく、それどころかネオジェットマン達を面と向かって罵倒し、暴力という名の制裁を加えた。

「私の指揮に“敗北”の文字はない! その上、民間人のあいつらに助けられ、それでも貴様達は戦士か!? 二度と無様な姿を曝け出すな!!」

そして、ネオジェットマンの初陣に横入りした上に、自分の面目を丸潰しにした竜達に対しては「自分の命令を無視した」とあてつけがましい理由をつけ、ネオジェットマンに彼らをスカイキャンプから追放させた。
そんな一条総司令の無茶苦茶な振る舞いを目の当たりにしたことで、ネオジェットマンの中で最も良心的な考えを持っていたリーダー・J1は、竜達に同情すると同時に一条総司令に対して疑念を抱くようになる。

一方、先のジェットマンの活躍で隕石べムは倒されたかに見えたが、中のコアを帝王トランザが密かに抜き取っており、そのコアをスカイキャンプに潜入させていた。その後復活した隕石べムはスカイキャンプに出現し、破壊活動を開始する。

だが、一条総司令はこともあろうに戦闘参加を拒否したあげく…

「そうだ、竜たちを呼び戻せ」

と、小田切長官にジェットマンを呼び戻すよう命じる。
散々バカにして見下した挙句、命令に従わない奴は必要ないとスカイキャンプから追放しておきながら、自分の都合が悪くなるやいなや「今すぐ呼び戻せ」という身勝手な発言に、遂に小田切長官もキレてしまい、

「どこまで見下げ果てた人間なの!」

と非難される。

その後、小田切長官、ネオジェットマン、そして事態を知って応援にかけつけたジェットマンを纏めてシャッターで隔離し、彼らを捨て駒に自分だけ助かろうとしたことにより、J1以外のネオジェットマン達も一条総司令に対する不満が爆発。遂にネオジェットマンからも見限られる。

そして、これまでの身勝手な振る舞いに対する因果応報か、隕石べムは隔離したシャッターをぶち破ったかと思いきや、目の前にいたジェットマン達ではなく一条総司令のいる司令室を襲撃。
一条総司令は、隕石べムを目の前にして驚愕。言葉の通じないバイオ次元獣相手に自分の権力を誇示する戯言を喚きながら、周りのイスを片っ端から投げつけるという無様すぎる醜態をさらした挙句、隕石べムに一方的に暴行され、呆気無く気絶した。

その後、ジェットマンはネオジェットマンの助力もあって変身能力を取り戻し、隕石ベムも完全に撃破されたことで事件は無事解決を迎えたが、隕石ベムに暴行された一条総司令はというと、小田切長官曰く命は取り留めたものの二度と立ち直れないらしく、最後は姿すら映されること無くクランクアップするという惨めな形で退場。

その後、一条総司令がジェットマンや小田切長官の前に、二度と姿を見せなかったことは言うまでもない…

バイオ次元獣 隕石べム

20万5千光年の彼方から。


一条総司令が登場した回に登場したバイオ次元獣。ラディゲ、マリア、グレイが協力して誕生させたが、後に一度目のジェットマンに敗北した際にトランザに横取りされてしまい、前述したスカイキャンプ襲撃に利用される。全身から反バードニックウェーブを発射して、ジェットマンの力の源であるバードニックウェーブを無力化する。胸のコアが無事な限り、再生復活が可能である。

余談

演者の手塚秀彰氏は今では声優として著名だが、元々は俳優を務めており、その為に手塚氏が一条総司令役を演じていた事を知って驚いた者が多いと言う。

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン ネオジェットマン 特撮
吐き気を催す邪悪(特撮系)

pixivに投稿された作品 pixivで「一条総司令」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1756

コメント