ピクシブ百科事典

タカキ・ウノ

たかきうの

タカキ・ウノとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

CV:天﨑滉平

人物像

CGS参番組に所属する少年兵。13歳。
部隊内に於いては伝令や補給といった雑用全般を担当。戦闘でも後方で仲間を支える重要な役割を担う。
自身の仕事に関しては裏方仕事とは言えその重要さをよく理解しており、仕事に対する意識は高い。
また、参番組のエースである三日月・オーガスに強い憧れを抱き、自身もいつか三日月のようなパイロットになる事を夢見て日々努力している。

唯一の家族である妹フウカを大事に思っており、彼女を学校へ通わせる為の学費を稼ぐ為に少年兵になった経緯を持つ。
明るい性格の持ち主で、その面倒見の良さもあって参番組の中でも特に幼いメンバーをまとめるリーダー格を努めるが、精神的にも肉体的にも幼い年少組をまとめる為に背伸びをしている部分も見受けられる。
人格者ではあるが常に周囲に大きなカリスマが居たため、自ら決断することに不慣れであり、つい周りの目上に頼ってしまう流されやすさを持つなど、本質的にはまだ子供な部分も大きい。

オルガ・イツカがCGSを掌握し鉄華団を旗揚げした後は三日月に付き従うように団に残留。地球への旅に出るオルガ、三日月らを支える為に彼らと行動を共にする。
道中、昭弘・アルトランドと共に哨戒任務に就いた際、ブルワーズのモビルスーツマン・ロディの襲撃を受け交戦。その結果瀕死の重傷を負うが、テイワズのお目付役として鉄華団に同行していたメリビット・ステープルトンの適切な処置により一命を取り留める。
その後は他の団員達と共に様々な激戦を乗り越え地球へ降下。ミレニアム島の戦闘で命を落としたビスケット・グリフォンに対する弔い合戦の機運を高める中で彼の遺品の帽子を受け継ぎ、エドモントンでの戦闘に於いてオルガの乗るモビルワーカーに同乗し前線で銃爪を引いた。

エドモントン戦の後はフウカと共に地球へ移住。新設された鉄華団地球支部をチャド・チャダーンらと共に支える一方で、ブルワーズから鉄華団へ転向したアストンらと交友を結ぶ。
しかし、団員を家族として扱う鉄華団の中で家族を強く信頼するあまり、団の一員となった筈のラディーチェ・リロトの裏切りを気づけず、アーヴラウ防衛軍発足式典でのテロを許してしまう。
そして、それを契機とした情勢の悪化からアーヴラウとSAUとの間で紛争が勃発。戦火から妹や仲間達、そして手に入れた日常を守る強迫観念やそのお人好しな性格をラディーチェと、彼を裏で操るガラン・モッサに付け込まれ、再び戦場に立つ事になった。
紛争終結後、2人の策略によりアストンを失い、地球本部の増援部隊により不正が明らかとなり身柄を拘束されたラディーチェを、彼に対するけじめを付けるべく三日月より貸し与えられた拳銃で射殺。しかし、自身はアストンを失って悲しむ妹「フウカ」の姿を見て、鉄華団として栄光を勝ち取る未来よりも、今あるフウカとの小さな幸せを護ることを選び、戦場から身を引くために鉄華団の退団を決意。
マクギリスからギャラルホルン火星支部の権限委譲の話を持ちかけられたオルガと、それに了承する三日月ら鉄華団主要陣の前で自身の意見を示し、鉄華団地球支部が地球から撤退する中で一人地球に残った。
オルガも彼の意志を汲み無理に引き止めることはせず、新しい仕事先を斡旋しており、以降は戦いとは無縁な生活を送る。

第48話では蒔苗東護ノ介の元で働いている事が判明し、蒔苗の通信に登場した。
なお、第33話までの地球支部編で蒔苗とタカキの直接接触する場面はなかったが、第20話で鉄華団が初めて地球に降り立ったとき、荷下ろしをする鉄華団とクーデリアの元を蒔苗が訪ねた際、最初に応対したのが見張りをしていたタカキであった。

第50話(最終話)では蒔苗亡き後、ラスカー・アレジの秘書を務め、何れ彼の地盤を引き継ぐ予定であることが判明した。
この時ユージン・セブンスタークのことを鉄華団時代からの名残で「副団長」と呼び、本人に怒られている。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団
ウノ兄妹 フウカ・ウノ アストン・アルトランド
三日月・オーガス オルガ・イツカ ダンジ・エイレイ
ライド・マッス ヤマギ・ギルマトン

pixivに投稿された作品 pixivで「タカキ・ウノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1871263

コメント