ピクシブ百科事典

ガラン・モッサ

がらんもっさ

ガラン・モッサとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。

かつて士官としてギャラルホルンに所属していた傭兵。
セブンスターズの一人であるラスタル・エリオンとは訓練学校時代の旧友であり、ジュリエッタ・ジュリスの才能を引き出した彼女にとっての師とも呼べる存在。

高い操縦技術に加え、狡猾な作戦遂行能力を持ち、戦術家としての才覚にも優れる優秀な兵士であり、現役時代はゲイレールのパイロットとして宇宙海賊を相手に多大な戦果を上げたが、数年前にラスタルの活動を影から支える為にギャラルホルンを退役し、家柄や経歴、そして名前すらも捨てた「存在しない人間」となり、以降は表だっては傭兵として裏では工作員として活動する。
なお、「ガラン・モッサ」とは偽名であり、本名は不明だが、ジュリエッタからは「ひげのおじ様」と呼ばれる程に慕われている。

ラスタルの依頼を受けマクギリス・ファリドを失墜させるべく、鉄華団に不満を抱くラディーチェ・リロトと結託。自身はアーヴラウ防衛軍の指揮官としてのポストに着きつつ、アーヴラウとSAUによる紛争を演出してみせた(これはマクギリスの打ち出した政策の一つである「地球経済圏への戦力保有解禁」が間違いである事を示す事でその信用を落とす目的があった)
タカキ・ウノアストン・アルトランドといった鉄華団地球支部の「良き隊長」を演じることで彼等を上手く利用していった。

鉄華団火星本部からの派遣部隊によって、ラディーチェとの癒着が明るみにされた事から一転して、アーヴラウから追われる立場となり、彼の策略で命を落としたアストンの仇討ちに燃える昭弘・アルトランドと交戦。一進一退の攻防の末に一瞬の隙を突かれ敗北。ガンダムグシオンリベイクフルシティのシザーでコクピットが狭まる中、死の恐怖に怯えることなく、最後の仕事としてラスタルに繋がる証拠を隠滅する為、ゲイレール内のデータと共に自爆する。
形勢逆転こそされたものの地球支部の人間関係の悪さに付け込む形で団員を幾人も戦死させ、地球支部は最終的に壊滅へと追いやられ、マクギリスの組織内での信用も低下した為、試合に負けながらも勝負に勝った結果となった。

死後はラスタルの裏工作もあり、ガラン・モッサという人物が存在した形跡の一切が抹消され、ラスタルはガランの死を嘆くジュリエッタに「存在しない人間の死を嘆くことは彼の思いを踏みにじる」と咎め、彼の誇りを重んじた。

その後、マクギリスの手でガランとラスタルの繫がりが公になるもマクギリスも生存していたガエリオ・ボードウィンの口から暗躍の件を公にされたために立場が危うくなり、全面対決に突入。その結果、マクギリス率いる革命軍はラスタル率いるアリアンロッドに敗北。さらにラスタルは新生ギャラルホルンの初代代表となり、愛弟子のジュリエッタも悪魔を討った女騎士という英雄となった為、ガランは2人の未来に謁見したとも言える。

友のために本来の地位や戸籍、名前等の全てを捨てて「存在しない人間」となったガランだが本質的には「汚れ仕事の為に底辺の存在を騙る軍人」でしかなく、「本当に底辺の存在」だった昭弘らヒューマンデブリとは根底から異なる存在である。
それは直接戦闘時、昭弘の精神的な動揺を誘うべく言い放った「お前は“人として至極まとも”だ」「まともなやつから死ぬ」「“己の正義”を守る為にもがく奴が淘汰される」と言う発言からも滲み出ている。
結果、昭弘の怒りを余計に引き出して敗北したともいえ、最後の一撃を外した直後に昭弘からは「良かったな。あんたはまともで」という痛烈な皮肉を返されている。
一方でその言葉は昭弘の心に根付き、親しい者の死と向き合う彼を苦しめる一因となった。

関連記事

親記事

月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド つきがいえんきどうとうごうかんたいありあんろっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラン・モッサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129154

コメント