ピクシブ百科事典

アストン

あすとん

アストンとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避



人物像

CV:熊谷健太郎

ヒューマン・デブリとして宇宙海賊「ブルワーズ」に買われた少年の一人。黒髪と左頬の傷が特徴。
阿頼耶識システムを施術され、クダル・カデルの部下としてマン・ロディパイロットとして使役される日々を送っていた。

ギャラルホルンからの後ろ盾を得たブルワーズからの命令を受け、仲間達と共に鉄華団と交戦し、その際に哨戒任務に就いていた昭弘・アルトランドタカキ・ウノを襲撃。彼らとの戦端を拓く。
戦闘が続く中でブルワーズは壊滅的な被害を被り、自身も戦闘で次々と仲間達を喪うが、彼自身は最後まで生き残り、鉄華団に保護される形でヒューマン・デブリとしての立場から脱し、生き残った他の少年達と共に鉄華団の一員として迎え入れられた。

当初はそのまま火星に向かう予定であったが鉄華団の地球圏降下後、エドモントンの戦闘に於いてオルガ・イツカを支援する為にユージン・セブンスタークデルマと共にモビルワーカーに搭乗し、一行を支援している。

その後はデルマと共にアルトランド姓を名乗っており、タカキ達と共に新設された鉄華団地球支部に配属され、ランドマン・ロディのパイロットとして、チャド・チャダーンタカキ・ウノらと共に地球支部の中心に立つ。
ブルワーズ時代の経験もあり、受けた命令を疑う事無く遵守するものの、地球支部の主だったクライアントであるアーヴラウ防衛軍の兵士とトラブルを起こす事もあった。
その一方で地球での安定した生活や、家族の温かみを知り、アーヴラウとSAUが戦争状態に陥った際には、チャドの不在によって現場を取り仕切る立場となったタカキを支え、彼の平穏を守るべく奮闘した。しかし、ラディーチェ・リロトガラン・モッサにより仕組まれたマクギリス・ファリドとの戦闘で致命傷を負い、タカキに看取られながら息を引き取った。

彼の死をきっかけに鉄華団を退団したタカキは、蒔苗東護ノ介の事務所に就職。その蒔苗が晩年、最も尽力したのがヒューマンデブリ廃止であり、蒔苗没後に「ヒューマンデブリ廃止条約」が締結。アストンの思いを受け継いだタカキは蒔苗をサポートする形で貢献した。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ブルワーズ 鉄華団
昌弘・アルトランド ビトー デルマ
クダル・カデル マン・ロディ

pixivに投稿された作品 pixivで「アストン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185955

コメント