ピクシブ百科事典

ノルバ・シノ

のるばしの

ノルバ・シノとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

人物像

CV:村田太志

CGS参番組に所属する少年兵
ギャラルホルンによるCGS襲撃の後、ユージン・セブンスタークビスケット・グリフォンらと共にオルガ・イツカの立ち上げた鉄華団の中心メンバーとなる。
オルガが入隊する前から参番組に所属していた古参メンバーの一人であり、同じ古参メンバーであるユージンとつるむ事が多い。

大柄な体格を持つ白兵戦のスペシャリストであり、オルガからモビルワーカー部隊や白兵戦部隊の指揮を任され、戦闘に於いては突入部隊を率いて敵艦制圧の任に就く。
名前で呼び合う事が通例の鉄華団に於いて、一人だけ姓名の「シノ」で呼ばれているが、これはCGS時代に社長のマルバ・アーケイと名前が似ていた事を三日月・オーガスに指摘された為。

年少組や訪れた先で出会った子供の面倒を見るなど、面倒見の良い兄貴肌。
仲間思いで人当たりがよく普段から陽気な振る舞いを見せるが、頭を働かせる事は苦手。(簡潔に説明すると、鉄華団のムードメーカー的存在)
また男所帯の只中にあって人一倍異性に対する欲求や食欲が強い。金銭の使い方に疎い鉄華団に於いて娯楽に金を使う事を知っており、オルガ達に先駆けて大人の階段を登った事もあった。
また、常に前線で戦い続ける事もあって仲間の死に向き合う事が多く、それを誰よりも悲しむ人格者であり、仲間を助ける為に普段は表に出さない知性派としての一面を顕にする事もある。
しかし、それ故に仲間から犠牲を出す責任から逃れたいとも思っており、自分から危険な仕事を買って出る事も少なくない。

戦闘に於いては「流星号」と名付けたピンク(というより色合い的にマゼンタ)のパーソナルカラーで塗装された機体を駆る。
昭弘・アルトランドガンダム・グシオンリベイクに乗り換えて以降はグレイズ改を譲り受け、これを改修したグレイズ改弐を乗機とし、モビルスーツ戦に身を投じる。
しかし、ギャラルホルンから鹵獲した乗機の出自もあってこれの奪還を目指すアイン・ダルトンと度重なる戦闘を繰り広げる事になり、ついにはエドモントンでの戦闘で彼の乗るグレイズ・アインに敗北。これによって瀕死の重傷を負い、「あわやここまでか・・・」と思われた直後に、団の通信を傍受したアインが、クーデリア・藍那・バーンスタイン追撃の為に、エドモントン市街へ向かった事から命拾いをし、同じくアイン機に応戦し、撃破された仲間達(アジー・グルミンら)と共に救出され、生還を果たす。

エドモントンでの戦闘後は鉄華団の組織再編に伴い鉄華団実働一番隊(シノは『流星隊』と名付けている)の隊長に就任。同時に入団希望者の練兵教官も兼任するが、新しい仲間が簡単に死なないよう自分から飴と鞭の「鞭役」を買って出ている。一方で新入団員であるザック・ロウに対して、夜遊びの際に力関係を逆転させてしまうなど、情けない一面も覗かせている。
戦闘でも専用にカスタマイズした獅電改ガンダム・フラウロスを駆り様々な戦いに身を投じる。

アリアンロッド艦隊との戦闘で敵ダインスレイヴ隊の砲撃からライド・マッスの乗機を庇って腕を負傷、一旦イサリビに戻ったのち、敵を抑えるという目的で、艦隊を指揮するラスタル・エリオンのスキップジャック級戦艦へ捨て身の攻撃を決行することを提案、実行に移す。
これはフラウロスにたった一発だけのダンインスレイヴを装填して行う賭けであった。

出撃前に彼の手当てをしつつ心配するヤマギに対して「終わったら2人で飲み明かそう」と持ちかけ軽口を叩く。
しかし、フラウロスのダインスレイヴが発射する寸前に三日月と交戦中だったジュリエッタ・ジュリスの攻撃により射軸をずらされ、ダインスレイヴの一撃はブリッジに直撃せず、その後、無念の叫びを上げながら彼は敵艦に向かって特攻し、その結果、敵の集中砲火によりフラウロスは大破、命を落とすこととなった。
この時に大破した機体は、撤退するために、レーダー妨害用に散布されたナノミラーチャフに巻き込まれて流されてしまい、遺体の回収には至っていない。(というよりは回収に行かせようとしたオルガを、撤退のタイミングを失いさらに多くの犠牲を出すことを危惧したユージンが静止したことにより回収できなかったというほうが正しい)

なお、劇中でラスタル・エリオンが意表をつかれて動揺する姿を見せたのはこの時だけだった。
その後、ユージンの話により明らかとなったことだが、自分に懐いていたヤマギ・ギルマトンの想いが、家族に向けてのそれとは違う『特別なもの』であったことには気付いていたようで、そんな彼と出撃の直前に交わした「二人で飲み明かす」という約束は、彼の戦死により叶わないものとなってしまう。

余談

最終回放映当日に行われたイベント「THE LAST FLAG」昼の部のトークイベント席上で長井監督「シノはバイセクシャル」という設定が公式イベントにて、発言され、明らかにされる。
さらに鉄ラジ最終回にて、「35話のシノとザックの力関係」についての質問が来た祭に、質問者さんに対しこう回答が送られている。「新人相手に自慢して、調子いいことやろうとして、だけどザック君って、割と昔からそういうの慣れてたから、育ちが良かったから、悪い遊びとかちゃんと出来ちゃうから、先輩の面木丸潰しにするようなことしてですね・・・シノ君は恥をかいた」ということらしい。

また、視聴者ファンのみならず、各声優陣からも生存を願う、あるいは、外伝ストーリーを願う声が挙がっている。全体を通して唯一、明確な遺体描写がなかった(大破したコックピットから飛び散る血液と、やや血液が付着した浮遊する包帯のみのため)なことも拍車をかけているといえる。

関連イラスト

ノルバ・シノ
シノかえってきて


その包帯を誰が巻いたのか
シノ ラストシューティング
FLAG



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
鉄華団 グレイズ改 獅電 ガンダム・フラウロス

オルガ・イツカ 三日月・オーガス
ユージン・セブンスターク ビスケット・グリフォン 昭弘・アルトランド

ダンジ・エイレイ 
死ぬときはでっけぇおっぱいに埋もれて死にてぇって!

シノヤマ ヤマギ・ギルマトン

関連記事

親記事

鉄華団 てっかだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノルバ・シノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6956669

コメント