ピクシブ百科事典

モビルワーカー

もびるわーかー

モビルワーカーとは、サンライズ制作の「ガンダム」シリーズに登場する架空の兵器・作業機器である。概要は作品ごとに異なる(メイン画像は「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場する機体)。
目次[非表示]

概要

ガンダムシリーズに登場する作業用マシン。
作品に登場する作業用マシンの名称はシリーズによって異なるが、「モビルワーカー」の名称は特に宇宙世紀作品や「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」で使われている。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

モビルワーカーMW-01 01式初期型


宇宙世紀0071年、ジオン自治共和国がサイド3のエキストラ・バンチ「ダークコロニー」にて開発した月面作業用重機。型式番号MW-01。
しかし、その実態は後に宇宙世紀の戦争形態を一変させる「モビルスーツ」の雛形であり、「月面作業用重機」の開発計画そのものがそれを秘匿する為の隠れ蓑に過ぎなかった。
背部に核融合炉を搭載しているが、この当時の核融合炉は16メートル級の人型構造体の胸部に収まる程小型化しておらず、背部に大きく露出しているなど、兵器としての完成度は低い。
また、動力炉の大型化は機体の運動性・機動性にも影響を及ぼし、今後の機体開発の課題となった。

MW-01は開発時期によって初期型、後期型、最後期型に分類されている。
初期型は核融合炉に加えてコックピットも外部に露出しているなど安全性に難を残していたが、後期型ではパイロット保護の観点からコックピットにキャノピーが追加され、前腕部のアタッチメント化が行われた結果、マニピュレータや専用作業用パーツの換装が可能になった(このアタッチメント方式はヴァッフプロトタイプ・グフの戦術実証機にも採用され、各種特化装備の開発に貢献している)。

最後期型は後期型から更に改良・発展を行った機体であり、初期型・後期型の運用試験で得られたデータやテストパイロットらの意見を参考に完成度が高められている。
コックピットは完全に装甲に収納され、更に肩部可動範囲の拡大や脚部のバランス調整が行われた結果、後期型から更に人型に近いシルエットを持つようになり、また腕部アタッチメント機構もそのまま継承されている。
しかし、MW-01はこれら改良が行われる中であっても核融合炉の小型化は行われておらず、本格的な戦闘用モビルスーツの開発は、トレノフ・Y・ミノフスキーによる「ヴァッフ」の提唱を待つ事になる。

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

オルフェンズのモビルワーカー


厄祭戦後の世界情勢に於いて、モビルスーツの動力炉となる「エイハブ・リアクター」の製造技術がギャラルホルンに独占されている事から各勢力で主力兵器として配備・運用される車両型マシン。ローラーを備えた三本足が特徴。
運用環境に合わせた改良も容易であり、勢力によっては資材運搬など幅広い用途での運用が行われている。
また、MS以外では数少ないエイハブ・ウェーブの影響下でも支障なく活動できる兵器である。

水素エンジンで駆動し、コストパフォーマンスの観点からモビルスーツよりも数を揃えやすいが、ナノラミネートアーマーで防御を固めたモビルスーツに対してはその機体質量の差もあって不利に立たされる事が多く、モビルスーツ戦に於いては後方支援や露払い、囮役といった裏方仕事を担う事になる。
一方で、エイハブ・リアクターの使用に制限が加えられている都市部では主力兵器としての座を確固たるものとしており、ギャラルホルンも都市部への出動の際にはモビルワーカーの運用を基本とする。

CGS/鉄華団モビルワーカー

CGSが使用していた機種。CGSが鉄華団に乗っ取られた後は鉄華団も使用する。
武装は機体両脇に備えるマシンガンとミサイルポッドとキャノンの選択式。
ローラーをスラスターに換装して推進剤タンクを搭載することで、宇宙でも活動できる。
既に旧式化しており性能は低く、機体サイズも小さい。だが機動性は高く、参番組の機体は阿頼耶識システムで運用されることもあって、他勢力のモビルワーカーを翻弄する活躍を見せた。

鉄華団モビルワーカー(新型)

二期にて鉄華団が主に使用する機種。
以前使用していたものとフォルムは似ているが大型化されており、武装もマシンガンとミサイルポッドを同時装備と充実している。
鉄華団が阿頼耶識システム施術の義務化を撤廃したために、主に施術を受けていない新人団員が操縦士と砲手の二人一組で運用する。

ギャラルホルンモビルワーカー

ギャラルホルンが使用する機種。
武装は上部のキャノンと下部の対人用チェーンガン。またミサイルポッドを装備した機体もいる。
他の機種よりも大型で出力が高く、優れた性能を持つ。

ユニオンモビルワーカー

木星の重工業メーカーが製造している新鋭機。
武装は上部の旋回式砲塔とグレネード。
多くの勢力が自衛用に購入しており、ドルトコロニーの労働組合でも購入できたところを見ると、非常に安価な機種だと思われる。
鉄華団も地球降下後に戦力増強のために多数購入している。

アーブラウ仕様モビルワーカー

ユニオンモビルワーカーをアーブラウ防衛軍が改修した機種。
上部砲塔が大型化しているが、その分機体バランスが悪くなっている。

HDモビルワーカー

夜明けの地平線団が仕様する機種。
武装は大口径砲。
ギャラルホルンモビルワーカーに似たフォルムをしている。

SAUモビルワーカー

SAU軍が使用する機種。
森林戦や市街地戦を想定しており、主砲は大口径だが極端に砲身が短くなっている。

関連項目

ガンダム
モビルスーツ
サンドージュ Dガンダム

関連記事

親記事

ガンダム がんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モビルワーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55925

コメント