ピクシブ百科事典

サンドージュ

さんどーじゅ

サンドージュとは「機動戦士Vガンダム」に登場する架空のロボット。
目次[非表示]

データ

型式番号HW544B
製造サンドージュ社
全高22.7m
頭頂高14.7m
本体重量29.2t
全備重量38.5t
装甲材質ハイチタン合金ニューセラミック複合材
出力3,880kw×2
合計7,760kw
推力19,250kg×2
合計77,000kg

概要

サンドージュ


サンドージュ社が開発した作業用のモビルワーカー。そのデザインはクモのような姿である。
スペースコロニーの外壁作業のために開発された。コロニー外壁をその長い手足によって鋭利に歩き回り、使いようによっては戦闘用のMSに匹敵するパワーを発揮する。
胴体にあるメイン・コックピットのほか、2本のメイン・アームがある左右の肩部にもサブ・コックピットがあり、それぞれに操手が乗り込むことでより複雑な操作が可能。複座となった経緯としては使用している制御コンピュータが軍用より処理性能が劣り、マニピュレーターの制御が困難であった
かららしい。また両腕が肩部のサブ・コックピットごと本体から分離し、独立可動することも可能。
また武装も施されており旧型のビームランチャー、本体尾部に装備されたワイヤービームガン、またゾロアットと同じようなビームストリングスを装備している。
マニピュレーターに装備されているアンカー「オンリー・ネイル」はバーニアを備えており、本体から切り離して展開し、目標に固定することが可能。

劇中での活躍

第23話に登場。サンドージュ社のズブロフ社長自ら、ザンスカール本国のアメリア外壁でサンドージュのテストを行っていた際に、リガ・ミリティアが接近していることを知り、本機をベスパに売り込む目的で、首都防衛に当たっていた学徒兵と共に搭乗し、単機でVガンダムを襲撃、機体のトリッキーな特性を生かして追い詰めるが機体は全ての足を切断されて撃破された。その後、短期間で機体を修理し、ビームストリングスなどを使って再度Vガンダムに挑むが再び撃墜された。
なお、アニメオープニングでは機体色が違うサンドージュが登場する。

序盤に登場。ザンスカール帝国に採用された機体が宇宙細菌「エンジェル・コール」に関する機密情報を知ってしまったフォント・ボーを確保すべくゾロアットと共にサイド3へ複数投入されるが、彼を助けるべく現れたクロスボーンガンダムゴーストと乱入してきたサーカスデスフィズによって撃破された。

関連タグ

機動戦士Vガンダム
ザンスカール帝国
モビルワーカー
ゲルズゲー:蜘蛛繋がり

関連記事

親記事

ザンスカール帝国 ざんすかーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンドージュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント