ピクシブ百科事典

シャッコー

しゃっこー

シャッコーとは、機動戦士Vガンダムに登場したMS
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高14.7m
本体重量7.9t
全備重量19.2t
ジェネレーター出力5,190kw
装甲材質チタン合金ネオセラミック複合材
スラスター総推力30,980kg


概要

型式番号ZMT-S12G(【T】は試作機、【G】は陸戦型を示す)。

ベスパ次期主力汎用型量産モビルスーツのプロトタイプとして開発された機体。
宇宙世紀0153年上旬にロールアウトし、データ収集を目的として、宇宙空間での運用試験を予定通り完了。その後、左腕ビームシールドをビームローターに換装するなどの簡易的な仕様変更を施された上で、重力下運用試験のために、中央ヨーロッパ地区ラゲーン基地に駐屯するイエロージャケットへと配備された。

この時点での宇宙用主力機ゾロアットや、地上侵攻用として既に生産ラインが稼働していたトムリアットとは異なり、大気圏内外を問わない全領域における対MS戦を想定した、次世代の帝国の要となることを課されている。このため、従来の地上侵攻用MSに要求されていた対地爆撃、掃討能力ではなく、MS同士の白兵戦を重視した設計となっており、シンプルかつスマートなフォルムは広い可動域を有する。特に足首は関節のメカニックを外部に晒さない独特の二軸方式を採用し、装甲は堅牢ながら挙動は柔軟という、理想的なバランスが模索されている。
攻撃力はマニピュレーター装備の規格武装でまかなう思想を採ったため、固定武装は肩の低出力ビームガンのみとしており、これによって本体の軽量化のみならずジェネレーターの余剰出力を大きく確保する事に成功した。

重力下におけるテストパイロットには、ラゲーンにおいて短期間に数多くの運用テスト実績を上げたクロノクル・アシャー中尉が抜擢された(という名目で、女王の実弟である彼の経歴の箔付けとされた)。

同年4月5日、クロノクル中尉は本機のテスト中に抵抗勢力小型戦闘機と遭遇。追撃任務に移行し、特別居住区ウーイッグ近郊地域に入った。


アクシデントにより一時は抵抗勢力の構成員と思わしき少年に機体を奪取され、敵対戦力として組み込まれてしまうが、最終的にはクロノクル中尉自身の手により(中破状態で)回収され、評価結果と共にサイド2のザンスカール本国へと返送されている。

イエロージャケットの評価結果は芳しくなかった(小説版では、ファラ・グリフォン中佐に「性能が良くないようなので、メーカーへ返品としておく」とまで言われている)が、本国側でのデータ検証において、抵抗勢力が運用していた期間にいくつかの優れたモーション・プログラムが追加されており、設計思想である高度な運動性を活かした対MS戦能力を発揮していた事実が確認されたために、関係各署からは高い評価が下された。
加えて、シャッコーが少年パイロットによって運用されていたという報告についても、帝国上層部に、本機の操作性の『軽さ』が優秀であるという判断をさせる事になった。これは『宇宙戦国時代』において、サイド2の完全な併合の完了していない帝国にとっては、学徒兵さえも動員しなければならないという苦しい内情に合致しており、結果的に比較競合試作機であった多機能型重MSコンティオを蹴落として、早々に次期主力機として採用されるに至るのだった。

武装

試作型ビームライフル

同世代では一般的な、ジェネレーター直結・Eパック併用型。センサー部は通常時は格納されており、照準時にポップアップする。
シャッコー専用開発というわけではなく、機体とあわせてテストしていたもの。このため、他の試作機も同モデルを運用(テスト)していた。

2連ショルダービームガン

右肩アーマーに折り畳まれて収納されている、固定武装。
アーマーとはユニバーサル・ジョイントで結合され、フレキシブルに可動するため、手持ち武器の死角でも照準を合わせられる。
対近接戦闘を想定した補助武装であり、出力はわざと低く設計されている(宇宙世紀0120年代以降は、至近距離で敵機のジェネレーターを核爆発させてしまうと、自機の損傷が免れないため)。

ビームサーベル

両脚部に格納されている。
同年代では特記するような機能のない標準モデルだが、ウッソは2本を揃えて発振することで長大なビーム刃を形成し、地上からの対空攻撃に使用した。
これは、本モデルの特殊機構ではなく、サーベルを形成しているIフィールドが同一性質であれば(同型のサーベルであれば)、Iフィールドが「反発」ではなく「融合」する性質を利用したものである。
なお、ウッソはVガンダムV2ガンダム搭乗時も、同様の戦法を幾度か使用している。

理屈の上ではウッソ以外のパイロットにも使用可能だが、そもそもこのような(利用する状況の限られる)変則モーションパターンがMSのOSにインプットされているはずもなく(下手にインプットされていると、OSが「最適モーション」を選択するのを阻害する可能性がある)、戦闘中に即興で手動プログラミングする技術と才覚を要求される
よって、実質的にウッソ独自の戦法と言い切って齟齬はない。

ビームローター

宇宙世紀0150年代における、最新の重力下空中航行システム。機体前面にかざせば、ビームシールドとなる。
詳細はゾロの該当項を参照。

なお、上述の通り、ロールアウト直後は宇宙戦仕様として通常のビームシールドが装備されていた。

関連イラスト

シャッコー



余談

足首

機動戦士Vガンダム』の主役機デザインは、大河原邦男氏、カトキハジメ氏、そして石垣純哉氏の三名による(無駄に)豪華なコンペが行われており、石垣氏は惜しもコンペ落ちとなり、本機を始めとしたザンスカール系のMSデザイン担当として参加した。
シャッコーは、石垣氏が最初にデザインした機体であり、富野監督と何度もキャッチボールをした上で描かれている。
その中でも主な指定は「複眼にしてほしい」、「大河原さんとはデザインラインを変えてみて」というものであった。
この後者の指定は、メカデザイナーにとっては極めて難しい課題であったが、石垣氏が悩みぬいた末に辿り着いたのが、本機の『足首の見えない足首』のライン、および腰のデザインであった。
このため、石垣氏はシャッコーに対する愛着が非常に強く、他作品でのインタビューにおいても本機の名を挙げる事がある。
また、1998年にメインメカニックデザイナーとして参加したスクウェア(現・スクウェア・エニックス)のゲームソフト『ゼノギアス』では、シャッコーの流れを汲むロボ(ギア)デザインが多く見られる。

主人公機

Vガンダムガンプラの販売戦略のために「番組の後期までSD化しない」ということが決まっていたため、SDガンダム外伝ではこの機体をモチーフにしたゼロガンダムが主人公となっていた。
更に皮肉なことに番組の主人公機であるV2ガンダムは悪役としてゼロガンダムに倒されてしまった。

関連タグ

機動戦士Vガンダム ザンスカール帝国
クロノクル・アシャー ウッソ・エヴィン
リグ・シャッコー


魔竜剣士ゼロガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「シャッコー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82389

コメント