ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

RE/100

りぼーんわんはんどれっど

RE/100ことREBORN-ONE HUNDREDとは、バンダイから発売されているガンダムシリーズのプラモデルのブランド名である。
目次 [非表示]

概要

MGと同サイズの1/100スケールながら、洗練されたパーツ設計で、組み立てやすさと圧倒的な迫力を両立するブランド。2016年に発売されたナイチンゲールを皮切りに展開を開始した。

MGと比較すると情報量やパーツの少なさはあるものの、一方でMGより組みやすいと評される。

MGのリリースから外された、ややマニアックなMSから選ばれることになっている。


2020年時点まで長らく宇宙世紀シリーズの商品で占められていたが、2021年11月5日にてガンダムビルドダイバーズ公式外伝『ガンダムビルドダイバーズ Genius Head Line』登場ガンプラ・ガンダムリントヴルム(バウのリデコ。デザインはNAOKI)の発売がプレミアムバンダイ限定で販売されることが発表され、ガンダムビルドシリーズからラインナップがされることとなった。


ラインナップ

一般発売


プレミアムバンダイ限定


★はHGより先に発売されたもの


リリース予定

宇宙世紀ではバーザムクシャトリヤΞガンダムリグ・コンティオが、アナザーガンダムではリーオーガイアガンダムリボーンズガンダム等がある。上記でのイフリート改はそのうちの1つだったが正式に発売になった例である。

また、ジム・スナイパーⅡジェガンはこちらで1/100による商品化がアナウンスされていたが、MGで商品化となっている。



FULL MECHANICS

RE/100を展開している傍ら、FULL MECHANICS(フルメカニクス)と呼ばれるシリーズの展開が開始された。鉄血二期からからその名称が使われ始め(それ以前にも鉄血関連の1/100は発売されていたが、単に1/100としか記されていない)、MGに迫るハイディテールモデルとしてリリースされた。

鉄血の放送終了後はそれといった動きがなかったが2021年5月に仕切り直され、第1弾としてカラミティガンダムが当該ブランドを冠してリリースされた。以降はアナザー関連を中心に展開している(上記のリリース予定であるアナザーMSはこちらからリリースされるものと思われる)。また、RE/100と異なりガンダムシリーズ以外のメカもラインナップに加わっており、そちらはガンプラにおける1/100スケール相当の大きさで作られている。

一方のRE/100はリデコを除き宇宙世紀関連のMSブランドとして継続される。


ラインナップ

再起動後のものを記載しておく。


マスターグレードとの関連性

同じスケールのマスターグレードとは商品展開において連動している傾向にある。

第一弾のナイチンゲールは既に発売されているライバルのHi-νガンダム、ディジェは僚機百式ver.2と武器が一部共通、バウやハンマ・ハンマはZZガンダムver.ka、ビギナ・ギナは無論F91、89式ベースジャバーはジェガン、ザクⅡ改はVer,2が発売されたガンダムNT-1、ガンブラスターをはじめとしたガンイージ系列及びシャッコーはV2ガンダムVer,Ka及びV2アサルトバスターガンダムVer,Kaと関連付けられている。


関連項目

ガンプラ マスターグレード MG ハイレゾリューションモデル 1/100


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

マスターグレード ますたーぐれーど

兄弟記事

  • MGSD ますたーぐれーどえすでぃー

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました