ピクシブ百科事典

ビギナ・ゼラ

びぎなぜら

XM-07G「ビギナ・ゼラ」(VIGNA ZIRHA)とは、「機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91」に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体データ

型式番号 XM-07G
製造 ブッホ・エアロダイナミックス社
生産形態 試作機
頭頂高:15.6m
本体重量:9.1t
全備重量:21.2t
出力:4,980kW
総推力:92,400kg
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
武装
ビームサーベル×2
ビームライフル
ビームシールド
V.S.B.R×2

概要

ビギナ・ギナと同時期にダギ・イルスを基に開発した火器強化型。
クロスボーン・バンガード(以下、C.V.)はアナハイム・エレクトロニクス社(以下、AE)との関係が深く、同社によるSFP(シルエットフォーミュラプロジェクト)の内容を把握しており、また同時にサナリィによるF計画の概要も入手していた。そのため、本機はビギナ・ギナのフィン・ノズルに相当する新技術としてヴェスバーを導入、装備することを前提に設計されている。

サナリィ製のF91に装備されていたヴェスバーは、内蔵大容量メガコンデンサによって本体から分離した状態でも数射程度の使用が可能であった。しかし、このビギナ・ゼラやAE製のRXF91に装備されたヴェスバーは、開発スタッフがメガコンデンサの存在を解明できず、復元製造も不可能だった為オミットされており、基部から取り外して使用することは不可能である。しかし、このユニットはAMBACおよび推力向上の観点においても非常に有効であり、ジョイントとして使用されているクランク構造やロケット・モーターの設置(B型ことビギナ・ギナⅡのフレキシブルウィングノズルの仕様を参考にした可能性が高い)によってF91をも凌ぐ高機動性能を達成している。この機体のヴェスバーにはさらに砲身を挟む形で上下2基構成の照準センサーを搭載しており、F91で大きな問題となっていた照準精度の低さが解消され、命中精度が大幅に向上している。

頭部にはデュアルセンサーを採用し、ガンダムタイプに酷似したエクステリアも用意されている。C.V.の戦略の一環としてプロパガンダに用いる構想があったためといわれている。

立体物

『シルエットフォーミュラ91』の機体として1/100スケールでラインナップ。作中に登場した装備が同梱されており、頭部パーツはビギナタイプとガンダムタイプの二つが同梱されているので、選択式で装備することができる

関連タグ

機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91
ビギナ・ギナビギナ・ギナⅡ
シルエットガンダムネオガンダム

関連記事

親記事

シルエットフォーミュラ91 しるえっとふぉーみゅらーないんてーわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビギナ・ゼラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5366

コメント