ピクシブ百科事典

クラスターガンダム

くらすたーがんだむ

ガンダムF90の3号機+Yタイプ装備
目次[非表示]

スペック

頭頂高15.0m
本体重量9.7t
全備重量26.5t
ジェネレーター出力4,550kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力120,760kg



概要

F90ⅢY クラスターガンダムは『機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91』の(1話しか存在しない)第二章「クラスターガンダム編」に登場する試作型MS。
メインパイロットはウォルフ・ライル。
アナハイムによるF91サナリィ製)のコピー品」と言う意味の「シルエットフォーミュラシリーズ」だが、第二章の主役機である本機はサナリィ製である。しかし本来の主役機である「F91」の影に隠れているという意味(後述)で考えるなら「シルエットフォーミュラ」と言えなくもない。

クラスターガンダムはF90シリーズのうち、Yタイプ(ヤングスタータイプ)のミッションパックとされるコア・ブロック・システム実現の為に建造されたモビルスーツ。
サナリィからは未完成のガンダムF90の3号機のパーツを素体として開発したと発表されているため、一般にクラスターガンダムとガンダムF90Ⅲは同じものとされる(フレーム自体はF90のものと同一)が、ガンダムF90Ⅲは それ以前の2機と違う構造からX, Y, Zタイプの専用ベース機とする説もある(バックパック換装を前提とした機体という説も考えられる)。

余談だが、物語の最後にウォルフの上官が「いつの日か・・・・コアファイターそのものがガンダムとよばれる日がくるかもしれんな・・・・」という予測を立てるが、これは「Fighter」(戦闘機)の型番である「F」を新たな「FシリーズのMS」に掛けたのものであろう。
一部のファンからはVガンダムのコアファイターがそれであるとも言われている。頭部がコアファイターに搭載されていることがその理由の一つでまた別枠で発表された「クラスターガンダム改」は更にVガンダムとの中間形を意識したデザインで有る為である。


装備

コアファイター

小型である第二期MSとしてはネオガンダムと並び最初期のコアファイター搭載型MSである。
同じ小型MSでも頭部と胸部に変形するVガンダム用のとは違い、MS胴体内部に収納されるタイプである。サイズ的に民間用グライダー並みに超小型となっており、コックピットが大部分を占める。MS用のバックパック部分はコアファイターの一部ではなく、オプションパーツ扱い(コアファイターと接続してコアブースターになる)な事が更に拍車をかけている。

コアファイターを採用した理由としては一つに、シルエットフォーミュラ計画を始めたアナハイムに対しする情報漏洩阻止のためという物があり各種資料で取りざたされている事が多いががあくまでこれは副次的な理由に過ぎない。真の原因は第一次オールズモビル戦役の発端となった「F902号機が鹵獲された際に脱出装置が整備不足のまま使用不可状態で放置されていた事」と「鹵獲された2号機はそのまま敵であるOMに性能その他情報を筒抜けにされ改修されて敵の機体として運用された」事である。その為当機のコアファイターには機体の主管制コンピュータ機能が集約され機体データをコアファイターに蓄積する形を取っているといわれている。またMS側と連動する機体認証システムが搭載されておりこれによって万が一機体を放棄して脱出してもMS本体の制御システムなどはロックされデータ解析や鹵獲運用が出来ない様になっている。

ハードポイント

F90としてのハードポイントはコアブースターを兼ねるバックパックを除いて全て残されているが、機体形状が変わっているため一部装着できない装備もある。特にAタイプみたいなメインが背部装備であるミッションパックの運用は厳しいだろう。
ただしバックパックはノーマルのF90タイプのものも装備可能であるとされている(プラモでは不可)。

なお、バックパックが分離型となっているのはバックパック無しでの(AMBACのみでの)運動試験も検討されていたからなのだとか。

メガビームバズーカ

武装として多数のビーム兵器を搭載しており、中でもメガビームバズーカは後に連邦軍に正式採用されるなど、高い評価を得ている。
実はF91より後に完成した本機にはF91の技術が逆輸入されており、左右の腰部ハードポイントへの接続で機体から直接エネルギー供給を受け可変速機能を付与する事でヴェスバーにもなる(この仕様はクロスボーンガンダム以降のMSにも採用されている)。
また、その威力と独特の構え方から、交戦したクロスボーンバンガード兵からはラフレシアとの交戦で大破されたはずのF91と誤認されたりもした(漫画版の題名「F91の亡霊」はここから来ている)。

携帯式ビームシールド

ビームシールドは連邦軍からのオーダーで「既存のビームライフル用の出力回路で使用可能なビームシールド」を発注された為マニピュレーターからのエネルギー供給コネクタが設置されビームライフル用の回路と出力で使用可能な物となっており手持ち式となった事で展開範囲の自由度が増している。従来のハードポイント接続コネクタも装備されており、接続する事でより強力なビームシールドの展開が可能となる。またハードポイント接続時に基部左右のユニット(バリアインコム)を展開することでより広い面積にビームシールドを展開できる。基部の強度もコーティングにより通常のシールド以上に強固となっている。一説には、ビームシールド以外の機能を搭載する予定だったらしいが・・・。

ちなみに、ビームライフルはF91に装備しているものの改良型、ビームサーベルはコアブースター部であるY型仕様バックパックにビームガン兼用型として装備されているためオプション扱いとなっている。

関連イラスト

F90III/Youngster type



関連タグ

機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91
F90 F90Ⅱ

ストライクガンダム
アナザー系のF90と呼べるガンダム。特にバックパック換装は本機のコンセプトと似る。
Gセルフ インパルスガンダム
アナザー系F90その2。ストライク同様の仕様に加え、コアファイター内蔵タイプいう点も本機と同様。特にGセルフはバックパックをコアファイターのブースターとして使用出来るものがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「クラスターガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25759

コメント