ピクシブ百科事典

ジェムズガン

じぇむずがん

ジェムズガンとはTVアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場する架空の兵器である。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高14.5m
本体重量7.1t
全備重量16.3t
ジェネレーター出力3,860kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力66,810kg


概要

アナハイム・エレクトロニクス(以下、AE社)が開発した15m級の量産型モビルスーツであり、地球連邦軍が制式採用する「予定」だった機体。
型式番号RGM-119はロールアウトした宇宙世紀0119年とジムから続く制式採用機の型番を合わせた事を表している。
(証拠としてコスモ・バビロニア戦争に於いて、既に先行量産された7機が月面で運用された資料が残されている)

ヘビーガンの後継機として開発された機体であり、AE社初の量産型第二期モビルスーツ
開発当初においてヘビーガンの後継機として技術系譜の延長線上に則る設計となっていた。
だが宇宙世紀0111年の次期主力機コンペティションによる小型モビルスーツ開発の出遅れを取り戻す為に、設計を一から見直し次世代全領域対応モビルスーツとして再開発されることになる。

そして開発された機体はヘビーガンと一見大差無いように見えるが、小型・高出力ジェネレーターを搭載の上大幅な軽量化に成功。その勢いで次世代の象徴とも言えるビームシールドの搭載にも成功した。
このジェネレーター及びビームシールドのノウハウは「ヘビーガン設計時におけるAE社には手の届かない最先端技術」であったことから、宇宙世紀0112年にAE社が秘密裏に実行した技術盗用(**マイクロハニカム技術**等)の影響が大きいと推察される。

だが設計した骨格がヘビーガン(さらに言えばジェガンJ型)から流用であった為、新型ジェネレーターを搭載したにも関わらず出力は致命的に低い物であった(採用した現場から、作業用モビルスーツを意味する「モビルワーカー」と揶揄される程)。
その低さも相まっての宇宙での運用評価の低さを受け、生産ラインの同一構造フレームを地上用と宇宙用高機動機の二機種に分けて開発するという計画変更、ジェムズガンを地上用限定として配置転換される経緯となった。
そして後者の機体が後にジャベリン(MS)として制式採用される事となり、主力から外された本機は生産を停止することになった。

それでもRGM系列機として(ジェガンの基本設計を踏襲している事も幸いし)堅牢な構造と高いメンテナンス性を有している。
その為多少の改造によって厳しい環境下での運用にも耐えうるという堅実かつ信頼性が高かったことから、宇宙世紀0153年頃まで連邦軍の機体として運用され、その後も一部地域での運用がされている(下記)。
しかしロールアウトから30年以上が経過したその頃には完全に旧式化しており、警備や作業目的に運用されるケースが殆どとなってしまった。
特に大気圏内(1G環境下)における長距離飛行機構(ビームローターなど)を装備していない事も相まって、ザンスカール帝国のMSからの攻撃に成す術も無く撃破されるばかりであった。

……だがそれでも本機の配備されている部隊はまだマシな部類であり、サイドによっては未だヘビーガン…どころかジェガン・タイプを運用させられていたとされる。
これは宇宙世紀0130年以降の地球連邦政府は広がり過ぎた人類圏に対して弱体化が著しく、加えて軍備予算も獲得出来なくなっていた為である。
(ただし地球連邦軍が仮に全ての兵力を集めたならば、主に物量の力により地球圏最大の軍事組織であるという事実は変わっていない)

尚漫画作品である『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズにも時系列が一致するため登場しており、こちらではロールアウトからの年代経過が短いため木星帝国所属のMSに善戦している。


武装

頭部バルカン砲

地球連邦軍機の通常装備。
両側頭部に1門ずつ内蔵している。

ビームライフル

地球連邦軍機の通常装備。
センサーサイトのみのショートバレル式簡易的設計。
リガ・ミリティアのスタッフには「もはや役に立たない」という評価を受けた。

ビームサーベル

左右のサイドスカートアーマーに収納されている。
運用年代に従い、アイドリング・リミッター機能を標準装備している。
メガ粒子の収束率が極めて高いレベルまで向上しており、あたかも“糸”のような細さのビーム刃が形成される。

ビームシールド

宇宙世紀0150年代ではビームシールドは民間のスペースシャトルにも装備される程の一般的装備。
左前腕のコネクタ(ハードポイントでは無い)に装備される。
コネクタの円形が重なった形状は、宇宙世紀0122年にAE社からロールアウトしたシルエットガンダムのそれに酷似している。

アンカーシールド

『鋼鉄の7人』に登場。
小型のシールドとワイヤーアンカーを組み合わせた、作業用オプション装備。
上記のビームシールド用コネクタに装備するため、こちらを使用する場合はビームシールドが使用不可能となる。


バリエーション

初期量産型

宇宙世紀0120年〜0125年に配備され、上述のコスモ・バビロニア建国戦争に参戦した7機で、グラナダ守備隊に配備された。
この時点ではヘビーガンGキャノンと同じくライトグリーンを基調とするカラーリングが施され、ビームシールドは未装備の仕様であった。

宇宙艦隊所属機

ジャベリンの配備が行き渡るまでに、ヘビーガンとともに宇宙艦隊に配備されていたタイプ。スラスターとアポジモーターを換装したモデルの生産が行われていたともされる。
伝統のジムカラーに塗装されていたが、少数が艦隊儀礼用の機体とされていただけである。

コロニー守備隊機

各サイドの防衛用に配備されていたタイプ。
宇宙世紀0130年頃まではライトグリーンを基調とした塗装だっだが、それ以降はかつてのコロニー内戦闘用のジムコマンドに採用されたカラーリングに変更された。また他にも「インド地区配備機」「アマゾン地区守備隊」のカラーリングが存在する。
本編に登場する機体のカラーリングは、「当初はヨーロッパ地区配備機の仕様で、宇宙世紀0153年時点では地球上に配備された機体のほとんどがこの仕様に統一されている」とされる。

砂漠戦用

型式番号RGM-119D
アフリカ戦線の配備機を改修した性能向上型。
現地仕様の改造モデルであるが、制式番号が別に与えられている。
一般機は通常モデルと外観の差異が少ないが一部の機体は上半身を中心に大幅に改装され、マッシブな形状となっている。
当時の連邦軍では珍しい実戦部隊であるAAAA(フォーアベンジャー)隊の所属機で、リガ・ミリティアのブルーバード隊の協力を得てベスパの進軍を食い止める。
またリガ・ミリティアに参加し、リーンホースJrの艦長をつとめた連邦軍のロベルト・ゴメス大尉も過去にAAAA隊に所属し当機に搭乗していた。

ジェムズガン改

漫画作品『機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』に登場。
型式番号CRGM-119
連邦の特殊部隊キュクロープスが、宇宙世紀0160年代に運用しているジェムズガン。
当該時代設定では長く続く『宇宙戦国時代』の影響により技術退行が生じているが、ジェムズガンは第二期MSとしては低性能であった事が逆に幸いし、キュクロープスにおける一線級モビルスーツとして運用されている。
それでもビーム兵器に対する信頼性の低下により武装は実弾メインとなっており、戦闘力としては低下しているために同部隊運用モビルアーマーのハンブラ-Bと連携して運用されている。
頭部カメラアイがキュクロープス特有の一つ目カメラアイに換装されていたり、ネイビーブルーに塗装されているという事もあって既存のRGM系列とはやや異なる印象を受ける。

ショートショルダー

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUSTに登場するジェムズガンの現地改修機。名前の通り肩幅を狭められている機体だが、これは空間の狭いコロニー内部での治安維持・・・・という名の暴動鎮圧を目的としているためである。暴徒鎮圧の為に手の甲には対人バルカン、コロニー内部で使うには過剰とも言える威力のショットガンを装備しているが、これは反連邦の機運に沸き立つ市民への恫喝と威圧を目的としている為である。すなわち、モビルスーツでは無く生身の人間を相手にすることを前提にした機体なのである。
おまけにこの機体の改修費用には、本来であれば難民支援に使われるはずであった予算があてがわれた。

余談

搭乗パイロットの恵まれなさ

第二期MSの宿命として、ジェネレーターにビームが直撃した場合は甚大な核爆発が生じるため大気圏内・コロニーでの運用には充分な配慮が必要である。
なのに劇中では不用意にトムリアットへビームライフルでの攻撃を行うジェムズガンがおり、ジュンコ・ジェンコがそれに激怒している。
またリガ・ミリティアに有志で協力した連邦軍の「バグレ隊」が、サラミス改級を母艦として本機でザンスカール帝国宇宙軍に戦闘を仕掛けている
機体性能が低いとはいえ、哀れである。

デザイン

RGM系列最後期の量産型MSであるが、デザインは石垣純哉氏が行った。


関連イラスト

シュラク隊の防壁




関連項目

機動戦士Vガンダム
機動戦士ガンダムF91 シルエットフォーミュラ91

旧型機

ジェガン ヘビーガン

兄弟機(宇宙戦闘用)

ジャベリン

リガ・ミリティア

ガンイージ Vガンダム

その他

シルエットガンダム
機動戦士クロスボーン・ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェムズガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36364

コメント