ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

リーンホースJr

りーんほーすじゅにあ

『リーンホースJr.』とは、TVアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場する、大型改造戦艦である。民間のレジスタンス組織であるリガ・ミリティアに相応しい特殊な建造経緯を有し、同組織の旗艦として各地を転戦した。
目次 [非表示]

「遅かったなぁ!!」

艦体データ

分類大型戦艦
全長502m
武装連装メガ粒子砲、対空機銃、ビームラム(ビームシールド兼用)
艦長ロベルト・ゴメス
所属地球連邦軍 / リガ・ミリティア

概要

宇宙世紀史上、いやガンダムシリーズ史上においても他に類を見ない、「キメラ軍艦」と言っても過言ではない魔改造艦

本編での登場は第24話から。


艦長はリーンホースに引き続き、ロベルト・ゴメス大尉が務める。


リガ・ミリティアはザンスカール帝国軍ベスパが衛星軌道上から地球を狙撃する目的で建造したビッグキャノンこと『戦略衛星カイラスギリー』を攻略すべく地球上と宇宙の双方から残存戦力をかき集めて艦隊戦を仕掛ける。

この艦隊戦において地球連邦軍のゴメス艦長の英断により、同作戦の戦略的勝利を収めるばかりか、ザンスカール帝国の最新大型戦艦スクイードⅠを小破状態で拿捕する事に成功した

しかし代償として同作戦の主戦力となる母艦および護衛艦として運用していた、リーンホースガウンランドが共に大破してしまっため、これら二艦から使える無傷の部分を回収、または剥ぎ取ってスクイードⅠの大きく欠落した部分に接合するという斬新極まる発想により建造された。

作業は全てドック艦ラビアンローズⅣ(名称より、アナハイム・エレクトロニクスの所有艦と思われる)で行われ、竣工(宇宙世紀0153年4月29日)から進宙(同5月4日)まで僅か五日という、超短期間で完成させている。

加えてゴメス艦長は、就航したばかりの状態で「発進後に慣らし運転とする」「月までの航路の間に艦の操作に慣れろ」等と、いかに民間のレジスタンス組織とは云え、新型宇宙戦艦の運用に対して無理極まる指示を飛ばしている(良く言えば豪胆ではあるが、コトセットが聞けば卒倒するのは間違いない)。

月での補給後、モトラッド艦隊が地球に向けサイド2のザンスカール本国から出撃した為に月面付近で戦闘となり、そのままモトラッド艦隊を追撃し地球に降下している。

大気圏突入がもともと可能なスクイード級をベースに使っているとはいえ、改造してゴチャゴチャと構造物を追加しているにもかかわらず、大気圏突入と大気圏突破をも可能としており、もはや「魔改造」と言わざるを得ない状態である。


計算された設計ではないため、艦体下面の対空砲に死角があるなどバランス面では優秀とは言えないが、物資・資金・人員の全てが困窮しているリガ・ミリティアにとって貴重な大型戦艦であり、戦争終結まで同組織の旗艦として各地を転戦した。


あくまでも継ぎ接ぎのパッチワーク艦であるのは事実だが、船体の8割以上を最新鋭艦であるスクイードⅠから転用したうえ、そこにリーンホースやガウンランドのパーツを組み込んだだけあって、既に旧式化著しい地球連邦軍の制式艦と比較して、性能的にはむしろ上回っている部分も見られる。


ビームラム

本艦は、サイド2のマケドニア・コロニーから強行脱出する際、艦首ビームシールドのビーム発振機を前方方向に倒しシールド状ではなく槍状に変則的に収束することによって、ロックされていた宇宙港の隔壁を破壊して突破するというゲリラ戦法を決行した。


これに気を良くしたメンテナンス・スタッフがビームシールド発生機に追加改修を行う事で、前方へのメガ粒子収束率を大きく高める機構を追加し、中世の海賊船が使った“衝角(ラム)”を宇宙世紀に復活させている。

この「ビームラム」は、言わば超弩級ビームサーベルであり、敵艦の横腹に直撃させられれば、中世の海賊戦法そのままに、敵艦を容易に撃沈する事が可能である

が、当然ながら宇宙戦艦の装備としては完全に無謀極まるものであり(ミノフスキー粒子が長距離レーダーを無効化させるとは言え、「中世大砲」と「宇宙世紀のメガ粒子砲」では有効射程と命中率が違いすぎる)、実用性は極めて低い……ありていに言って、ほぼゼロである(強いて言えば大破した敵艦の特攻を食い止める程度)。


つまるところ、このビームラムは、連戦に次ぐ連戦によってゲリラ屋根性の染み付いた各スタッフが、“悪ノリ”で増設した装備である

(もし正規軍の開発部が、このような装備の企画書を上申したならば、即座に没は当然、最悪左遷か除籍されるのはまず間違いないであろう)


さらばだ、リーンホース!

機動戦士Vガンダム』の最終回直前となる第50話において、リーンホースJr.は最後の時を迎える事となる。


ザンスカール帝国が建造した超巨大サイコミュ兵器エンジェル・ハイロゥを巡る攻防戦でリガ・ミリティアと地球連邦宇宙軍ムバラク艦隊の同盟軍は成層圏上でザンスカール帝国軍との最終決戦を繰り広げる。

その最中、リーンホースJr.はモトラッド艦隊司令であるクロノクル・アシャーが駆る最新型モビルスーツのリグ・コンティオの猛攻撃により撃沈寸前まで追い詰められるが、オデロ・ヘンリークトマーシュ・マサリクの操縦するガンブラスター2機が咄嗟に行ったセッターH926を使った捨て身の突撃で辛くも難を逃れる。


「各ブロック!損害状況を報せ!」

「閉鎖弁を全てロックしろっ!!」

「エンジン切り離しをさせるぞ!?艦長っ!!」

「そうだな!」


リーンホースJr.は撃沈こそ免れたものの、甚大な被害により戦闘続行は困難となり、被弾した左舷エンジンを切り離した後、艦橋で部隊の指揮を執る偽ジン・ジャハナムゴメス艦長、そしてカミオン隊の老人達はある決断を下した。


「う…うーん…そろそろ、覚悟をする瞬間(とき)かな?艦長!」

「ジン・ジャハナム閣下も、そうお考えなら!」

「若い者達だけでも、退艦させた方がいいな…」


【未来を作り上げることができる若者達】を退艦させ、【継ぎ接ぎで誤魔化しながら生き延びてきた老兵達】は【力を合わせて、未来への道を切り拓く】決断をする。


「よーし、ネス!総員に退艦準備をさせろ!」

「…!退艦準備でありますか!?」

「まだ、リーンホースは働けるからな。これからは老人に任せてほしいのさ!」

「レオニードさん…」


「ストライカーも退艦しろ!」

「しかし!」

「残ったモビルスーツは使わせてもらうからな!」

「どうしたんです!?まだリーンホースだって…ああっ!?」

「戦えるさっ!それは任せろ!」

「クッフ!お前さんもさっさと行かんかっ!」


「ゴメス艦長!総員退艦ではないのですか!?」

「そうだ!これよりリーンホースは単独行動を取る!ホワイトアークとモビルスーツ部隊は、退艦したクルーを守ってくれ!」

「……了解っ!!」


「ああーっ!リーンホースが壊れてくー!」

「みんな逃げ出すんだ…!エリシャさん!クルーの護衛に回らないとまずいよ!!」


その際に、レオニード・アルモドバルロメロ・マラバルの老人二人は半壊したガンイージを起動させて艦橋正面のカタパルトに固定して砲台代わりに使用し、艦橋に残った老人のオーティス・アーキンズはリモートコントロールで残されたミサイルを撃ちつつ、リーンホースJr.はビームシールドを展開したまま突き進んだ。


「駄々っ子のネスも追い出しましたが、いいですな!?」

「当たり前だ!ここまで来て我々の働き場所が無いでは、ジン・ジャハナムの名前が泣くわ!若い者が生き残れば、この名前は私の物として語り継がれるってものさ…行っていいぞ!ゴメス艦長!!」

「行っていいぞ!ゴメス艦長!」

「あいよ!いいな?オーティスさんや!」

「いいともさ!」


「まだ戦えるじゃないか!」

「おい、戻ろうぜ!!」

「おいっ!?あのガンイージっ!!」

「何をするつもりだぁ!?」


「昔とった杵柄を見せてやるっ!!」

「こ…こんなガタのきてる機体では、何もできんぞ!」

「砲台ぐらいにはなるっ!!」


対峙するモトラッド艦隊に対し、ゴメス艦長の指示でリーンホースJr.は残された最後の武器を使う。


「ビームラムを使うのだな!?」

「そうだ!エネルギーは全て艦首に回す!!」

そろそろ覚悟をする時かな、艦長?!

そして、リーンホースJr.はビームラムを最大出力状態で起動させ、モトラッド艦隊の旗艦アドラステアに向け特攻を仕掛けはじめた。


「ど、どうせなら、思い切りやってくれっ!!」

「長生きしすぎたバチが当たったかなぁ…」

砲台くらいにはなる!

「年寄りに寄って集ってぇ!!」

ほれみろ!

「右からも来る!右だ!ホレ見ろーっ!!」


特攻を阻止せんとするザンスカール帝国軍のモビルスーツ部隊の猛攻撃によって、砲台代わりのガンイージはアインラッドに乗ったMSゾリディアによる狙撃で撃破され、艦橋は接近してきたMSジャバコにより完全に破壊される。


「遅かったなぁ!!」


しかし、リーンホースJr.は進行を止めることはなく、モトラッド艦隊の旗艦であるアドラステアへの突撃を成功させるのだった。


「かわせーっ!!かわせんのかっ!?かわせ────っ!!!」

「きっ、来ますっ!!!」



「リーンホースが………!!」


リーンホースJr.とアドラステアの両艦の核融合炉が引き起こした大爆発によって、周囲に展開していたモトラッド艦隊を巻き込んで跡形もなく全滅させるという壮絶な最後を迎えたのだった。


「何だと!?我が艦隊が消滅したと云うのか!!」

「リガ・ミリティアの残存艦一隻でモトラッド艦隊が全滅するとは…クロノクルめっ!この帳尻をどう合わせるのだ!!」


リーンホース特攻


この場面は、ファン達の間では人気が高く機動戦士Vガンダム』の数多ある有名エピソードの中でも特に「屈指の名シーン」だと言われている。


ただし……

この「屈指の名シーン」だと云う評価、実は二つの軸からの評価がある。


そもそも『機動戦士Vガンダム』の劇中に登場する大人達は、とかく子供達に責任を追わせがちである。

本来なら戦争を恐れ、戦闘行為を望まない様な年端もいかない少年少女達を「自分達に都合良く言う事を聞くように」育てては最前線に連れ出して戦わせている。

そのくせ、自分達がやる事は後方からのサポートばかりだったり、新兵器の開発はするが満足なテストもしないまま戦場に送り込んだり、世捨人の様に世を儚んで達観しているように見えて実戦ではいまいちやる気がなかったり、挙げ句に戦地では好き勝手に子供達に命令をする始末。

そうして社会的な責任を放棄し、都合よく適当に生き延び続けて来たダメな大人達が最後の最後になって「贖罪」と「尻拭い」のつもりで一念発起してやった事が、このリーンホースJr.の特攻である。


その最後の行為を表面的にだけ限って見れば、「ダメな大人達が覚悟を決め、命を捨ててでも未来ある若者達を守ろうとした格好良いシーン」となるだろう。


だが、冷静に考えて見れば、ここでリーンホースJr.が特攻したとして、本質的なことは何も解決していない。

その場では一応生存率が上がるかもしれないが、戦争そのものが終結する訳ではない。

何より、戦争が終結した先には莫大で困難な戦後処理が待っているはずである。

そんな状況下で、「老兵が格好をつけて死を選ぶ」と言うのは、残される子供達にその困難を押し付けている事に他ならない。

本来なら、彼らは生き残って「戦後の責任」を負う必要があるのだ。

そのためには、最後まで生存の可能性を放棄してはならなかったし、どうしても特攻が必要な場合でも「成り行き任せで全員突撃」するのではなく、死者を最小限に抑えるべきだった。


つまりこのシーンは「散々好き勝手をして生きてきた大人達が、若者達に未来の責任を全て押し付けて、勝手に自己満足して死に逃げしていった無責任なシーン」とも取れるのである。


と、こうして悪し様に書いてしまうと、ひねくれて穿った見方だと取られるかもしれないが、恐らくはこれこそが原作者であり総監督である富野由悠季氏の狙いであり、意図的に視聴者から否定的な意見が出る様な描写をしたとしか思えない辺りが、『機動戦士Vガンダム』と云う作品の奥深い所である。

そもそも本作は、富野監督の作品制作に対する志向とメインスポンサーであるバンダイ側が要求してくる内容の方向性が食い違い、制作時に監督が鬱病になったとも言われる曰く付きの「黒富野」と「皆殺しの富野全開作品である。

一方でそうした劇中の残酷描写を、キャラクターの臨場感溢れる演出や、モビルスーツ同士の戦闘シーンの格好良さなどで覆い隠し、アニメ作品として一定の娯楽にまで仕上げている。

その結果、「ぱっと見しただけと、何度か見返して深く考察した時の感想が大きく変わる」と云う、独特な作品の雰囲気を持っているのだ。

主人公のウッソからして、一見すれば「正統派の良い子な主人公」であるが、よく見れば「母親の歪んだ教育によって『大人にとって都合よく使える良い子』に育てられた犠牲者」であるのだ。

父親のハンゲルグ・エヴィンはリガ・ミリティアの真のリーダーであり、周囲への立ち居振舞いの格好よさでホワイトアークの子供達からは羨望の眼差しを向けられるが、息子のウッソに対してはその異常拡大したニュータイプ能力に終始戸惑うばかりで「父親」としては向き合おうとはせず、地球連邦宇宙軍主力艦隊の提督であるムバラク・スターン大将に「父親として愛してやれ」と諭される始末である。


そして、こうした二面性こそが、『機動戦士Vガンダム』と云う作品の醍醐味であると考えるマニアは多い。

つまり、このリーンホースJr.特攻のシーンに関しても、「無責任な大人達が最後だけ格好つけて死ぬシーンだからダメ」なのではなく、「無責任な大人達がただ死んでいくだけのシーンを、一見して格好良い感動シーンのレベルにまで仕立て上げているのが面白い」と云う感想に至る訳である。


参考:togetter:VガンダムのリーンホースJr特攻シーンとは一体どういうシーンなのか?


所属機マーキング

リーンホース所属機には、ペガサスを象った部隊マーク(ウッソのパーソナルマークとは別デザイン)が施される。これは、「リーン(の翼を有した)ホース(馬)」という、アニメ製作スタッフのお遊びと思われる。


立体物

メガハウスの『コスモフリートスペシャル』にラインナップ。

ビームシールド展開状態のオプションパーツと5mmサイズのガンブラスター、ホワイトアークが同梱されている。


各砲塔が旋回し、カタパルトにはオーバーサイズ気味だが付属するMSのフィギュアを飾る事が可能。


だが、カタパルトハッチの開閉ギミックが採用されていないことビームラム起動状態のオプションパーツが同梱していないなどの欠点を持っている。


ゲーム作品において

スーパーロボット大戦シリーズ

近年は出番がないが登場した際は主人公部隊の旗艦として登場することが多い。


…が、スーパーロボット大戦α使徒イスラフェルビームラムで倒してしまった(倒せてしまう)伝説を持つ。

これで撃破してしまった際は、作中のシナリオにおいてはリーンホースJr.の艦長としてブライト・ノア、部隊の作戦参謀として葛城ミサトが乗艦していたのだが、二人ともリーンホースでそこまでできてしまったのは予想外だったようで、


ミサト「お、お見事です、艦長…」

ブライト「う、うむ。まさか私もリーンホースJr.で使徒を倒せるとは思っていなかった…」


と、どちらも驚愕の顔グラフィックでのやり取りが行われ、エヴァに搭乗し戦闘中だったアスカシンジ「さ、さすがは…元ホワイトベース艦長ね…」 「す、すごい…」などと呆気にとられていた。

(なお、特定の機体でイスラフェルを倒した際にはシナリオの辿るルートや隠し機体の入手にも関わってくる「熟練度」がプラスされるのだが、リーンホースで倒してしまった際も熟練度が+1される。対使徒兵器であるEVAでも問答無用の大火力で難敵を粉砕するスーパーロボットでもない、リアル系の戦艦で成し遂げただけに「偉業」扱いなのだろうか…)。


続く『α外伝』ではゴメスが乗って序盤に登場するが、ゾラへは行かなかったので、ハードルート終盤、現代のマイクロウェーブ送信施設での再登場まで登場しない。再登場後は母艦として出撃させられるが、性能的に見劣りするため出番があるかは微妙なところ。


以降しばらく出番がなかったが、『30』で久しぶりに参戦。原作と違ってカイラスギリー戦で既にこの状態。武装は原作準拠の3種類しかないが、補給可能、ビームラムの威力も健在でカスタムボーナスでさらに強化される、サブパイロットが4人いるという戦闘だけでなくサポートもこなせる優秀な艦。ゴメスのエースボーナスを取れば足も速くなるが、指揮官技能がないのが惜しいところ。コマンダーターミナルを持たせたい。


Gジェネレーションシリーズ

高コストだが、ビームシールド防御可能、宇宙でも大気圏内でも出撃できる、搭載数も多いといった強みを持つ宇宙世紀有数の強力な戦艦。


ビーム・ラムがMAP兵器のため狙って当てるのが難しい浪漫兵器であることや、スピリッツ以降のMAP上で大きさの概念があるシステムでは、細長いため小回りが利かないのが欠点。


DS』では、ライバルルートの後半で何とシーマ・ガラハウ率いる元ジオン海兵隊によって運用されることになる。

艦を提供したクワトロ・バジーナによると「鹵獲艦」らしいのだが、一体どこから鹵獲してきたのやら。


関連タグ

機動戦士Vガンダム リガ・ミリティア 宇宙戦艦 ミノフスキー・クラフト

艦長

ロベルト・ゴメス

搭載機

V2ガンダム Vガンダム ガンブラスター ガンイージ

その他

アドラステア エンジェル・ハイロゥ 魔改造

関連記事

親記事

リーンホース りーんほーす

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25276

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました