ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『機動戦士ガンダム0083』の登場人物。
CV:掛川裕彦


元ジオン公国軍突撃機動軍所属の兵士で、シーマ艦隊旗艦「リリー・マルレーン」艦長兼シーマの副官。階級は大尉。サイド3の3バンチコロニー「マハル」出身。海賊同然の格好及び表情をしている。シーマからの信頼も厚い。
デラーズ紛争最終局面において、シーマと共にグワデン艦橋制圧を敢行。しかしガトーの駆るノイエ・ジールの一撃で艦橋は破壊され、コッセルは部下共々真空の宇宙に放り出された。
劇中最初にシーマの事をシーマ様と呼んだ人物。軍属時代も様付で呼んでしまい「中佐」とよねと怒られていた。

GジェネDS 

本編では報われなかった彼だが、GジェネDSではシーマ配下の艦長キャラとして様々なルートで登場する。
一年戦争終結後ではルート分岐次第ではシャアの「毒ガスの件で悪いのはキシリアであって海兵隊ではないのだからアクシズへの亡命を受け入れてあげよう」というとりなしでシーマと共にアクシズに亡命を受けいれられ護衛艦隊として奮闘しているし(残念ながらZ編が始まるとフェードアウトしてしまうが)、ライバルルートに至ってはブライトマリューに代わって最後まで自軍の艦長の一人となる&長年使って疲弊したリリー・マルレーンに代わって新品のリーンホースJrをもらう、エンディングではシーマやジョニー・ライデンシン・マツナガと共にマハルの復興を始めるなどかなり出番に恵まれている。


関連タグ

機動戦士ガンダム0083

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム0083 きどうせんしがんだむだぶるおーえいてぃーすりーすたーだすとめもりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デトローフ・コッセル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1756

コメント