ピクシブ百科事典

トリントン基地

とりんとんきち

「機動戦士ガンダム0083」、「コロニーの落ちた地で」「機動戦士ガンダムUC」に登場する連邦軍の基地。
目次[非表示]

概要

オーストラリア東部・シドニー湾の北方に位置する地球連邦軍基地。
基地司令官は、U.C.0083当時、ホーキンズ・マーネリー准将
コウ・ウラキサウス・バニングは本基地に所属していた。
一年戦争時にコロニー落としに遭い、コロニーの残骸が突き刺さっている。
戦略的価値が低い土地であり、表向きは連邦軍ですらその存在を忘れるとすらされるほどに重要ではない基地でありながらも、それ故に一年戦争時、0083では兵器の秘匿等に使われていた。
しかし、いずれもジオン(あるはその残党)にバレたために襲撃を受けている。
その失態もあって、その後は戦略的価値の低い基地としてそのまま寂れてしまった。
なお、都合上、現時点で3回もジオン(残党)の襲撃を受けている不運な基地である。

また、アクロス・ザ・スカイでは近郊の山塊地帯にグリプス戦役後、廃棄処分となった様々なティターンズ軍のMS(一部にはナイトロシステムを搭載した実験機)を密かに保管、外部に売り払うための巨大倉庫があったが0094年に壊滅させられている。

U.C.0079(一年戦争時)

コロニーの落ちた地で

基地内には核貯蔵施設が置かれ、南極条約で使用が禁止された核弾頭が保管されていた(なお、条約では所持自体は禁止されてはいない)。
キシリア直属の特殊部隊マッチモニードによって核の奪取のため襲撃を受けるが、ホワイト・ディンゴ隊によって阻止された。
一方で、守備隊を始め多数の死者が出ている。

U.C.0083

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

近くに居住区が無いためコロニーの残骸を試験場とした試作MSの性能実験場としても機能している。
ペガサス級強襲揚陸艦7番艦「アルビオン」と共にガンダム試作1号機ガンダム試作2号機の二機が同基地に搬入された。
しかしこの情報を得たジオン残党軍デラーズ・フリートが基地を襲撃。
核弾頭を搭載したガンダム試作2号機を奪取した。

この時にコウ・ウラキ少尉が咄嗟にガンダム試作1号機に乗り込み迎撃したが、2号機のパイロットはかつて連邦軍にソロモンの悪夢の異名で恐れられたエースパイロット、アナベル・ガトー少佐であった。まともに相手にすらされなかった少尉はアルビオンと共に追撃に向かう。

基地そのものは壊滅的な打撃を受け、司令官も死亡。核の奪取を許しており、防衛には失敗している。

U.C.0096

機動戦士ガンダムUC

0083以降、復旧はしたものの、戦略的価値の低い土地だったことに加えて、前述の失態もあり、核の保有等もなく、正真正銘価値の低い基地となってしまっている(ただし、OVAでは市街地や湾岸基地の存在が確認できるため、寂れたという印象は薄い)。
その性質から、人材も兵器も厄介払いとでも言うべき有り様で、
人員は幹部すら元ティターンズの左遷組、
対MS誘導弾リジーナ、ジムⅡネモⅢガンタンクⅡガンキャノン・ディテクターバーザム(外伝での登場)といった一年戦争時の兵器、MSから始まるエゥーゴカラバティターンズといった連邦系MSがごった煮状態で混在している。
ジムⅡ・セミストライカーのような現地改修機もあり、特に、バイアラン・カスタムの「MS単独滞空能力向上計画」は基地の人員を(それ以外やることがないという悲しい事情もあって)熱中させていた。

このように本来ならばジオン残党が襲撃する価値はない基地だったのだが、
ユニコーンガンダムのLa+プログラムがトリントン基地を示す座標を出したために、
袖付きの命令を受けたヨンム・カークス少佐ロニ・ガーベイが率いる部隊が襲撃。
ジオン残党は奇襲、ザクⅠ・スナイパーを始めとしたMSたちが航空戦力、対空装備を優先して攻撃したことで制空権を握り、投入したシャンブロゼー・ズールイフリート・シュナイドなどの猛攻で迎撃に出た基地のMSの殆どが劣勢に追い込まれる。
その後バイアラン・カスタムの出撃と援護のトライスターが駆けつけてからは他の基地のMSも持ち直し始め、他の残党軍は撤退。
脅威であった大型MAシャンブロユニコーンガンダムデルタプラスによって沈黙した。
被害は大きかったようだが、その後、復旧。トリントン基地、ジオン残党両方のMSを奪った海賊を撃破していた。

関連タグ

コウ・ウラキ ガンダム試作1号機 シャンブロ イフリート・シュナイド バイアラン・カスタム

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム0083 きどうせんしがんだむだぶるおーえいてぃーすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トリントン基地」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12993

コメント