ピクシブ百科事典

ガンタンクⅡ

がんたんくつー

ガンタンクの改良型。より戦車ぽくなってる。
目次[非表示]

RMV-1 ガンタンクⅡ(GUNTANK II )とは、プラモデル企画『MSV』及びアニメ『機動戦士Zガンダム』に登場する地球連邦軍の戦闘車両。

機体説明

一年戦争終結後、MSとしては評価の低かったガンタンクを純粋な装甲戦闘車両として評価した連邦陸軍が、局地防衛用戦闘車両として再設計した機体。
61式戦車の後継機としても期待されていたといわれ、少数量産された。

MSとしての機能を全て削ぎ落とし、戦闘車両としての機能のみを優先して開発されている。乗員として操縦者と砲手の2名を必要とする。
武装面では主砲に低反動砲や滑腔砲ではなくライフル砲を採用しているのが特徴であるが、これはRX-75の主砲よりも強力であるとされる。

機体データ

型式番号 RMV-1
所属 地球連邦軍
生産形態 量産機
全高 16.9m
本体重量 98.4t
全備重量 123.7t
出力 211kw
センサー
有効半径 6,000m
武装 120mmライフル砲×2
180mm4連装ロケットランチャー×1(右腕)
3連装ミサイルランチャー×1(左腕)
60mm機関砲×1
2連装スモークディスチャージャー×2

劇中での活躍

機動戦士Ζガンダム』においてジャブローに配備された機体がジム・スナイパーカスタムらと共にエゥーゴを迎撃。しかし、実際にはジャブローはその基地機能を放棄しており、ティターンズによる基地自爆にエゥーゴを巻き込む為の餌とされたに過ぎなかった。

機動戦士ガンダムUC』ではトリントン基地に配備された機体が登場。
ジムⅡガンキャノン・ディテクターなど旧式化して久しい機体が揃っている中で特に古い機体であり、高い士気を誇るジオン残党軍の猛攻に晒された。

関連イラスト


関連タグ

ガンタンク 量産型ガンタンク 戦車
ガチタン:装甲強度はともかく、なんとなく似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンタンクⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9879

コメント