ピクシブ百科事典

オレら連邦愚連隊

おれられんぽうぐれんたい

『ガンダムエース』に連載されていた漫画作品。
目次[非表示]

機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊」は月刊ガンダムエースにて2007年から2009年まで連載された作品。
作者は曽野由大、脚本はクラップス。
『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の利用促進を担っている面もあった。

人物一覧はネタバレを含む

概要

舞台を一年戦争とした作品。作業用ザク、ジム・スナイパーカスタムなどが登場するなどかなりマニアックなMSが登場する作品としても有名。
ガンダムタイプの登場が少ないことでも知られる。

ストーリー

時は一年戦争、ホワイトベース隊によりガルマ・ザビ大佐が戦死した頃から始まる。
主人公「ユージ・アルカナ」はカナダのトロント基地に所属する元プロボクサーのエースパイロット。
彼はある日、ジャブローより新設されたMS教導部隊、通称「ネメシス隊」に配属を命じられる。
連邦とジオンとの戦いが終局を迎えつつある中、大いなる陰謀が動き始めていた・・・。

部隊説明

ネメシス隊

連邦軍が新設した、サキ・デッサウ少佐を指揮官とするMS教導部隊。
部隊紋章は「翼持つ獅子」
連邦軍MSパイロットの操縦教練や訓練の仮想敵(アグレッサー)を主任務とした部隊であるが
有事の際には実戦にも出撃する。操縦教練を指導する立場ゆえ、所属するMSパイロットの腕は確かなメンバーで統一されている上に配備されているMSもどれも最新型のMSばかりで戦力は充実している。
MSのカラーリング、部隊の軍服は黒を基調としており、特殊部隊然とした風格がある。

スレイプニール隊

量産機のみで「V作戦」の検証、研究を行う「V作戦評価試験部隊」
前衛をジム・ライトアーマー、中距離支援をガンキャノンⅡ、火力支援兼部隊指揮をガンタンクⅡが担当し、V作戦によるMS運用戦術の検証を行っている。
ガンタンクⅡのMSパイロットでもあるショーン・キャシティ大尉が部隊の指揮官を務める。

メカニック

地球連邦軍

ジム・ストライカー
ジム後期型
量産型ガンキャノン
ジム・スナイパーⅡ
ミデア
ジム
ガンダム・ピクシー
ジム・スナイパーカスタム
ガンキャノンⅡ
ジム・ライトアーマー
ガンタンクⅡ
ジム・コマンド
ライトライナー
Gアーマー

ジオン公国軍

ザクⅠ
ザクⅡ
ドム
ゴッグ
ザクⅡFS型
ザクタンク
ザクⅠ・スナイパータイプ
ザク・デザートタイプ
ジュアッグ
ゾゴッグ
アッグガイ
アッグ
ザクキャノン
ザクⅡ改
グフ

登場人物

地球連邦軍 ネメシス隊


ユージ・アルカナ

本作の主人公。階級は中尉。カナダのトロント基地に所属している。元プロボクシング選手であり、MS戦闘における戦闘スタイルも格闘戦を得手とする。好物はマメッコ-ラと「まうい棒」と呼ばれる駄菓子。同僚からは不評の味のようだがアルカナは好んで食している。
性格はやや粗暴であり素行不良も少々見られるが、連邦軍人を志したのは、ジオンによるコロニー落下災害の対応に当たった連邦軍救助隊を見て憧れたためであり、普段のノリの軽い印象とは裏腹に軍人であることに誇りを感じている。加えて相手がどんな者でもおかしいと感じた際にはとことん自分の信条を貫く正義漢でもある。

ネメシス隊での作戦コードネームは「タフドッグ」であり、どんな状況でも必ず生還することから、「ゾンビー・ジム」と異名づけられている。ネメシス隊に配属される以前の戦績ではザクを2機、ドム、グフをそれぞれ1機ずつ撃破している。
ネメシスに配属後はジム・ストライカー後期型に乗り込み各地を転戦。

ホーク・ロイザー

ネメシス隊の最年長者であり同隊のMSパイロットきってのベテランパイロット。階級は大尉。
作戦時のコードネームは「プレジデント」
かつて航空機のトリアーエズでジオンのMS部隊を翻弄するなどの高い戦果を挙げた事から連邦宇宙軍では「東の鷹」と呼ばれた凄腕。ネメシス隊では前線の戦闘部隊の指揮を担当している。
腕は確かだが常に葉巻を咥えている愛煙家であり、普段から威圧的な態度で接し性格も尊大。美女に目が無く見つけては口説くなど女癖の悪い人物である。
実は極度の豆アレルギー持ちであり、一度口にするとすさまじい腹痛、下痢に襲われる体質を持つ。(しかし工業用メチルアルコール入りの酒を飲んでも全く影響が無く、むしろ美味しそうに飲むなど極端な体質を持つ。)
口はかなり悪いが、ユージの潜在能力を初期から見抜くなどパイロットを見る目は確かなものがある「ネメシス四十八手」と言われる奥義を体得しており、度々戦闘を有利に運んでいる
乗機はジム後期型。

ジャン・ディベビエ

作戦ではスナイパー、中距離支援を担当している。階級は中尉。コードネームは「エイプ」
キザな性格で、初期にはユージと対立していたが窮地に追い込まれた所をユージに救われて以来からは部隊の仲間として認めるようになる。
過去に溺れた自分を助けようとした人物が、自分を助けて死んだという過去があり、それをトラウマにしている。
歳はユージとさほど変わらないくらい若いが、部隊にいる期間はユージより長くロイザー大尉との連携は完璧であり、優秀な腕を持つ。
初期には量産型ガンキャノンに搭乗していたが、後に大破。代わりにジム・スナイパーⅡに乗り込む。(作中ではジム・スナイパーカスタムⅡと呼んでいる)

エリンスト・ポノワ

ホバートラックで情報支援、索敵支援を担当している。階級は中尉。
コードネームは「コックローチ」
ネメシス隊の実働部隊では唯一の女性である。かなりの美人であるがアルカナの好みでは無かった模様。
過去に自分が支援していた部隊で、事故を起こした隊員を救えなかったことを後悔しており、影をおとしていた。

ダグ・キーソン

大柄の黒人パイロット。階級は中尉。コードネームは「コング」
メガネをつけており、基本無言。(筆談で会話していた。)
僧侶をしていた為か霊能力があるようで、基地で迷子になっていた犬の居場所を一発で突き止めた。
シアトルMS試験場にて急襲してきたガルマ専用ザクらの襲撃からユージを庇い、戦死した。
乗機は量産型ガンキャノン。

イーグル・ロック

ネイティブ・アメリカンの血を継ぐ航空パイロット。階級は中尉。
ポノワ中尉に惹かれていた模様。追手のGアーマーを撃墜すべく、自身のライトライナーもろとも特攻し、戦死したかに見えたが、最終回にて生存が確認された。

タラ・I・キケロ

ネメシス隊に属する技術士官。メカニック担当。
ユージの荒い操縦に対してストライカーを的確に修理していた。小柄で緊張すると嘔吐する癖がある。

しかしその正体は連邦軍の戦争継続派と結託し、戦争を泥沼化させる計画に参加していた。
やがてはジオンと連邦の戦争を長引かせ自分を捨てた世界への報復を望んでいた。
最終回にてサキ少佐の恩師である思想家、タマーム・シャマランの孫であった事が判明する。
ダグを殺害させたガルマ専用ザクのパイロットでもある。戦局を混乱させる為にあらゆる方面に働きかけていた凄腕の戦闘工作員でもある。
声真似が上手く、ガルマ・ザビとそっくりの声を出せる。

サキ・デッサウ

ネメシス隊の指揮官。階級は少佐。冷静沈着で咄嗟の戦闘の際にも的確な指揮を執る。
エルスワーズ基地でのジオン軍急襲の際には迅速に指揮系統を回復させ、戦線を再構築。戦局の立て直しを成功させるなど非凡な指揮の才を見せた。
候補生時代に思想家「タマーム・シャマラン」に引かれ、シャマラン思想に賛同する。
しかし、周りの同僚からは「古い考え」と言われ、出世コースを外されている。
民間人よりも高級官僚の保護をユージに命令した際にはユージに「守るべきものが違う」と激怒され、自分が忘れていた精神を思い出す。
最後には「私を目覚めさせたゾンビー」だと信頼の言葉を述べていた。

スレイプニール隊

ショーン・キャシティ

スレイプニール隊隊長。階級は大尉。「西の龍」の異名をとるエースパイロット。
ホークとは知り合いであり、昔はともに作戦に従事していた模様。
WB隊で言う「ガンタンク」にあたるガンタンクⅡで支援砲撃、対空砲火を行う

カート・ワーグ

中距離支援、火力支援を担当する。階級は中尉
作中ではあまり出番が無く、これといった活躍も無い。WB隊でいう「ガンキャノン」
にあたる。
乗機はガンキャノンⅡ。ちなみに肩のビーム・キャノンは作中一回も使われていない。

スハン・ヤンセン

格闘、白兵戦を担当する。階級は中尉。
常に気だるげで、口癖は「萎えるなぁ」。前衛での白兵戦を担当する事から操縦技術は卓抜しておりm乗機のジム・ライトアーマーに搭乗し、レニア山にてガルマ専用ザクに扇動されたジオン敗残軍を一機だけで圧倒した。自分と同等の実力を持つパイロットと対峙すると戦闘に積極的になり、周りが見えなくなる。

その他の連邦軍人


コルテス

連邦陸軍所属のMSパイロット。階級は中尉。ウェイン中将の身辺警護を行うこともある。
外見は浅黒い肌で無表情、無口。戦闘の際には一変して饒舌、感情的になる
彼も過去にプロボクシング選手だった頃があり、ユージとの対戦を熱望していた。
性格は極めて残忍。人を殺す事に快感を覚えている戦闘狂。ユージ曰く「サイコ野郎」「殺人鬼」
ウェイン中将の命令のもと、ネメシス隊抹殺の為に行動していた。
しかし本人はユージと戦いたかっただけであり、ウェインらの計画はどうでも良かった模様。
その証拠に「オレは誰の政治ゲームにも興味は無い」と発言している。
ジム・スナイパーカスタム、Gアーマー、果てはガンダム・ピクシーなどの特殊機を巧みに操りネメシス隊を苦しめた。
最期はユージのジム・ストライカーにコクピットをボクシングさながらのアッパーで潰され機体もろとも爆散し死亡。

ピーター・フォード

陸軍大佐。サキ少佐とは士官学校時代の親友。娘のシェリー・フォード少尉はMSパイロットをしている。
シャマラン派であったが、後に転向するもサキ少佐との友好な関係は続いている。
豪快な性格で、ユージを高く評価している。サキ曰く「陰謀に加担するような人物ではない」

バリーズ

エルスワーズ基地司令官。小柄で猿のような体格で出っ歯
尊大、自己保身に終始する軍人でエルスワーズ基地襲撃の理由をサキ少佐に押し付けるなど軍人としての資質に疑問を持つ。
基地襲撃の際にも右往左往するばかりでサキ少佐の活躍がなければ間違いなく基地は陥落していた。
その後は基地襲撃の責任を問われ降格、ジャブローの戦略分析課に左遷された。(本人は栄転と喜んでいた)

ヨゼフ・トラバートン

連邦宇宙軍中将。レビル将軍に次ぐ和平派の巨頭で戦争の早期集結を悲願としていた。
レビル将軍と同じくMSに対し先進的な考えを持ち、かなり良識的な軍人であったことが推測出来る。
ジオンのグエイドン参謀との和平会談の際にタラの策略によりザンジバル爆弾を投下され戦死した。

デノーメル

連邦軍准将。ネメシス隊の創設者であり、多方面からネメシス隊を支援していた。
が、その正体はタラ・I・キケロやジオン敗残兵などを巻き込んで戦争の継続を目論んでいた。最終的には地球を荒廃させ、最終的には宇宙のコロニー主導による地球の経済支配を画策していた。
彼もまたシャマラン思想に賛同していたが、彼の考えにより歪曲された。
この計画をデノーメルに聞かされたサキは怒りのあまり彼を射殺しかけた。

ウェイン

連邦陸軍中将。スキンへッドが特徴的。
戦争継続を主導し、地球上での利益独占を目論んでいた。ネメシス隊を始末させる為に策を弄した
デノーメルとは協力関係だったが、計画が進みにつれ邪魔とされデノーメルに射殺された

ジオン軍人


マラナシア・アージャ

ジオン軍少佐。常にキシリア少将のように紫のマスクを身につけている。
ジオン敗残兵を擁し、ガルマ専用ザクの正体を探ろうとしていたが、その目的は連邦軍に将校として出世するためであった。
確保したタラから反撃を受け、顔に大きなキズ痕を残す。
搭乗機は黒いグフ

グリー・グエイドン

ジオン軍参謀。かつてタラがジオン軍人だったころに置き去りにされた作戦の責任者であった。ジオン三羽烏に数えられ、和平運動に参加していたが、策略に巻き込まれ死亡する

その他の人物


タマーム・シャマラン

アースノイドとスペースノイドの共存を唱えた思想家。作中では既に故人であるが、サキ、デノーメル、ピーターなどの多数の連邦軍人に多大な影響を与えた高潔な人物。
士官学校時代のピーター、サキらの恩師でもある。
ジオン・ズム・ダイクンと面識があったようで、ジオニズムに対する思想の草案を発表する直前で反対派に暗殺された。
サキはシャマランの護衛にあたっていたが、救えなかったことを今も悔やんでいる
豊富な頭髪を持つが実はカツラであり、たまたまそれをみてしまったサキ、ピーターはステッキで殴打された。

関連項目

ジム・ストライカー ガンダム・ピクシー
機動戦士ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「オレら連邦愚連隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5632

コメント