ピクシブ百科事典

ガンダム・ピクシー

ぴくしー

ガンダム・ピクシーとは、ゲーム『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』および『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』収録の『死にゆく者たちへの祈り』と『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』収録の新規シナリオ『ミッシングリンク』などに登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

スペック

型式番号RX-78XX
所属地球連邦軍アルバトロス輸送中隊(ホワイトベース隊への輸送中)、同第20独立機械化混成部隊『スレイヴ・レイス』
地球連邦軍
生産形態試作機
頭頂高18.3m
本体重量39.8t
ジェネレーター総出力1,440kW
スラスター総推力70,500kg
固定武装頭部60mmバルカン砲2門、ビームダガー2振
携行武装90mmサブマシンガン2挺(CROSS DIMENSION 0079)、90mmブルパップ・マシンガン(サイドストーリーズ)、ツイン・ビーム・スピア(CodeFairy)


概要

地球連邦軍が開発した試作型陸戦用モビルスーツ。ゲーム発売当初は単に「ピクシー」と呼称されていた。
任務に応じてある程度の武装選択が出来たガンダム陸戦型ガンダムなどとは違い、重力下での白兵戦を主観に置いて開発されており、特にインファイトで威力を発揮するビームダガーや90mmサブマシンガンを装備する。
装甲は対実弾兵器用のものが使用され、コア・ブロック・システムや宇宙空間用装備を取り除くことで機体重量をそぎ落とした結果、細身の体格となっている。更に各部にアポジモーターが増設されたことで地上での瞬発力はガンダムを上回り、一年戦争当時は地球圏最速の機体と評されている。
主なパイロットはボルク・クライ(死にゆく者たちへの祈り)、コルテス(オレら連邦愚連隊)、フレッド・リーバー(ミッシングリンク)、ドリス・ブラント(同左)、リリス・エイデン(バトルオペレーション CodeFairy)。

全3機が生産され、1号機はベルファスト、3号機はアフリカに配属された……はずなのだが、近年の設定に照らし合わせると大きく異なるため、おそらくは一時的な配備もしくは配備予定のみあったものと思われる。

活躍

ボルク・クライ

緊急事態によりボルクの運用する事になった2号機は、本来ホワイトベース隊の元に届けられアムロ・レイの乗機となる予定であった。
しかし、輸送任務を受けたアルバトロス輸送中隊がオデッサへ向かう最中にゴビ砂漠においてジオン公国軍の特殊任務班ウルフ・ガーなどの複数の部隊から再三攻撃を受けた為、届けられる事はなかった(陸上専用のピクシーを、何故最終的に宇宙に上るホワイトベース隊へ配備しようとしたのかは不明。後述する当初のストーリー展開予定を踏まえると、宇宙用に改造できたのかもしれない)。
その後『サイドストーリーズ』版では放棄された機体を捜索しに来たミデアに回収されるシーンが描かれている。

フレッド・リーバー

ドリス・ブラントによって偽造された書類により手配された機体であり、スレイヴ・レイス隊の部隊カラーとしてグレーとダークグレーのツートンで塗装されている。
ウルフ・ガーとの戦闘の後にボルクの2号機を回収したものを手回しして運用しているとも、1号機を裏工作で横取りしたとも言われている。
上官グレイヴの裏切りに逢い連邦軍の追手が差し向けられた際に、フレッドはレイス隊のHLV打ち上げ時に殿として残り、その後フレッドは共闘したジオン軍マルコシアス隊のダグ・シュナイドと乗機を交換。イフリートを受け継いで脱出し、シュナイドが本機を駆って命が尽きるまで戦った。
その後は、回収されたと思しき本機がオーガスタ研究所での最終決戦の際に再び調達され、フレッドの欠員を埋めたドリスが陸戦型ジムから乗り換える形でこれに搭乗した。

リリス・エイデン

「妖精は踊り狂う / The Avenger」


北米大陸に配備された特殊部隊ウィッチハント隊所属。何号機かは不明である。
初登場時は白のワントーンカラーでボルク機と同仕様の初期配備型として登場し、ヒルドルブの主砲回収中のノイジー・フェアリー隊と交戦した。
後に赤いカラーリングに変更された上でリリス専用機として改修されたものが再びノイジー・フェアリー隊と交戦。射撃兵装にバルザック式380mmロケットバズーカとビーム・ガン、格闘兵装にビーム・サーベル2本と以前の乗機・陸戦型ジムから引き継いだと思われるツイン・ビーム・スピアを装備し、バックパックや頭部、左腕のバックラー・シールドなど各部の形状も異なる特殊な仕様になっている。リリスの復讐心に突き動かされるままツイン・ビーム・スピアを大鎌状に変形させて戦うその姿は、返り血に染まって「赤い死神」と化したとも形容出来る。
なお、CodeFairyおよびバトオペ2での表記はガンダムピクシー(LA)だが、これはリリス・エイデンを示すものでライトアーマーではない。むしろ装甲はベース機に比べて強化されている。

ゲームでの扱い

クロスディメンション0079(初出)

第一部であるホワイトベース隊編からガンダムのレベルを引き継いでの参入となる。
ゲームソフトについてはアムロ編を入れた結果、容量不足となり、さらに続編はΖで製作されてしまったため日の目を見ることはなかったが、オリジナルストーリーでは、3機のピクシーがそれぞれの戦いの末宇宙に上がり合流するという流れになるはずだった。

機動戦士ガンダムバトルオペレーション

キャンペーン限定配布機体として登場。
連邦サイドのMSでは初となるステルスを搭載している。そのためアッガイのような敵の裏を取っての奇襲が非常に得意。アッガイと違い、高性能バランサーを持っているためダッシュからの格闘が行える。格闘連撃制御も初期からLV2まで持っているため、他の格闘機に近い感覚で操縦が可能である。

弱点を挙げてしまうと、射撃武器がマシンガンしかない事と、基本性能の低さ、フルアーマーガンダム並に高いコストがある。格闘機の生命線であるスラスターもワースト一位だったがイフリート改ともども強化された為、ゴッグがピクシーをも下回ってワースト一位となった。

機動戦士ガンダムバトルオペレーション2

抽選配給機体として登場。
今作でも連邦サイド初のステルス搭載MS。そのためアッガイのような敵の裏を取っての奇襲が得意。こちらは高コスト(現環境で言う中コスト)機体。

実装初期はリーチの長い下格闘とステルスで活躍したものの、扱いが難しく前作と同様の弱点も抱えていたため、すぐに対処されるようになってしまった。また実質の上位互換機やアンチステルス搭載機等も充実してきた事で、ユーザーからは不遇機の一角として挙げられる事が多い。

戦場の絆

ガンダム同様格闘カテゴリーで登場。
威力・弾数共に優秀なマシンガンをばら撒きつつ、格闘カテゴリーの華である格闘攻撃のラッシュで一気にダメージを奪って行く機体。ちなみに戦功ポイントを溜めると、そのマシンガンも廃し、武装がサブ射撃のバルカンとビームナイフのみと言う、漢のロマン溢れる機体へと変貌することも出来る
同コスト帯に比べ耐久値が低いと言う欠点はあるものの、他の格闘機体に比べてメイン射撃の恩恵が大きいと言う事もあり、Ver.アップを重ね時代遅れ感がある現状でも愛用する上級プレイヤーが多い。

2015年に後述の『愚連隊』のカラーリングが「北米戦線カラー」の名称で登場。

ギレンの野望

最新作の「新ギレンの野望」の野望では地上専用の制限付き、耐久力にもやや不安が残るが、運動性50、移動9という高機動機に仕上がっている。ガンダムが運動性32、移動7であり、後年に開発されるジェガンですら運動性42、移動7であることから圧倒的な運動性とフットワークを持つ機体になっている。
なお「ギレンの野望ジオンの系譜」では連邦編第一部では開発レベルが「基礎:9MS:10」と高めでそのレベルに到達するころにはプレイヤーによっては後半に差し掛かる頃なのでその時には地上にはジオンの拠点がほとんどないあるいは全部駆逐してしまっているために持て余し、第二部になるとデラーズフリートなどジオン系勢力が地上の主力にドム・トローペンやドワッジなど装甲が高く火力の強いユニットがあるため、それらに包囲されて仮にニュータイプを乗せたとしてもすぐ撃破されてしまう憂き目に遭うなどいまいちな扱いになりがちであった

機動戦士ガンダムオンライン

強襲機として登場。通常仕様である2号機(ボルク機)と、コストが上がっている代わりに全体的に性能が強化されたフレッド機が存在する。
特にフレッド機は一部の攻撃を利用することでブースト移動よりも早く移動することが可能。ビームダガーを振り回して動き回る姿はまるで忍者のよう。

漫画での活躍

月刊ガンダムエースで連載していた『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』ではウェイン中将よりネメシス隊抹殺の命を受けた戦闘狂、コルテス中尉が乗る機体として登場。
作中に登場した唯一のガンダムタイプでもある。
カラーリングは緑色(北米戦線カラー)に塗装されている。何号機かは不明。
武装はビームダガー×2、頭部バルカン

作中ではラスボスとして現れ、アルカナ中尉を除いたネメシス隊、スレイプニール隊の連合部隊をたった一機で全滅させた。(パイロットは全員生還している)
アルカナ中尉と戦った際には割り込んできたジオン部隊を一瞬で壊滅させるなど化物じみた性能を見せた。
最後はキャリフォルニアベースにてアルカナ中尉のジム・ストライカーにコクピットを殴り潰され大破、爆散した。
結果的に「ジムvsガンダム」の戦いになるという奇妙な構図になった。

ガンプラ

HGUCにおいて2号機とフレッド機がプレミアムバンダイ限定で発売されていた。
陸戦型ジムのフレームが流用されており、昨今のガンプラとしては珍しくビームダガーには振り回した状態のビーム刃エフェクトパーツも付属する。
フレッド機は単なる成型色変更品でありゲーム中で使っていた90mmブルパップ・マシンガンは付属しない。

余談

近接・強襲の戦闘を重視したコンセプトで開発されたが故か、フレッドやコルテスと、なぜかボルクを除くと戦闘狂に縁のある機体である。また、フレッド、コルテス、リリスといずれも北米戦線に参加しており、宇宙ではないが同じ場所に集結という初期案通りの展開になっている。
外伝ゲーム作品2作では死にゆく者たちへの祈り、ミッシングリンクの両方で同様のコンセプトで開発されたイフリートとライバル関係になっており、そちらとも縁深い機体であると言える。

関連項目

死にゆく者たちへの祈り 機動戦士ガンダムサイドストーリーズ
RX-78 ガンダム 陸戦型ガンダム

関連記事

親記事

RX-78 あーるえっくすななじゅうはち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガンダム・ピクシー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガンダム・ピクシー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109364

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました