ピクシブ百科事典

中将

ちゅうじょう

「中将」とは、軍隊における階級の一つ。 「将官」に区分され、大将の下、少将の上に位置する。
目次[非表示]

中将」とは、以下の意味を持つ言葉である。

  1. 明治戦前日本軍における階級。諸外国の軍における階級の訳語にも用いる(本記事で解説する)。
  2. 近衛中将。律令制における左右の近衛府次官(本記事で解説する)。

1.近代日本軍における階級

明治維新以来の日本軍における階級
陸軍海軍ともに位階正四位に相当した。

職務としては、陸軍では軍司令官軍団長等(准将が無い陸軍では師団長)を務め、海軍では艦隊司令長官司令官等を務めた。
なお海軍における連合艦隊司令長官も、当初は艦隊の司令長官たる海軍中将から選抜して任命される職であった。

欧米各国の階級を訳すときにもほぼ同様な基準で「中将」の語を用いる。
なので当時の日本には無かった空軍だと、主に航空軍司令官等を務める階級を「中将」と訳す。
英語では、『陸軍中将』を『ルーテネント・ジェネラル(lieutenant general)』、『海軍中将』を『バイス・アドミラル(vice admiral)』と称する。

また、准将を置かずに「上級大将大将・中将・少将」の将官4階級制を採る軍隊においては「大将」が一般的な中将に相当するとされる(上級大将

少将の上、大将の下の『将官』であり、『将軍』あるいは海軍(及びフィクションにおける宇宙軍などでは)『提督』などとも呼ばれる。
中将の階級では、陸軍では軍団長海軍では(フィクションにおける宇宙軍などでも)艦隊司令長官(名称については艦隊司令官とされる場合も多い)をなどを勤める。
他に、総司令部参謀長クラスも中将ないし大将の階級が多い。

 時代の差異や、フィクションではその物語の設定にもよるが、おおむね1万人以上の将兵の上に立つ役職となることが多い。

ちなみに、自衛隊では陸将海将空将が中将にあたる。自衛官の最高位である。
陸将は陸上総隊司令官方面総監師団長などを務める。海将は自衛艦隊司令官護衛艦隊司令官地方総監などとなる。空将は航空総隊司令官航空方面隊司令官などを担当する。陸海空それぞれに幕僚長を除く全ての要職を務めていることになる。
なお、その上の統合幕僚長陸上幕僚長海上幕僚長航空幕僚長の全自衛隊及び陸海空各自衛隊の最高幹部も同じく陸将・海将・空将が任ぜられる。ただしこの4職に限っては、諸外国では大将相当の者が務めるので、釣り合いを取るための特別措置がある。つまり階級章が諸外国の大将に相当するデザインとなり、また英訳がGeneral、Admiralと大将相当の語に置き換えられる。

2.律令制における近衛中将

律令制における左右の近衛府次官
官位相当は従四位下
正三位従三位の者が在任している場合、「三位中将」と称された。

蔵人頭を兼ねた場合、『頭中将』と称した。
蔵人頭(定員2名)は、天皇への上奏を取り次ぎ勅旨を下すという『天皇の秘書』的な要職であり、官庁を指揮する弁官を兼ねた『頭弁』が実務官僚から選ばれたのに対し、『頭中将』は上流貴族出身者が選ばれた。
この為、『頭中将』は、将来『大臣』となるエリートコースの役職であったと言える。

なお、『源氏物語』に「頭中将」という登場人物がいるが、当然、任じられた官職からきているものであって、彼の氏名を設定したわけではない

創作物における主な階級が「中将」の人物(五十音順)



関連リンク

中将 - Wikipedia

関連タグ

 軍隊 軍人 階級

階級一覧

大元帥元帥
士官将校将官上級大将大将中将少将准将
佐官代将上級大佐大佐中佐少佐准佐
尉官上級大尉大尉中尉少尉
准士官准尉特務曹長兵曹長
下士官曹長軍曹伍長
兵長上等兵一等兵二等兵

関連記事

親記事

将官 しょうかん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中将」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「中将」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238542

コメント