ピクシブ百科事典

パストーレ

ぱすとーれ

小説並びにOVA・劇場版『銀河英雄伝説』に登場する、自由惑星同盟側の軍人キャラクター。第4艦隊司令官。アスターテ会戦において、最初の高級指揮官の戦死者となる。パエッタ曰く「百戦錬磨」の猛将。
目次[非表示]

「先頭集団、迎撃せよ。全艦総力戦用意!」
声優:佐藤正治(OVA版)
  :石井康嗣(劇場版)

概要

 原作小説『銀河英雄伝説』に登場する、自由惑星同盟側の軍人キャラクターの1人。第4艦隊司令官、階級中将。第2艦隊司令官パエッタ中将の親友であり、パエッタに言わせると『百戦錬磨』であるらしい。原作・アニメ化双方ともに、良い所は一つもないまま、アスターテ会戦で最初の艦隊指揮官の戦死者となってしまう。

手腕

 作品中における、彼の手腕は特に明記されてはいない。寧ろ明確に現れたのは、防御戦における粘りの弱さとも言えるが、これは公式な設定ではない。ただし、それを体現するかのように、PCゲームにおいて彼の指揮能力は、防御力が低めに設定されている事がある。
 その一方で、艦載機攻撃による攻撃能力が高めに設定されていることが、しばしば見受けられる模様。そのため、速攻性の強い性格を持つ艦隊指揮官、というのがゲーム中の表現とも言えるであろう。だが、銀河英雄伝説タクティクスでは、トータルで見ても低めの能力値で設定されている。

経歴

OVA版

 アスターテ会戦に参加。ラインハルト・フォン・ローエングラム率いる艦隊に対して、正面から抑え込む役割を担っていた。艦隊戦力は1万3000隻。しかし、ラインハルトの発想の転換の前に驚愕し、慌てて迎撃戦を展開するが、アーダベルト・フォン・ファーレンハイト少将指揮する分艦隊の突撃を前にして、瞬く間に斬り込まれてしまう。
 遅れて戦闘艇スパルタニアンを発進させようとするが、先手を打ったファーレンハイトによって母艦ごと撃沈され、成す術もなく壊滅させられてしまった。その後、彼の安否は明確に移されてはいないものの、旗艦ごと戦死している。

劇場版

 かなり省いていたOVAと比べ、原作小説に近い描写となっている。艦隊出兵式で初めて顔を見せ、その後、艦隊首脳部内で作戦会議を開いている。その際、彼は「三方向から包囲網を形成する。これは、ダゴン星域の決戦と同じ布陣である」と説明している。
 しかし、彼ら同盟軍の予想を裏切って急進してくる現実に、パストーレは虚を突かれた状態になり、思わずこう口走った。

「これはどういうことだ、敵はいったい何を考えている! なんたることだ、敵の指揮官は用兵を知らん、こんな戦い方があるか!?」

さらに幕僚から「どうなさいます?」と問われて、思わず逆切れして怒鳴り付ける始末であった。
 この時、彼の口から「三方向からの分進攻撃こそ、最善の策である。と言ったのは、貴官ら(幕僚達)ではないか!」と言っており、作戦提案元は幕僚チームのもようである。その彼らが対策案を講じていなかったことに、パストーレは腹を立てたのである(もっとも、指揮官としても対策を講じておくべきであったろうが)。
 救援要請を出すが、帝国艦隊の妨害電波により不能となる(原作では、この後にシャトルを出している)。呆然とするところへ、ファーレンハイトが突撃を仕掛け、第4艦隊先頭集団を短時間のうちに壊滅させられる。さらには、味方艦同士で誤射・轟沈を演じるなど、混乱ぶりを露呈した。
 その後もパストーレは後手後手の対応しかできないでいた。戦闘艇も発進前に攻撃を受けて迎撃できず、一方的な防戦に回る。そして戦闘開始から僅か4時間後、第4艦隊は組織的抵抗も出来なくなるほどの大損害を受けて惨敗を喫する。
 パストーレ自身は、旗艦レオニダスが被弾した際に外壁が破れ、そのまま宇宙に放り出されると言う悲惨な結末を迎え、戦死してしまっている。

OVA・劇場版共に、パエッタが言う程の戦いぶりを示すことが出来ずに、退場してしまった。

関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟 パエッタ

コメント