ピクシブ百科事典

オリビエ・ポプラン

おりびえぽぷらん

オリビエ・ポプランとは「イゼルロ-ンの諸星あたる」である。
目次[非表示]

概略

田中芳樹原作のSF小説「銀河英雄伝説」に登場するキャラクターで、作中登場する単座式戦闘艇(現実世界の戦闘機に相当)「スパルタニアン」のエースパイロットで、一騎討ちが主流とされた空戦で3機1体となった戦法を編み出し、帝国軍を苦しめる。自身は1機のみで敵機を250機以上を撃墜し、歴代撃墜王のベスト10に名を連ねている。

白兵戦にも長けており、イゼルローン攻略戦や地球教本部潜入作戦、ブリュンヒルト攻防戦でその実力を見せているが、本人は床に足をついた戦いに慣らされるのは不本意と零している。最終的階級は中佐だが、本人いわく実績だけなら将官クラスとしている。
誕生日は不明だが、ブリュンヒルト攻防戦で死ぬつもりだったらしく、「オリビエ・ポプラン、29歳、15月36日生まれ」と自称し、物語終了時点では30歳の誕生日を迎えたことが示唆されている。

作者いわく「殺そうと思ったが、最後まで生き残ってしまった」人物の一人である(もう一人はビッテンフェルト)。

女性関係

同僚のワルター・フォン・シェーンコップとともにヤン艦隊における漁色家の双璧とされ、女性関係は派手である。特定の恋人、婚約者等は存在しない。本人いわく理想の死に方は「帝国軍の12人の美人パイロットに囲まれて撃墜されること」(ただし帝国軍に女性パイロットは存在しない)。ヤン・ウェンリーユリアン・ミンツのスパルタニアンの師匠にポプランをつけ、格闘戦の師匠としてはワルター・フォン・シェーンコップをつけているが、ポプランはユリアンに「おまえさんは何でもできるが、戦略家としてはヤン・ウェンリーに及ばず、格闘戦ではワルタ―・フォン・シェーンコップに及ばず、空戦ではオリビエ・ポプランに及ばずでは器用貧乏の生きた見本になってしまう」と説き、そうならないよう釘を刺している。そのうえで「せめて女ではヤン・ウェンリーを上まわろうや」と余計なことを言い、ヤンもその点はけっして真似をしてほしくないと願っていた。

女性関係については不道徳的の極みを突き進んでいたが、意外にも未成年の少女の保護者からは信頼されていて、ポプランもそれらの少女に手を出す趣味はもっていなかった。少年兵はその行動やスカーフの結び方など服装を真似しており、それを見たアッテンボローは「平和な時代なら幼稚園の先生が似合う」と評していた。ちなみにキルヒアイスラインハルトに「(人の悪いところもほめて伸ばすことができるから)平和な時代ならいい先生になっていただろう」とからかい半分に評されたことがある。

なお「イゼルローンの諸星あたる」とはそんなポプランに対してつけられたファンのあだ名であり、原作の作者後書きでも紹介されている公式の通称である。

アニメ版の声優が誰であるかについては言うまでもないだろう(なお、銀英伝、うる星やつらともにアニメの制作はキティフィルムである)。ちなみに電撃攻撃鬼娘中の人はフェザーンの黒狐の愛人役で登場しているが、残念ながらポプランとの接点はない(ポプランの名づけた飛行隊の名称の一つに酒が由来の「ラム」というのが存在する)。

関連タグ

銀河英雄伝説 オリビエ ポプラン

pixivに投稿された作品 pixivで「オリビエ・ポプラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48776

コメント