ピクシブ百科事典

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト

ふりっつよーぜふびってんふぇると

田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」に登場する銀河帝国サイドの人物。Fritz Joseph Bittenfeld
目次[非表示]

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト

CV:野田圭一(OVA)、稲田徹(Die Neue These)

帝国暦458年2月29日生まれ。(3月3日生まれという説もある)
ローエングラム陣営の主要提督の一人で、黒一色に塗装された「黒色槍騎兵艦隊(シュワルツ・ランツェンレイター)」と呼ばれる宇宙艦隊を率いる「猛将」で、みずからも「猛将」と呼ばれることに強い誇りをもっている。乗艦は王虎(ケーニヒス・ティーゲル)。
「猛将」と言われている通り、彼の率いる艦隊の攻撃力と破壊力は「帝国の双璧」であるミッターマイヤーロイエンタール両元帥をも上回ると言われ、「帝国軍の呼吸する破壊衝動」とまで言われるほどであったが、その一方で、守勢に脆く、最初の突撃を持ち堪えられると後が続かないという弱点も併せ持つ。しかしその突撃を持ち堪えられる人物はそう多くはなく、後に反旗を翻したロイエンタールでさえその圧倒的破壊力に脅威を感じざるをえず、彼の猛攻を完全に減殺することはできなかった。

初期の頃からラインハルトの陣営で活躍しており、ラインハルトが初めて指揮した分艦隊の戦艦艦長として配属され、一隻で二隻の敵艦を沈める巧妙果敢な戦いぶりが彼の目に留まり、ラインハルトが元帥府を開くと幕僚に迎えられ同盟軍、はたまたは門閥貴族連合を相手に暴れ回った。
その攻撃力は凄まじく、ヤン艦隊のメルカッツ上級大将、フィッシャー中将を筆頭に同盟軍第8艦隊司令・アップルトン中将、第10艦隊司令・ウランフ中将、同盟軍総参謀長・チェン大将といった名将を戦死させ、数多く揚げられた戦果は同盟の滅亡に少なからず起因している

アッテンボローから「連年失敗続きにも関わらずその都度階級が上昇する奇跡の人」と形容されるように成功と失敗の落差が激しい所があり、その短気な性格がいらぬ失敗を招いてしまう事もしばしば。ただし完全な猪武者ではなく、ちゃんとした戦術・戦略を考える事が出来る男である。

OVA版ではコミカルで人間味のある描写が多く、彼の人気を後押ししている。

容姿

髪の色はオレンジ、筋骨隆々とした胴体の上にやや不釣合いな細面の顔をしており、ラインハルトの配下で最も武人らしい提督と言われている。OVA版でもこれらの要素が踏襲されており、頼もしくもどこか親しみのある外見となっている。
藤崎竜の漫画版では軍服を着崩した野性的なスタイルの男性として描かれており、時折袖を引きちぎってバンダナの如く額に巻いている。

能力

”ローエングラム王朝の武断的性質を体現した男”と称されるだけあって、とかく攻撃的な戦術を得意とする将である。迅速な機動力と火力を駆使した突撃戦法を得意としており、彼の指揮する黒色槍騎兵艦隊も「奇計や奸計を力でねじ伏せる」ような力業が得意である。
その反面、先述のように守勢に回ると途端にもろくなってしまうという弱点がついて回っており、この点をヤン・ウェンリーに突かれ一度ならず大敗を喫している。
なんともアンバランスで癖のある用兵家だが、その大胆にして剛毅な戦法は抜群の戦闘力を誇っているため、ラインハルトからも重宝された。裏を返せばラインハルト以外には扱えない人材であったとも言える。このように猪突猛進を得意とする猪武者のような印象を受ける(ビッテンフェルト本人もそう思っている節がある)が、意外にも補給や後方支援といった地味な役回りを大切にしている側面があった。ある時など戦線において自身の功績を誇らず、後方で負傷兵を命がけで救い続けた病院船を功績大と報告してラインハルトを驚かせた。

人柄

「粗にして野だが卑にあらず」をそのまま具現化したような性格をしており、「人を褒めるときは大きな声で、悪口を言うときにはより大きな声で」がモットーであり「家訓」でもあるらしい。
口が悪く短気な部分は否めないが、同時に素直で真心のある人物である。
オーベルシュタインに激高して掴みかかるくらいの激情家だが、その裏表のない人柄ゆえにどこか憎めない印象を人に与える。そのためか同僚や部下からも人気があり、先のヤンとの大敗でラインハルトから叱責を受けた際にはワーレンメックリンガー達に慰められ、軍務尚書・オーベルシュタイン元帥と口論した際に激憤して階級が上である彼につかみかかって謹慎処分を受けたときなどは、それを不満に黒色槍騎兵艦隊の一部が暴動を起こしたこともあった。

ビッテン突破

いけいけどんどんなビッテンフェルトが「突撃!!」をかます様子を現した造語である。
「ビッテン」+「一点突破」=「ビッテン突破」というわけである。

余談

作者の田中芳樹氏はあとがきにおいて、ポプランと同じく「殺すつもりだったのに最後まで生き残ってしまった」人物だったと明かした。平和な世ではさぞ身を持て余すことだろうと、氏は彼らのその後を案じる(?)コメントを残している。
また、本編には登場していない姉に小さいころから頭が上がらないという設定が読者から寄せられており、作者の田中芳樹氏にも苦笑まじりにその存在が公認されている。

関連タグ

銀河英雄伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23990

コメント