ピクシブ百科事典

エルネスト・メックリンガー

えるねすとめっくりんがー

エルネスト・メックリンガーは「銀河英雄伝説」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:戸谷公次(劇場版『わが征くは星の大海』)、 土師孝也(OVA版)、大場真人(Die Neue These)

概要

ゴールデンバウム朝(後にローエングラム朝)銀河帝国の軍人。芸術家提督として有名。
第4次ティアマト会戦ではラインハルト艦隊の参謀長を務めている(当時の階級は准将)。
ローエングラム元帥府に中将の階級を持つ艦隊司令の一人として参加。
貴族連合軍との戦いで武功を立て大将に昇進、ローエングラム王朝成立後には上級大将に昇進し、帝国軍の最高幹部の一人となる。
座乗艦はクヴァシル
皇帝・ラインハルト崩御後、獅子の泉の七元帥の一人として元帥に昇進する。

「食べるために軍人になった」という点では自由惑星同盟ヤン・ウェンリー元帥とまったく同じだが、ヤンが「趣味は昼寝すること」と言っているのに対し、芸術家を志向していた彼は散文詩人、ピアニスト、水彩画家としても一流と評価されている。
芸術家としても一流と評価されている現在、皇帝・ラインハルトという「比類なき生きている芸術」に仕えることに喜びを感じ、軍人をやめるつもりはないと語っている。
これらの芸術志向を持つため、アンネローゼの宮廷内での友人、ヴェストパーレ男爵夫人とも懇意である。そして後に男爵夫人を通じてラインハルトと知り合い、元帥府に招かれる事となる。

人柄

常に理性的・紳士的で、周囲には沈着な印象を与えるが、粗野な言行の目立つビッテンフェルトに対してしばしば苦言を呈することもあり、ロイエンタールの反乱の終盤には元凶の1人でロイエンタールを裏切ったグリルパルツァーを痛烈に糾弾している。また、以前から時々原因不明の体調不良を見せていたラインハルトが、戦闘中に限界を来して昏倒したとき、それまで度重なる検査にも関わらずラインハルトの病名を特定できていなかった軍医の胸倉をつかみ上げ「もはや原因不明では済まされない」と鬼のような形相で激昂したこともある。

能力

軍人としては戦術・戦略のいずれにも卓抜した手腕を有し、一軍を率いる指揮官としてだけでなく統合作戦本部総長・ロイエンタール元帥が死去し、一個艦隊に勝る智謀と評される皇帝秘書官・ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフが結婚・妊娠のため軍を退役した後、幕僚総監を務めるなど参謀としての評価も高い。
また軍政家としても憲兵総監兼帝都防衛司令官・ケスラー上級大将とともにオーベルシュタイン元帥の代わりの軍務尚書として宇宙艦隊司令長官・ミッターマイヤー元帥に推薦されるなど一定の評価を受けているようである。

ラインハルト崩御後のことは不明だが、皇帝・ラインハルトの生涯を客観的な目をもって記録・観察し史料として書き残したことで、後世の歴史家に多大な影響を与えたとされている。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「エルネスト・メックリンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38065

コメント