ピクシブ百科事典

アルフレット・グリルパルツァー

あるふれっとぐりるぱるつぁー

田中芳樹原作の小説・「銀河英雄伝説」の登場人物。

概要

CV:嶋崎伸夫(初代)/咲野俊介(二代目)

銀河帝国ローエングラム朝の軍人で階級は大将。

帝国軍の指揮官としては若手でブルーノ・フォン・クナップシュタインと共に次代の「双璧」と期待され、軍人としての才能はもとより、学術面においては地理学に秀でて帝国地理博物学協会の一員となっている文武両道の俊英で「探検家提督」とも呼ばれた。

当初はヘルムート・レンネンカンプの幕僚で、レンネンカンプの死後はクナップシュタインと共に新領土総督となったオスカー・フォン・ロイエンタール麾下に属して艦隊を率いた。

しかし、皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラムが襲撃されたウルヴァシー事件が勃発した際、ロイエンタールが疑われる中で調査を行い地球教の関与の証拠を得るも、それを敢えてロイエンタールに報告せず、クナップシュタインを誘ってロイエンタールの反乱に同調するという行動にでる。

それは土壇場でロイエンタールを裏切り、帝国軍に寝返る事によって勝利に貢献して多大な戦功を得ようとする野心からの行動であったが、戦闘においては前線で帝国軍と相対した為に寝返る好機は得られず、ロイエンタールを裏切ることに後ろめたさとためらいがあったクナップシュタインは戦死、勝負が決した終盤に寝返るも両軍の猛攻にさらされることとなり多大な損害を受けることとなった。

ウルヴァシー事件の真相を隠蔽した行動や、ラインハルトとロイエンタールに対する二重の裏切り行為はエルネスト・メックリンガーやラインハルトの怒りを招くこととなり、戦死したクナップシュタインが大将の位を剝奪されなかったにもかかわらず、彼は大将の位を剥奪され自決を命じられるという悲惨な末路を遂げた。

もともと視野の広い戦略家タイプの将帥として将来を嘱望され、ウォルフガング・ミッターマイヤーバイエルラインに「グリルパルツァーの視野の広さを見習うように」と諭し、同じ評価していたメックリンガーも一連の行動によって彼が将来を失ったことを惜しんでいる。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「アルフレット・グリルパルツァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3173

コメント