ピクシブ百科事典

アンネローゼ・フォン・グリューネワルト

あんねろーぜふぉんぐりゅーねわると

田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:潘恵子

ラインハルト・フォン・ローエングラムの5歳上のと同じ金髪碧眼美しい女性で、早逝したの代わりに貴族とは名ばかりのミューゼル家を切り盛りしていた。
しかし、銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ4世の命で「清純な野の花」を探していた役人の目に留まり、15歳の若さで寵姫公妾)として後宮に入りグリューネワルト伯爵夫人となる。この一件は、弟・ラインハルトとその親友であるジークフリード・キルヒアイスに帝位簒奪を決意させた。
皇帝の寵愛を受けても慎ましい性質は損なわれず、政治にも口を挟まなかったが、弟とキルヒアイスが軍人の道に進んだ後は、二人が共にいられるように取り計らっていた。

一度も身籠らなかったのは、他の側室を幾人も出産で亡くしてしまったことから、彼女まで喪うことを恐れたフリードリヒ4世の意向とされる。
またキルヒアイスの成長を見守るうち、彼への眼差しが「弟の親友」を越えたものに変わっていった節があったが、真相は有耶無耶なままである。

皇帝崩御の後、側室から開放されたが、ローエングラム王朝が立ってからは、帝位に就いた弟の側を離れ、首都惑星「オーディン」の山奥で従卒の少年と余生を過ごしている。

関連イラスト

銀河幼年期



表記揺れ

アンネローゼ アンネローゼ・フォン・ミューゼル

関連タグ

田中芳樹 銀河英雄伝説
ラインハルト・フォン・ローエングラム ジークフリード・キルヒアイス アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ

金髪ロング   / 愛妾 / 寵姫 傾国の美女

コメント