ピクシブ百科事典

オフレッサー

おふれっさー

オフレッサーとは『銀河英雄伝説』に登場する銀河帝国軍将校である。
目次[非表示]

「罠だ!これは罠なんだ!!」
声:郷里大輔(石黒版) 小山剛志(Die Neue These)

概要

銀河帝国に所属する下級貴族出身の軍人で階級上級大将
装甲擲弾兵総監を務める豪壮な男である。
俗に門閥貴族に属し、ラインハルト陣営とは敵対する派閥にある。
皇帝没後のリップシュタット戦役で憤死した。

戦闘力は作中最強だが、度を越した残虐性を有するという特徴は、作者が同じ『マヴァール年代記』のドラゴシュに通じるものがある。
下級貴族出身の成り上がり者で、この点ではラインハルトにも通じるのだが外伝で「現体制下で様々な不条理に耐えてようやく出世した人物にとっては、門閥貴族よりむしろ現体制の破壊者であるラインハルトの方を憎悪することになるのではないか」と説明されている。

作中の活躍

驚異の戦闘力

2メートルの身長を誇り、類稀なる白兵戦能力を誇る武人。
他の兵士より大きな専用の斧を振り回し、薬物を使用しているとはいえ、擲弾装甲服を着たまま3時間以上戦闘し続けるなど異常な戦闘力を見せる。

その白兵戦能力は、帝国軍はおろか作中随一であり各々、白兵戦の名手とされたラインハルトキルヒアイスに勝てるかどうかと尋ねたところ「自信がない」と答えた。
またロイエンタールミッターマイヤーに「オフレッサーと一対一で出会ったらどうする?」と問いかけた際には「すっ飛んで逃げる」と返された。
さらにかつては同盟最強のシェーンコップも敵わぬ相手であったリューネブルクもオフレッサー相手に気圧されており、三段論法を用いるならば、白兵戦においては作中最強としても差し支えないであろう。

擲弾装甲兵は、戦闘服を着ているため、1時間ほどしか戦えないが彼は、薬物を使用している。
自分だけでなく配下の兵士の疲労を誤魔化すために薬物を使用させる(藤崎竜版では「サイオキシン麻薬」と明言されているが、逆に石黒監督版では薬物の使用を示唆する描写そのものがカットされている)など、およそ人情と呼べるモノが見当たらず、軍人としての倫理観も欠落していることがうかがえる。

概して白兵戦以外取り柄が無く、上級大将という地位に求められるであろう戦術眼や作戦立案能力もお粗末なものであった。

性格

性格は、まさに狂暴であり、地位に見合った人格をしているとはとても言えない。
白兵戦で直接流した血の量によって出世したと揶揄されるほどに好戦的、かつ残虐な戦い方を好む野蛮人である。
このために戦士として華々しい戦果を挙げているのだが、畏敬を通り越して嫌悪感を人に感じさせるためか、悪評のほうが名高い。

帝国の敵陣営である自由惑星同盟からは「ミンチメーカー」と呼ばれた。
帝国軍のロイエンタール曰く「野蛮人・人を殴り殺すために生まれてきたような男」、またラインハルトは「オフレッサーは勇者だ。ただし石器時代のな(この台詞をもじってファンの通称は『石器時代の勇者』)」と酷評している。
同じ帝国の門閥貴族派のミュッケンベルガー元帥にも階級が上でありながら直截な皮肉、批判を飛ばしており、好戦的でならしている。
リューネブルクが妻と一緒に挨拶に自宅を訪れた際は、「俺は金髪の儒子も嫌いだが卿も嫌いだ」と一喝して自分を利用しようと考えたリューネブルクを一蹴してみせた。

リップシュタット戦役

物語には、初期から登場しているもののラインハルトとは同じ帝国軍であるため、直接争うことはなく、また同盟軍との戦いにも参戦することがなかったため長らく活躍することはなかった。
(この面だけ見れば、凶暴だが殺戮を好んでいる戦闘狂という訳でもないらしい。)

帝国歴487年(宇宙歴796年)。
銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ4世が死亡する。
これによってブラウンシュヴァイク公を盟主とする門閥貴族連合と新皇帝を擁立した宇宙艦隊司令長官ラインハルト、帝国宰相リヒテンラーデ公が争う内乱に突入した。
この時、門閥貴族連合に参加した帝国貴族がリップシュタットの盟約を結んだことからリップシュタット戦役と呼ぶ。

オフレッサーは、この内乱で門閥貴族側のレンテンベルク要塞の守備を任された。
ラインハルトがレンテンベルク要塞制圧に赴いた際、パウル・フォン・オーベルシュタインは要塞動力炉を制圧する作戦を立案した。
対するオフレッサーは、その最重要通路となる第6通路に自ら装甲服を着て立ちはだかった。

その戦闘力は凄まじく、攻略を任されたロイエンタール、ミッターマイヤー両提督が送り出す陸戦隊を8回も撃退する活躍を見せる。
その上、ラインハルトの姉アンネローゼ・フォン・グリューネワルトを侮辱する通信をラインハルトに送り付け、彼の激しい怒りを買った。
これほどの状況下にも拘らず、オーベルシュタインは、「オフレッサーを利用できる」とラインハルトに提案したため、ロイエンタール、ミッターマイヤーは、生け捕りを命じられる。

9回目の攻撃、埒を開けるために自ら乗り込んだロイエンタール、ミッターマイヤー両名を前にしてオフレッサーは、自ら二人目掛けて突進して切りかかるも仕掛けられた落とし穴に引っ掛かり、あえなく捕縛される。
こうして要塞は制圧されるも、その被害は少なからず「要塞は陥落した、血で紅く塗装されて」と形容された。

その後、オーベルシュタインの謀略に従ってオフレッサーは生かしたまま釈放され、門閥貴族の本拠地であるガイエスブルグ要塞へ送り返される。
そこで他の主だった将兵は処刑されているのに無事に戻ったオフレッサーは敵に通じているのではないか、と盟主ブラウンシュヴァイク公に疑われ、弁明の際に手が出てしまい、処刑を命ぜられる。
なおも周りの兵士をなぎ倒してブラウンシュヴァイク公に詰め寄ろうとするが、立ち塞がったブラウンシュヴァイクの側近アンスバッハに隙を突かれて射殺される。
確かな証拠のないまま裏切りの罪で処刑されたオフレッサーの死は、門閥貴族連合に不穏な空気をもたらした。

関連タグ

銀河英雄伝説 脳筋 無双

関連記事

親記事

銀河帝国(銀河英雄伝説) ぎんがていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オフレッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31077

コメント