ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ラインハルトさま・・・宇宙を、お手に入れ下さい・・・。」


概要

cv:広中雅志子安武人(劇場版「黄金の翼」)、梅原裕一郎(Die Neue These)

ジークフリード・キルヒアイス(Siegfried Kircheis)とは、小説『銀河英雄伝説』の登場人物である。pixivではフルネームよりも『キルヒアイス』というタグが使用されていることが多い。

ルビーを溶かしたような赤毛とサーベルのような均整の取れた190cmの長身が特徴の好青年
10歳の時にラインハルトとその姉アンネローゼに出会い、のち彼女を奪われたラインハルトの決意に共感し忠誠を誓う。ラインハルトの無二の親友かつ殆どの思考や時間を共有する「半身」的存在であり、彼に諫言できる唯一の存在でもあった。性格はラインハルトと好対照で、温和で人当たりが良く、敵が多く突っ走り気味のラインハルトを常に傍らでフォローした。人格だけでなく戦闘能力、軍事的指揮力にも大変優れている。
アンネローゼに一途な想いを寄せており、「弟をお願い」という彼女の望みを生涯に渡って聞き届けた。
しかしリップシュタット戦役終結後の捕虜謁見で起こった事件により、ラインハルトを庇いアンスバッハ准将の手で命を落とす。
主要人物であるが物語序盤で命を落としてしまうため、彼の死に対しては「早すぎた」との論議が再三起こり、原作者・田中芳樹氏も「早く死なせすぎた」と後悔の言葉を述べている。
彼の死後は、ラインハルトを始めとする銀河帝国の主要人物のみならず、敵側であるヤン・ウェンリーさえも「あのジークフリード・キルヒアイスが生きていたら・・・」と決まり文句のように口にする。
本編第一期(OVA版1~26話)、外伝シリーズ、劇場作で彼の活躍を観る事ができる。
乗艦はバルバロッサ

人格

ラインハルト曰く「ゴミ溜めの中にも美点を見出す」タイプの人物で、温厚で公明正大な人格者であり、皮肉交じりにラインハルトから「優秀な教師になっただろう」と言われている。
帝国外の人物からも好感を寄せられており、ヤン・ウェンリーはキルヒアイスの訃報に触れた際、「古くからの友人を亡くしたような感覚に襲われた」と語っている。
また、キルヒアイスの人柄に触れたボリス・コーネフは「いい人間は長生きしない」とキルヒアイスの早逝を予見するような発言を残している。
誰に対しても礼儀正しく接する温和な人間であるが、オーベルシュタインにだけは初対面の時から警戒心を抱いており、ラインハルトが彼を登用することを決めた際には不快感を示していた。キルヒアイスとは正反対の方法でラインハルトの覇業を支えるオーベルシュタインの存在は、やがてオーベルシュタインの言を重用するようになっていくラインハルトとキルヒアイスの仲にすれ違いを生じさせ、取り返しのつかない破局へと繋がっていくことになる。
また、いつもは怒るラインハルトを諌める役割を担う事が多いキルヒアイスであるが、想いを寄せているアンネローゼに対する悪口に対してはラインハルトの怒りに同調する場面もあることから、本来、持ちあわせていたとされる激情的な性格は短気なラインハルトをフォローするため、後天的に培われたものであると作中でほのめかされている。
アンネローゼを奪った皇帝フリードリヒ4世に対する憎しみも強いようで、皇帝が病死した際に「あの男には勿体ない。あと数年長生きすれば犯した罪に相応しい死に様を与えてやったものを」と吐露するラインハルトの言葉に静かに頷く様子も見せた。

能力

キルヒアイスは能力的にも非常に恵まれており、艦隊運用、白兵戦能力、射撃技術等あらゆる面で高い技能を有しているだけでなく、政治面・軍政面でもラインハルトの代理人となることを期待されていた。
艦隊戦においてはカストロプ動乱においてマリーンドルフ伯爵領を攻略中のマクシミリアン・フォン・カストロプ公爵軍に本国を直接叩く動きを見せて彼を後退させたばかりか、後退する彼の艦隊をそのまま追撃する形で無防備な後背から襲い掛かり鮮やかな勝利を得、アムリッツァ会戦では原作では同盟軍第7艦隊を撃破、石黒版アニメではそれを降伏させ、盟友・ラインハルトさえ一敗地にまみれたヤン・ウェンリーにも取り逃がしたものの決定的な敗北を味わわされておらず、リップシュタット戦役では5万にのぼるウィリアム・フォン・リッテンハイム侯爵の大軍と戦い、自らは800隻の小艦隊を率いて麾下のコルネリアス・ルッツアウグスト・ザムエル・ワーレンが相手と交戦を始めた絶妙なタイミングでの側面攻撃をかけ、リッテンハイム軍を大敗させるなど物語上では事実上不敗であった。

ただし、ヤン艦隊との戦いで優位だったのはキルヒアイスがラインハルトから特別に他の艦隊を麾下に加えられたのか(石黒版アニメではルッツとワーレンの艦隊が合流した模様)4倍の戦力差があり、ヤン艦隊は焦土作戦の影響や直前にケンプ艦隊との連戦で疲労していたこと、そもそも彼や他の提督達がアンドリュー・フォーク准将という腐敗した門閥貴族と同レベルな誇大妄想に浸った一人の無能軍人の無謀で幼稚な作戦に付き合わされた挙句に利敵行為で足を引っ張られて普通に考えたらまともに戦えない最悪の状況下にあったという事情もある。
Die Neue Theseでは第七艦隊を降伏させずに9割を壊滅させ事実上無力化に成功したものの放置した結果、苦戦するヤン艦隊の撤退を玉砕戦法の奇襲で援護されて取り逃がし、唯一とも言える苦杯を飲まされている。石黒版OVAでも下手をすれば第七艦隊が降伏を翻し玉砕覚悟でヤン艦隊を援護する可能性もあったし(この場合、無血で降伏させているので1個艦隊で奇襲されれば新アニメ版以上の損害を受けていたとも取れるが、第7艦隊は無傷で降伏したとも限らず、更に補給状態も悪かった事からどこまで抵抗出来たかは疑問であり、また降伏を翻す事は彼我の条約に抵触するであろうし、キルヒアイスも降伏を受けいれて、武装解除も、監視の艦隊を残す事もせずにそのまま野放しにする筈もなく、この場合はキルヒアイスの降伏受け入れの手際の良さが光るともいえる)、そもそも原作でも4倍の兵力差でヤン艦隊を取り逃し、これが後にアムリッツアでラインハルトが同盟軍全艦隊を一挙に包囲殲滅する事が出来なかった遠因となる事を考えれば決して完全無欠という訳ではない。
ヤンのことは個人的に「友に出来ればこれに勝るものは無いが、敵としてこれほど恐ろしい相手を知らない」と評しているため、万全の状態で本気になったヤン艦隊と互角の戦力でぶつかれば他の諸提督やラインハルトのように惨敗とまではいかずとも、ヤンの知略や奇策でかなりの苦戦を強いられていたかもしれない。

後のリップシュタット戦役におけるリッテンハイム侯との艦隊戦も800隻という寡勢で撃破した事が捉えられがちであるが、リッテンハイムが軍事の素人でまともな指揮などできない相手であったため、きついことを言ってしまうなら、そのような奇策をとらず平押しでもルッツ、ワーレンといった名将を擁したキルヒアイスなら勝てて当たり前というような戦いであり、能力に相応しい強敵との戦いに恵まれなかったと言える。

リップシュタット戦役では帝国領の平定を一任され、辺境に至るまでの帝国領のほぼ全域を平らげ巨大過ぎる武勲を立てた。キルヒアイスの行動によりラインハルトは門閥貴族連合軍の本拠地を攻略するのに専念でき、漫画版では「ローエングラム侯が2か所に同時に存在しているようなもの」と表現された。
格闘能力は同盟最強のワルター・フォン・シェーンコップ相手に息を切らせながらだが張り合える程の実力を持つ。ただしシェーンコップは事前に戦闘していたにも関わらず、キルヒアイスとの攻防で一切を息を乱しておらず相応に差がある。
射撃の腕も幼年学校在籍時代に金メダルを獲得するほどの腕前。ラインハルトの御前で唯一ブラスターの携行を許されたのは、その射撃の腕を信頼されていたのも一つの要因である(しかしラインハルト暗殺未遂の際にはブラスターの所持が認められなくなっており、結果としてこれが彼の死に繋がってしまう)。
ラインハルトが即位し新帝国となった際には、キルヒアイスの名を冠した「ジークフリード・キルヒアイス武勲賞」が設けられた(劇中最初の受賞者はミュラー)。
ラインハルトにとっては人事面での良きアドバイザーであり、ラインハルトと他提督達との橋渡しをつとめていた。(同時に二箇所にラインハルトがいると言われることもある。)そのため彼の死はラインハルト陣営にとって大きな痛手となった。ラインハルトは彼が担っていた分野の仕事まで引き継がなくてはならなくなり、必然的に軍事・人事面でミスが目立つようになってしまった。

外伝での本音

 常に真面目で礼儀正しく、温和なキルヒアイスである。しかし、OVA外伝の『決闘者』では本編では聞けない様な、少し変わった心中の本音が聞ける。アンネローゼの友人であるシャフハウゼンが、ヘルクスハイマー伯爵からの因縁を付けられて決闘沙汰に持ち込まれた時の話である。
 姉の友人を助けるためにラインハルトが決闘の代理人として申し出た。しかし友人を助けたいが弟を危ない事に巻き込みたくない、というアンネローゼの複雑な心境を察したキルヒアイスが「ここは私が・・・」と代わりに出ることを提案するが・・・。

ラインハルト「くどいぞキルヒアイス。たまには俺に譲れ」
キルヒアイス(”たまには”って・・・・・・いつも良い所持っていくじゃないですか)

と不満を漏らしたり・・・。アンネローゼの友人ヴェストパーレ男爵夫人からも・・・。

ヴェストパーレ「大丈夫よ”ジーク”」
キルヒアイス(”ジーク”って呼んでいいのはアンネローゼ様だけなんだが)

等と、本編では聞けない様な声優演技ぶりと台詞であった。

構成上の逸話

上記のように早すぎる死はファンからも問題視されることがあり、徳間書店版の本編完結前後には『銀河英雄伝説は「二巻(キルヒアイスの死)」で終わり』とまで言う熱狂的なファンもいた。
だが、普段は他人のせいにしない田中芳樹が一度だけ
「銀河英雄伝説はもっと早く終わらせる予定だったが、二巻発売後に編集部から全十巻まで伸ばして欲しいと言われ、慌てて全体を再構成することになった」
と言う趣旨の事を述べたことがある。当初の予定が半分以下の長さの作品だったとすればキルヒアイスの死は早すぎるとは言えず、大人の事情のために早すぎる死と言う評価を受けることになったキャラクターであるのかもしれない。

関連イラスト

無題
キルヒアイス@TAKARAZUKA


夢
キルヒアイス



表記揺れ

キルヒアイス ジークフリード ジーク

関連タグ

田中芳樹 銀河英雄伝説
ラインハルト・フォン・ローエングラム アンネローゼ・フォン・グリューネワルト 
ウォルフガング・ミッターマイヤー オスカー・フォン・ロイエンタール ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン
パウル・フォン・オーベルシュタイン バルバロッサ  

赤髪 幼馴染

関連記事

親記事

銀河帝国(銀河英雄伝説) ぎんがていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジークフリード・キルヒアイス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジークフリード・キルヒアイス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285403

コメント