ピクシブ百科事典

コルネリアス・ルッツ

こるねりあするっつ

コルネリアス・ルッツ(Cornelius Lutz)とは、小説『銀河英雄伝説』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:堀勝之祐(OVA)、野島裕史(Die Neue These)

田中芳樹による小説銀河英雄伝説』の登場人物。
ローエングラム陣営の主要提督の一人。ラインハルトが元帥府を開設した当初より従う古参の提督である。乗艦はスキールニル

有能な艦隊司令官であり、射撃の名手。
性格は温和で、僚友からの信頼も厚い。また、正直者で興奮するとの色が藤色の彩りを帯びることから、ビッテンフェルトに「ポーカーするときにサングラスが必要な男」と評された。

ローエングラム元帥府の面々の中でも最初期にラインハルトと面識を得た人物の一人である。
まだラインハルトが大尉であった頃、貴族の利権争いの代理として決闘に臨むことになった。決闘で用いられる火薬式の短銃の反動に苦戦し、苛立ちを募らせるが、珍しい銃声を聞きつけた当時少佐であったルッツが手本を見せ、射撃の手解きとコツを授ける。
初めて臨んだ決闘であり、相手は仕組まれた暗殺者であったが、ルッツが教えたコツにより致命傷となるべきところを防ぎつつ勝利することができ、ラインハルトから面識と高い評価を受ける。

元帥府に列されてからは中将として1個艦隊を率い、アムリッツァ前哨戦ではヤンビュコックからも高い評価を得ていたボロディン提督の第12艦隊を壊滅させる戦果を挙げる。
またリップシュタット戦役の頃はキルヒアイスの下でワーレンと共に活躍していたことも多く。間接的にキルヒアイスを死に追いやったオーベルシュタインを激しく嫌い、ワーレンとは個人的に付き合う仲となる。

帝国内にローエングラム体制が確立すると大将に昇進。ラグナロック作戦ではレンネンカンプロイエンタール提督らと共にイゼルローン要塞攻略作戦(第9次イゼルローン攻防戦)に参加。癖の強い両提督の折衝役もこなしつつ、ヤン艦隊出撃に合わせて要塞に肉薄し要塞砲を無効化するなど巧みな艦隊運用を以て要塞攻撃を行い。要塞奪還後は防衛を任されるが、ヤンの要塞再奪取作戦に敗れ、要塞を失うと前線を離れてフェザーン警備司令官に事実上の左遷として配属させられる。
フェザーンではルッツ赴任とワーレン出征の歓送迎会で爆弾テロに遭い、負傷するなど災難が続くが、この時の負傷入院がきっかけで後の婚約者となる看護師クララと出会う。また、共に爆弾テロで負傷した代理総督ニコラス・ボルテックをテロの共犯として逮捕したラングを不審に思い、信頼の置ける同僚のケスラーに調査を依頼する。

ローエングラム王朝発足と共に上級大将へ昇進。首都がフェザーンに移ると職務は帝都防衛司令官たるケスラーの所管に移ることになり、暇を持て余していた所に理由をかこつけてラインハルトの新領土行幸の随員として参加。道中の惑星ウルヴァシーで発生した反乱(ウルヴァシー事件)に巻き込まれるとラインハルトを逃がすため単身殿を引き受ける。その射撃技術で多数の敵兵を撃ち倒してブリュンヒルトの離陸まで時間を稼ぐが、直後に致命傷を受け戦死する。
後に彼の訃報を受けたラインハルトは、『生還を約束しながら戦死した「罰」』として彼に元帥号を賜っている。

彼の死が不穏の疑惑を持たされていたロイエンタールを追い詰め、謀叛の最終的な引き金となった。
そして彼が生前ケスラーに依頼した調査依頼がラング逮捕の決定的証拠となる。
また、婚約者のクララは遺族年金の受け取りを謝絶したため、その年金を元にした従軍看護婦育成基金「ルッツ基金」が設立され、その名を残す。

公式ガイドブック「ロマンアルバム」中の設定解説において、アニメ版外見モデルハリソン・フォードと書かれている。

別名・表記揺れ

コルネリアス ルッツ

関連タグ

田中芳樹 銀河英雄伝説

ラインハルト・フォン・ローエングラム
ジークフリード・キルヒアイス
アウグスト・ザムエル・ワーレン

pixivに投稿された作品 pixivで「コルネリアス・ルッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10134

コメント