ピクシブ百科事典

フォルカー・アクセル・フォン・ビューロー

ふぉるかーあくせるふぉんびゅーろー

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の登場人物。

概要

CV:村山明
田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の帝国側登場人物。

帝国軍宇宙艦隊副司令長官となったジークフリード・キルヒアイスの幕僚として、ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン、ジンツァー、ドロイゼンらと登場、キルヒアイスのもと同盟との捕虜交換に同行している。
OVAでは若すぎる上司のもとに配属されたことに不満をもち、ヤケ酒を飲む親友・ベルゲングリューンをなだめている。

幕僚たちは、その後、キルヒアイスのおだやかな性格と戦略家としての資質に心酔するようになっていったが、参謀長・オーベルシュタイン中将の献策によってキルヒアイスは武器を持つ特権を失い、それがためにアンスバッハ准将の手によって射殺、親友・ベルゲングリューンはオスカー・フォン・ロイエンタールのもとに、ビューローとドロイゼンはウォルフガング・ミッターマイヤーのもとに転属となった。

新手国暦1年、ラインハルトの登局後、ロイエンタールとミッターマイヤーは元帥に昇進し、それぞれ統帥本部総長と宇宙艦隊司令長官に任じられる。ベルゲングリューンとビューローも大将に昇進するが、艦隊を率いることは少なく、事実上の副官としてそれぞれの上司の旗艦に同乗することが多くなっていく。

新帝国歴2年、統帥本部総長を解任されたロイエンタールは旧同盟の総督に任じられたが、内国安全保障局長・ハイドリッヒ・ラングの策略によって反逆に追い込まれる。
旧同盟領を行幸していた皇帝・ラインハルトは惑星・ウルヴァシーでロイエンタール(のあずかり知らぬところの)麾下の部隊に襲われ、コルネリアス・ルッツ上級大将に犠牲により、辛くも帝都・フェザーンに逃亡、ミッターマイヤーにロイエンタール討伐を命じた。
激戦の末、ロイエンタールはアルフレット・グリルパルツァー大将の裏切りにあい敗北、負傷をおして惑星・ハイネセンに撤退後死亡した。
このとき、ロイエンタールに従っていたベルゲングリューンは「次に罰せられるのはミッターマイヤー元帥ですか」と痛烈に批判、ビューローの説得を拒否して自殺した。

新帝国歴3年、惑星ハイネセンに行幸していた皇帝・ラインハルトが滞在するなか、フェザーン前自治領主・アドリアン・ルビンスキーによる爆弾テロ事件が起きる(ルビンスキーの火祭り)。
事態の鎮定後、帝都・フェザーンに帰る皇帝一行に代わって惑星ハイネセンの治安維持をまかされる。このことからも政治家としても安定した能力をもつものと思われる。

関連タグ

銀河英雄伝説 ウォルフガング・ミッターマイヤー ジークフリード・キルヒアイス

pixivに投稿された作品 pixivで「フォルカー・アクセル・フォン・ビューロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43

コメント