ピクシブ百科事典

フリードリヒ4世

ふりーどりひよんせい

SF小説『銀河英雄伝説』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:阪脩

第36代皇帝。先帝オトフリート5世の次男で兄リヒャルトに次ぐ帝位継承権を有するが、周囲には無能な上に放蕩者だと蔑視されており、先帝から勘当寸前であったことから、誰からも皇帝になることはまずないと思われ、欠片も期待されていなかった。しかし、有能な皇太子たる長兄リヒャルトと弟クレメンツが帝位を巡る争いの挙げ句に潰し合って共倒れした結果、文字通り「棚から牡丹餅」により29歳で即位。
その後も政治に関してはブラウンシュバイクら門閥貴族に任せきりで、良くも悪くも権力には無関心。悪政を敷いたわけではないが、名君とは間違っても言えない人物である。

趣味は造園と美少女集め。ラインハルトの姉、アンネローゼがその眼鏡に適っ(てしまっ)たことから物語は始まる。
言ってしまえば全ての元凶。彼がアンネローゼを囲わなければ、ラインハルトは軍人を志すこともなく、ゴールデンバウム王朝はもっと安らかな終焉に向かっていたかもしれない。
ただし、本人に悪意があったわけではなく、彼自身は徹底した趣味人に過ぎない。
また、ラインハルトからは「自らの手で倒すべき怨敵」として認知されているが、フリードリヒの方はラインハルトをさほど嫌っておらず、むしろ好ましい印象を抱いていた節もある(積極的にサポートしていたわけではないが、その出世街道を阻もうとしたことは一度もなく、姉との面会も度々許している)。
アムリッツァ会戦終結後、急性心疾患により病没。ラインハルトは自身の手で裁きを下す前に彼がこの世を去ったことに憤った。

能力

一般的には「凡君」という評価が多い。良くも悪くも政治を自分の思う方向に持って行こうという気は皆無。
ただし、政治に携わる気はまるでないが、政治眼が皆無だったかというとそうでもない節がある。
ゴールデンバウム王朝が500年の間に歪みと矛盾を抱えていることをその権力の中枢にいながら察しており、ラインハルトがそれを一掃しようとしていることについても理解していた感はある。
しかし理解はしていてもラインハルトを排除するでも応援するでもなく、事態が移り変わるのをただひたすら静観(あるいは傍観)し続け、自身はバラと美少女の世話以外に一切関心を払うことはなかった。

もっとも、彼が門閥貴族の意向に反した行動を取ろうとしたところで潰されるのがオチであり、その反発を跳ねのけるだけの行動力があったとも思えない。その意味では自身の限界をよく理解していたともいえる。
自然死に至るまで誰からも関心を払われずひたすら趣味に没頭できたのも、その態度が原因であったことは疑うべくもない。
ラインハルトから憎悪されながら、最後の瞬間まで自分が望むことだけをやり続けた、ある意味では作中における一番の「勝者」ともいえるかもしれない。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「フリードリヒ4世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604

コメント