ピクシブ百科事典

シュザンナ・フォン・ベーネミュンデ

しゅざんなふぉんべーねみゅんで

SF小説『銀河英雄伝説』の登場人物。

CV:藤田淑子

概要

または「ベーネミュンデ侯爵夫人」。元子爵家の娘。フリードリヒ4世の愛人。

アンネローゼが後宮に入る以前は皇帝の寵愛を独占しており、それを奪い去ったと思い込んで下級貴族の出であるアンネローゼと弟のラインハルトを憎悪している。

アンネローゼを排除すれば皇帝の寵愛を取り戻せると思い込み、様々な工作を仕掛けるが、そのことごとくに失敗。
最終的には協力者であったはずのフレーゲル男爵から切り捨てられ(フレーゲルが関与したのはOVA版のみ)、企みが皇帝に露見。服毒自殺という体(公式には病死)で処刑された。

原作では時系列的には本伝冒頭のアスターテ星域会戦の前に起きた事件で、本伝ではなく外伝に収録されていたが、OVA版では原作では同時期に進行したクロプシュトック事件と共にアスターテ会戦の後に起きたことになっており、どちらもOVA版第一期で放映された。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「シュザンナ・フォン・ベーネミュンデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 444

コメント