ピクシブ百科事典

フレーゲル

ふれーげる

SF小説『銀河英雄伝説』の登場人物。

概要

CV:二又一成

ブラウンシュヴァイク公の甥で男爵。
ファーストネームが不詳のため、多くの場合フレーゲル男爵と爵位込みで表記される。
二次創作ではファーストネームをヨアヒムとするものが多い。
ゴールデンバウム王朝銀河帝国軍での階級はリップシュタット戦役の時点で少将オフレッサーと共にラインハルトを目の敵にしている最強硬派の1人。

戦場に自ら出るなど、臆病ではなかったが、門閥貴族以外との協調性がまるでなく(ただし、命の危険がある状況では側近のレオポルド・シューマッハの進言に耳を傾けもしている)、またリップシュタット連合軍の司令官のウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツの命令に背き無断出撃するなど、身勝手な行動が目立ち、最後は滅びの美学を主張してシューマッハに愛想を尽かされ、平民の部下たちから射殺されるという結末を迎えた。

早い段階でラインハルト・フォン・ローエングラムが簒奪の野心を持っていることを主張したが、これは悪意と偏見による決めつけであり、冷静な分析の結果ではない。そのため、ラインハルトの貴族制度を揶揄するような発言を受けても、それが叛意の証拠となることに気づかず、その場の感情的な反発で終わらせてしまった。結局、予感は彼の死後に的中することになる。

ラインハルトとの関係は最悪だったが、それ以外の当時の主流であった門閥貴族の人間との関係は悪くはなく、へぼ詩人ことアルフレット・フォン・ランズベルクなどとも親しくするなど、伯父の権力を笠にきてという面はあったにしろ、それなりには社交性はあった模様。
また自分たち門閥貴族が民衆を虐げて好き勝手していることについては、ある程度自覚はあり、知性についてもそこまで劣悪ではなかったようだが、選民意識とプライドが高いのが禍いし、文字通りそれが命取りとなった。

藤崎版ではラインハルトに匹敵する才能を持ちメルカッツをも使いこなしてみせがら、門閥貴族の典型と言える言動を繰り返す作原作は大きく異なる人物像で描かれている。詳しいことは実際に読んでもらえばわかるとして、これらはフレーゲルの持つ滅びの美学に基づいた行動であり、原作とは違い勝ち逃げと言える最期を遂げる事となる。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国 オットー・フォン・ブラウンシュバイク

pixivに投稿された作品 pixivで「フレーゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3102

コメント