ピクシブ百科事典

ウランフ

うらんふ

田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」に登場するキャラクター。

概要

CV:大林隆之介(OVA)

自由惑星同盟の軍人。階級は中将。
古代騎馬民族の末裔で姓は無い。
また民衆からも人気の高い提督であった。

宇宙暦795年、自由惑星同盟軍第九艦隊司令官として第3次ティアマト会戦第4次ティアマト会戦に参加。
第3次ティアマト会戦では司令官ウィレム・ホーランド中将を失い敗走する第十一艦隊を第五艦隊司令官アレクサンドル・ビュコック中将と共に援護して帝国軍を寄せ付けず整然と後退し、この会戦の帝国軍勝利の立役者であるラインハルト・フォン・ミューゼル中将からもビュコックと共に評価された。
第4次ティアマト会戦では両軍が対峙するなかでの敵前横断後のからの側面攻撃という常識外れの行動に出た帝国軍左翼司令官ラインハルトに自由惑星同盟軍が翻弄されるなか、後方の敵が強いなら我々は前進するまでと艦隊を突撃させ帝国軍本隊を圧迫する猛将ぶりを発揮するもラインハルトの後背からの中央突破に攻勢は頓挫し、後退する事となる。
宇宙暦796年、自由惑星同盟軍第十艦隊司令官となり帝国領遠征に遠征艦隊の先鋒として参加。
そしてアムリッツァ星域会戦の前哨戦である惑星リューゲンの会戦でフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト中将が率いる黒色槍騎兵(シュワルツランツェンレイター)艦隊と交戦。
遠征艦隊先鋒故に他艦隊よりも各占領地に駐留部隊を配置せねばならなかった為か数は敵に劣り、更にラインハルトの焦土作戦で補給もままならない状況ではあったが相手に序盤は同数の損失を与え、その後に絶対数の不足と将兵の疲労から包囲されるも、艦艇の四割を失い、残り半数が損傷となりながら粘り強く抗戦を続けたうえ、包囲網の一箇所に全兵力をぶつけて敵陣を突き崩し、凡そ半数ではあるが艦隊の脱出を成功させた。
だが、その折に艦隊の最後尾にあって艦隊の脱出を援護していたウランフは旗艦を撃沈され戦死した。

ビュッコック提督から信頼され、ヤン・ウェンリーをしてウランフが生きていればもっと楽が出来たと後に言わしめる等、同盟軍の提督としては有能な部類に入る。

アニメ版では一貫して第十艦隊司令官であり、旗艦は盤古という名称である。


関連タグ

銀河英雄伝説
自由惑星同盟

pixivに投稿された作品 pixivで「ウランフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1121

コメント