ピクシブ百科事典

ヤン艦隊

やんかいたい

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』に登場する部隊。
目次[非表示]

部隊概要

第13艦隊

宇宙暦796年、アスターテ星域会戦に敗れた自由惑星同盟は会戦に参加した艦隊、第2・第4・第6各艦隊のうち手酷い損害を受けた第4、第6艦隊を廃止し、その残存艦艇に新兵を加えた半個艦隊約6000隻をもって第13艦隊を新設し、司令官にはアスターテ星域会戦の英雄であるヤン・ウェンリー少将が任じられた。
ヤンは半個艦隊をもって難攻不落で知られるイゼルローン要塞攻略を命じられ、大方の予想に反し無血で要塞を占領、この功績によりヤンは中将に昇進し、更に半壊状態の第2艦隊も廃止され、所属していた艦艇は第13艦隊に併合され、艦隊は正規の一個艦隊兵力を有するものに昇格した。
イゼルローン要塞占領を材料に銀河帝国との和平交渉にもちこもうとした統合作戦本部総長・シドニー・シトレ元帥の思惑は、しかし、主戦派が支配する同盟評議会に押し切られ、帝国領への大規模侵攻作戦が決定することとなった。
この大規模侵攻作戦に第13艦隊は第3・第5・第7・第8・第9・第10・第12各艦隊とともに参加、しかし、帝国軍の焦土作戦により補給路を断たれた同盟軍各隊は敗北、3000万人の参加将兵のうち2000万人が戦死・行方不明となる大惨敗となった。
第13艦隊は3割の将兵を失ったが、最後まで前線に立ちつづけたことが評価され、最前線にあるイゼルローン要塞に駐留することを命じられることとなった。

イゼルローン駐留艦隊

イゼルローン要塞司令官兼駐留艦隊司令官としてヤンが大将に昇進、アムリッツァ星域会戦の責任をとらされて左遷されていたアレックス・キャゼルヌ少将、第10艦隊に配属されていたダスティ・アッテンボロー少将、帝国から亡命したウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ客員提督、ヤンの養子・ユリアン・ミンツ軍曹らが加わり陣容が固まる。
救国軍事会議が起こしたクーデターの鎮圧、ガイエスブルグ要塞の撃退にもヤンは貢献したが昇進せず(ガイエスブルク要塞侵攻時は、直前まで査問会に引っ張り出されていた)、その直後に起こった帝国軍の一大侵攻のおり改めて元帥に昇進、このときラルフ・カールセンライオネル・モートン両中将の艦隊が一時的に指揮下に入っている。

  • イゼルローン要塞兼イゼルローン駐留艦隊司令官・ヤン・ウェンリー(大将→元帥)
  • 要塞事務監・アレックス・キャゼルヌ(少将→中将)…ヤン不在時には司令官代理を兼ねる。
  • 要塞防御指揮官・ワルター・フォン・シェーンコップ(少将→中将)
  • 薔薇の騎士連隊連隊長・カスパー・リンツ(中佐→大佐)
  • 薔薇の騎士連隊副連隊長・ライナー・ブルームハルト(少佐→中佐)
  • 駐留艦隊副司令・エドウィン・フィッシャー(少将→中将)
  • 駐留艦隊参謀長・ムライ(少将→中将)
  • 駐留艦隊副参謀長・フョードル・パトリチェフ(准将→少将)
  • 駐留艦隊分艦隊司令・ダスティ・アッテンボロー(少将→中将)
  • ラオ(大佐)・アッテンボローの補佐役。元第2艦隊司令・パエッタ中将の幕僚。
  • 駐留艦隊分艦隊司令・グエン・バン・ヒュー(少将)…第8次イゼルローン要塞攻防戦で戦死。
  • 客員提督・ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(帝国軍・上級大将→中将待遇)
  • ベルンハルト・フォン・シュナイダー(帝国軍・中佐→大尉待遇)…メルカッツの副官。
  • 第1空戦隊隊長・オリビエ・ポプラン(少佐→中佐)
  • 第2空戦隊長・イワン・コーネフ(少佐→中佐)…バーミリオン星域会戦で戦死。
  • 第2空戦隊副隊長・コールドウェル(大尉)…イワン・コーネフ戦死後、隊長に昇格。
  • 第1空戦隊隊員・カーテローゼ・フォン・クロイツェル(伍長)
  • バグダッシュ(中佐→大佐)…情報戦のプロ。
  • 司令官付副官・フレデリカ・グリーンヒル(大尉→少佐)
  • 司令官付従兵・ユリアン・ミンツ(兵長待遇→中尉)
  • ルイ・マシュンゴ(准尉→少尉)・「ヤン・ウェンリー査問会」に同行する護衛官、後、ユリアンのフェザーン駐在武官就任にも同行。

エル・ファシル革命予備軍→イゼルローン共和政府軍

「バーラトの和約」後にイゼルローン駐留艦隊は一時解体されるが、ヤンの謀殺を狙った帝国軍高等弁務官・ヘルムート・レンネンカンプ上級大将が反撃にあい拉致される事件が起きる。
この事態を知った皇帝・ラインハルト・フォン・ローエングラムは「バーラトの和約」を破棄、最後の決戦に臨む同盟軍宇宙艦隊総参謀長・チュン・ウー・チェン大将はヤン艦隊の幹部・ムライ中将、フィッシャー中将、パトリチェフ少将に5560隻の艦船を譲渡、逃亡するヤンを追わせた。
宇宙歴800年1月、帝国に追われるヤンは惑星エルファシルに招かれ革命予備軍を組織、コルネリアス・ルッツ上級大将率いる帝国軍からイゼルローン要塞を再奪取した。
ほぼ同時期、皇帝・ラインハルトはアレクサンドル・ビュコック元帥率いる同盟軍最後の艦隊をマルアデッタで破り、その直後にイゼルローン要塞がヤンに落とされたことを知る。
宇宙暦800年2月20日、惑星ハイネセン占領後にラインハルトは「冬バラ園の勅令」を発布、自由惑星同盟が滅亡したことを全銀河に公表する。
宇宙暦800年4月20日、「回廊の戦い」が始まる。
宇宙暦800年5月7日、フィッシャー中将が戦死し、5月18日に停戦となる。
宇宙暦800年6月1日、皇帝・ラインハルトとの会見に臨んだヤンが地球教のテロにあい死亡、パトリチェフ少将、ライナー・ブルームハルト中佐もヤンを守ろうとして死亡したことにより、戦意を失ったイゼルローン軍に不穏な空気が流れる。
これらの動きに危惧を覚えたムライ中将は不穏分子を引きつれてイゼルローンを離脱、ユリアン・ミンツを軍事司令官、フレデリカ・グリーンヒル・ヤンを政治指導者にし、要塞には100万人弱が残ることとなった。
宇宙暦801年、帝国との最後の戦いに帝国総旗艦・ブリュンヒルト侵入作戦を決行、囮艦隊を率いるメルカッツが戦死、ブリュンヒルト侵入を果たしたシェーンコップ、マシュンゴ、薔薇の騎士連隊の大半も皇帝・ラインハルトの停戦命令が出るまでに戦死した。
宇宙暦801年7月、イゼルローン要塞を引き渡すこと、惑星ハイネセンを中心とするバーラト星系に共和制自治を認めることで帝国との講和が成立する。
物語はここで終わることとなり、ヤン艦隊の解体も惑星ハイネセン帰還後に行われたと思われる。

  • スーン・スール(少佐)…同盟軍宇宙艦隊司令長官・アレクサンドル・ビュコック元帥にヤンの配下につくよう命じられる。ヤンの死後、アッテンボローを補佐する。
  • マリノ(准将)…フィッシャー中将戦死後、艦隊運用を任される。

部隊所属艦

  • 初代旗艦・ヒューべリオン…バーミリオン星域会戦までのヤン艦隊旗艦。イゼルローン革命予備軍成立後はメルカッツ分艦隊旗艦となるが、シヴァ星域海戦で戦没。
  • 二代目旗艦・ユリシーズ…元々は第2艦隊(第4次ティアマト会戦)→第8艦隊(アムリッツァ星域海戦)→ヤン艦隊所属の標準型戦艦。
  • アガートラム…フィッシャー分艦隊の初代旗艦。
  • シヴァ…「シャーウッドの森」艦隊の旗艦。後にフィッシャー分艦隊の2代目旗艦となるが、「回廊の戦い」で戦没。
  • トリグラフ…アッテンボロー分艦隊の初代旗艦。
  • マサソイト…アッテンボロー分艦隊の2代目旗艦。
  • マウリア…グエン・バン・ヒュー分艦隊旗艦。第8次イゼルローン要塞攻防戦で戦没。
  • レダⅡ…巡航艦。査問会呼び出し、ハイネセン脱出、ラインハルトとの2度目の会談の時にヤンの乗艦となる。


関連タグ

銀河英雄伝説 ヤン・ウェンリー ユリアン・ミンツ アレックス・キャゼルヌ
フレデリカ・グリーンヒル ワルター・フォン・シェーンコップ ダスティ・アッテンボロー ムライ
オリビエ・ポプラン カスパー・リンツ バグダッシュ
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ

関連記事

親記事

銀河英雄伝説 ぎんがえいゆうでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤン艦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1368

コメント