ピクシブ百科事典

地球教

ちきゅうきょう

田中芳樹原作の小説『銀河英雄伝説』に登場する宗教団体。
目次[非表示]

概要

田中芳樹原作の小説『銀河英雄伝説』に登場にする宗教団体。

「母なる地球への帰依」
このスローガンをもって地球教は、国境を越えて「銀河帝国」、「自由惑星同盟」、フェザーン自治領に支部を創設、信者は増え続けていた。
地球巡礼はフェザーンの武装商船を利用、国境を越えて行われており、航行の自由は帝国・同盟・フェザーン自治領のいずれも黙認、信徒を乗せたボリス・コーネフの武装商船・ペリョースカ号が帝国軍・ジークフリード・キルヒアイス上級大将麾下の艦隊に護衛されたことさえある。
ただし戦争中であるため、同盟人の信徒が敵国である帝国領内の地球に巡礼しに行くのはほぼ不可能であった。そのため、同盟の地球教徒たちは安全な巡礼のため、「地球を奪還せよ」と戦争を熱烈に支持している。

ところが、実際にはかつての地球の栄光を取り戻そうと歴史の影で暗躍しており、帝国と同盟が戦争状態に突入してからは両者を争わせ続け、疲弊させて共倒れさせ、最終的に地球教が人類社会の支配者となり、かつての地球の栄光を回復せんと何世紀も昔から陰謀を巡らせている。
フェザーン自治領も地球教の強い影響下にあり(初代自治領主・レオポルド・ラープはフェザーン成立のため地球教から多額の工作資金を得ており、その後も政府の重要ポストは地球教の意向によって決まる、また、自立を目指した第4代自治領主・ワレンコフは地球教に殺害されている)、帝国の政軍関係の機構にも熱心な信徒を潜り込ませることに成功している。
一方で、同盟では一般民衆にそれなりの信者を獲得しているにもかかわらず、紛いなりにも宗教を胡散臭いと断じる銀河連邦式の民主主義国家であるためか、いまいち公組織内部に勢力を浸透できておらず、作中ではヨブ・トリューニヒトら政治勢力の一部と対等の協力関係を結んで謀略を巡らせていた。

作中の地球

西暦2039年に勃発した超大国同士による全面核戦争「13日戦争」と、その後の90年にも及ぶ「90年戦争」で地球全域は最初の荒廃時代を迎えたが、西暦2129年に各勢力が和解して「地球統一政府」を設立させる。
地球統一政府は長い年月を費やして宇宙開発に尽力し、超光速航行の実用化や植民諸惑星の開発を主導。恒星間時代の築いた。しかし、西暦2530年頃から生存圏の拡大が急速に鈍り始め、2630年頃には完全な停滞を迎える。しかし、地球統一政府は自らの特権的な立場を維持するために、宇宙軍の増強と官僚組織の増大を図り、既に地球上の資源枯渇もあり、資本と金融、そして軍事力を背景に植民星の経済全てを支配して利益を地球にのみへ還元し続ける圧政組織へと変貌。植民諸惑星でも急速に不満が高まっていった。
そして、地球は植民星の不満を抑えるべく、反地球急先鋒であったシリウス星系自治政府が人類社会の支配を企んでいるというシリウス脅威論を唱えたが、地球の思惑とは正反対に植民諸惑星はシリウス側へ流れてしまい、焦った地球政府がシリウス政府を武力討伐で幕引きを図ろうとしたため、後世「シリウス戦役」と呼ばれる大規模武力衝突へと発展した。
当初は地球軍が優勢を保ったが、地球軍の綱紀が著しく緩んでおり、シリウス主星ロンドリーナ制圧戦にて、「血染めの夜(ブラッド・ナイト、もしくはブラディ・ナイト)」を引き起こし、100万人以上の一般市民を無差別殺戮してしまった結果、事件被害者であった四名の復讐者、「ラグラン・グループ」が誕生。
彼等が主導するシリウスを中心とした反地球連合軍に地球軍は敗退。最終的には工業原料・食糧・エネルギー資源の供給源全てを失い、地球上は餓死寸前の状況にまで追い詰められ、そして、地球は反地球連合軍の無差別攻撃受けて数十億人単位の犠牲者を出し、地球統一政府は消滅した。
それでも約10億人の地球人が生き残っており、シリウス中心の人類社会に組み込まれることになったが、それが確立する前に新たな支配者シリウスもラグラン・グループ内での権力闘争がきっかけで内部崩壊して再び宇宙は乱世状態になった。
もはや経済力と資源、今後の潜在力全てを失った地球に興味を抱く勢力はなく、残された地球人同士で支配権をめぐって内戦を繰り広げ、荒廃した地球はますます疲弊した。
しかし、地球統一政府の残党勢力は地球がかつて保有した特権的な地位を取り戻す事を目論み、地球教団を設立する。時期は不明だがそうした争いは地球教によって統一されて終止符が打たれ、本編の時代には1000万人ほどの住民が荒れ果てた母なる惑星の上で細々と信仰生活を送っているのみである。

関連人物

地球教の最高権力者。グランド・ビショップと呼ばれるが、本名は不明。
ルビンスキーの野心を見抜いてなお利用し、ド・ヴィリエに異例の抜擢をするなど得体が知れない。

地球教団総書記代理。大主教。かなり狡猾な陰謀家。
最高幹部の一員であるが信心など欠片もなく、己の支配欲のために教団を利用している。
地球教フェザーン支部長。大主教。
オーディンでの皇帝暗殺計画の実施面における責任者だった。
ルビンスキーに対する監視役。主教。
禁欲家であり熱心な信徒。狂信者ではあるが知性は備えていると評されていたが、ルビンスキーにサイオキシン麻薬を盛られたことにより酒と色欲に溺れ、心身の健康を害す。
ユリアン・ミンツはフェザーンからの脱出に同行、彼の死を看取り、強い印象を感じている。
フェザーン自治領、第8代自治領主。
地球教徒は主従関係にあるが、内心で翻意を抱いている。
自由惑星同盟最高評議会議長。
同盟における活動で地球教の協力者。
ただしトリューニヒトも個人的な目的があり、互いに利用しあってるだけの関係である。
「救国軍事会議」が起こしたクーデター事件のおりには地球教信徒にかくまわれ、「バーラトの和約」後、帝国に居を移した後にも地球教とつながりをもち、キュンメル男爵による「皇帝弑逆未遂事件」にも地球教から情報を入手、自己顕示欲をもってケスラーに密告し皇帝救出に貢献する。

作中の活躍

帝国暦490年(宇宙暦799年)、帝国軍のフェザーン侵攻により、フェザーン政府は崩壊、自治領主・アドリアン・ルビンスキーは地球教からの自立をめざし逃亡、自由惑星同盟との講和後、ラインハルト・フォン・ローエングラムが即位、同盟最高評議会議長・ヨブ・トリューニヒトは地球教とのつながりをもったまま、帝都・オーディンに居を移す。

新帝国暦1年(宇宙暦800年)、キュンメル男爵による「皇帝・ラインハルト弑逆未遂事件」が起き、背後に地球教が動いていたことがキュンメル邸に残された証拠とトリューニヒトの証言により発覚、これにより帝国は地球教を「反帝国・テロ組織」に認定、アウグスト・ザムエル・ワーレン上級大将率いる艦隊を地球教追討に派遣、その途上、ワーレンは地球教信者の帝国軍兵士に襲われ、左腕を失う重い傷を負ってしまう。

一方、地球教の動向を探っていたユリアン・ミンツオリビエ・ポプランは教団が信者に「合成麻薬・サイオキシン」を与えて操っていた事実を知り、地球教が穏健な宗教団体ではなく危険な犯罪集団であることを知る。
直後にワーレン率いる帝国軍が到着、ユリアン、ポプランらは地球教戦闘部隊の殲滅に協力するが、ド・ヴィリエら主要幹部は取り逃がしてしまう。

その結果、新帝国暦2年(宇宙暦801年)のイゼルローン駐留艦隊司令官・ヤン・ウェンリー元帥殺害事件には同盟軍・アンドリュー・フォーク元准将を利用して直接的に、帝国軍新領土総督・オスカー・フォン・ロイエンタール元帥叛逆事件には間接的に関与、二人の抹殺が結果として銀河帝国皇帝・ラインハルトに利益をもたらしていることに教団内部に不満が残った。

新帝国暦3年(宇宙暦803年)、身重の皇妃・ヒルダ殺害を狙い柊館を襲うが失敗、憲兵総監・ウルリッヒ・ケスラー上級大将に殲滅される。
同年7月、軍務尚書パウル・フォン・オーベルシュタイン元帥が「病床にあった皇帝・ラインハルトが健康を回復、皇帝はみずから軍を率いて地球を破壊する」との偽情報(実際には危篤状態)を流し、地球教最後の実戦部隊をおびき寄せる。その数わずか30人、憲兵隊とユリアンらに殲滅され、犯罪集団としての地球教は滅亡する。

関連タグ

銀河英雄伝説

関連記事

親記事

銀河英雄伝説 ぎんがえいゆうでんせつ

兄弟記事

コメント