ピクシブ百科事典

シドニー・シトレ

しどにーしとれ

『銀河英雄伝説』に登場する自由惑星同盟側のキャラクター。
目次[非表示]

声優

CV:内海賢二

概要

 褐色の肌に、2mに届かんとするがっしりとした体躯の持ち主。良識的な軍人として名声もあり、人望も高い。ヤン・ウェンリーが士官学校時代に校長を務めていた事がある。その為、ヤンとの面識も深く、数少ないヤンの理解者でもある。大将の時代に第8艦隊司令官を歴任し、第5次イゼルローン要塞攻防戦に参加している。後に自由惑星同盟軍 統合作戦本部長を務め、階級は元帥にまで昇進していた。
 人望厚く、兵士達の人気もある指揮官であるが、銀河帝国侵攻作戦の失敗が原因で辞任に追い込まれてしまう。ヤンに後を託して、自身は故郷で農業を営む生活をして表に出来なかったものの、同盟が滅亡し併合された後に起こるグエン・キム・ホア広場の暴動にて、帝国軍に逮捕される。
 さらにラグプール刑務所にパエッタムライら旧同盟の幹部と収監されていたが、暴動に巻き込まれて負傷。パエッタは死亡したが、彼自身は命に別状はなかった。
因みにジョアン・レベロとは友人関係にある。

人物

 温厚的な性格で、理解力に富んでいる。それ故に兵士達の人望も厚い。特にヤンは、校長として赴任していた彼には頭の上がらない1人でもあった。原作では辞任した後に発生したクーデターでは、ヤン・ウェンリーの行動に正義があるとして公表し、各惑星に呼びかけるなどして彼を支援した。
 OVAではその様な行動は無かったが、後のグエン・キム・ホアの騒動でロイエンタールと会見した時は、他の者に後を任せっきりにした自分を責め、責任から逃げないと固く誓っている。
 また政局抗争が軍内部までに浸透していた時は、それに対抗しようと四苦八苦しており、ヨブ・トリューニヒト一派の専横を快く思ってはいなかった。

経歴

中将まで

 士官学校校長として赴任し、そこでヤンとの面識を得る。戦史研究家の廃止に対して、反対運動に加わっていたヤンに罰を与えた。それが戦史書の整理であった為に、ヤンは多くの蔵書を扱うことが出来たという粋な計らいであった。また、名校長として評される実績を残していった。
 ヤンがエル・ファシルの英雄としてクローズアップされていた時代に、パーティ会場でヤンの功績を称えていた。(その際に温かみのある笑みを見せ、ヤンの肩を優しく叩いていた)この時、中将であった。

大将

 大将に昇進し、第8艦隊司令官に就任していた。この時に、第5次イゼルローン要塞攻略戦に際し、第4艦隊(ドワイト・グリーンヒル中将)と第5艦隊(アレクサンドル・ビュコック中将)を率いて総司令官として参加した。
 この時、ヤンは幕僚としてシトレ大将の下に就いており、同じく砲術士官としてダスティ・アッテンボローも同盟軍総旗艦・兼・第8艦隊旗艦ヘクトルに乗艦していた。5万隻にも及ぶ大艦隊を統括し、彼が考案したと思われる平行追撃戦を実施、見事に要塞へと肉薄することに成功した。
 だが、この時の要塞司令官クライスト大将の味方ごと要塞主砲で殴殺するが如き暴挙によって、要塞表面の厚化粧を引っぺがした程度の戦果で敗北を喫する事となった。(なお、この戦法は帝国軍にとって注意すべき手法になったのは間違いない)

元帥

 先の要塞攻略作戦には失敗したが、手腕を評価されて元帥に昇進し、同盟軍統合作戦本部長に就任。宇宙艦隊司令長官のラザール・ロボス元帥とコンビを組むことになる。しかし、軍内部へ手のを伸ばしてくる政治家や、それに媚を売る軍人達への対処にも苦慮する事となり、とりわけトリューニヒト一派の発言力の強さには危機感を抱いていた。
 その対抗策としてヤンをイゼルローン要塞攻略に任命し成功させる事で、トリューニヒト派閥の行動を押し止めようとしたものの、それが仇となって帝国領侵攻作戦という無謀極まりない作戦が立案されてしまった。最高評議会で決定された事とはいえ、持ち込んだのは個人ルートで政治家に持ち込んだのは、シトレが評価していないアンドリュー・フォーク准将であった。
 作戦会議の直後、ヤンに会ったシトレは「帝国侵攻作戦が成功すれば統合作戦本部長職はロボス元帥に、失敗すれば責任を取って辞めなければならない。どっちにしても退役しなければならない」と語り、「できれば、最小限の失敗で終わってくれれば」とも語っている。
 シトレが危惧したとおり、侵攻作戦は失敗し、同盟軍が終わった後、シトレは本部長を辞任、ロボスも宇宙艦隊司令長官を辞任、ともに退役することとなった。
 ヤン、ビュコック、クブルスリーといった良識派の軍人達に、同盟の未来を託し、自身は故郷にて果樹園(OVAでは養蜂)を営む事になる。

退役後

 クーデターが発生した後、シトレはヤンの行動は同盟政府と民主主義を守るものだと発言。退役していながらも発言力の影響は大きく、大多数がそれを指示する。OVA版では故郷でじっとしているだけであった。
 その後のグエン・キム・ホア広場での騒動で、その場にいた帝国軍に逮捕されてしまう。その際にロイエンタールと会見。ヤン、ビュコック等と言った軍人達が相次いでこの世を去っていき、自分だけが生き残っていることに自責の念を浮かべていた。また、OVAでクーデターへの批判をしなかった分、ここでは「本来自分が果たすべき役割を他人に押し付け傍観者となった」と発言し、「責任から逃れはしない」と固く決意を露わにしていた。
 だがラグプール刑務所に収監されていた時に、運悪く暴動に巻き込まれてしまう。それでも一命を取り留めており、辛うじて生還している。その後の安否は不明である。

関連タグ

銀河英雄伝説 おじさま 元帥 自由惑星同盟

関連記事

親記事

自由惑星同盟 じゆうわくせいどうめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シドニー・シトレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16367

コメント