ピクシブ百科事典

クブルスリー

くぶるすりー

銀河英雄伝説の登場人物
目次[非表示]

プロフィール

表記Kubersly
CV田中信夫


概要


帝国領侵攻作戦時第1艦隊司令官、当時の階級は中将。第1艦隊は首都警備や治安維持を任務とする艦隊で、帝国領侵攻作戦には参加しなかった。そのため、アムリッツァ星域会戦大敗の責任をとって統合作戦本部総長・シドニー・シトレ元帥、宇宙艦隊司令長官・ロボス元帥が辞任、総参謀長・ドワイト・グリーンヒル大将が査閲部長に左遷されるなど、首脳部の総退陣にともなって統合作戦本部総長に就任し、大将に昇進。新たに宇宙艦隊司令長官に任じられたアレクサンドル・ビュコック大将とともに同盟軍の再建に乗り出す。
しかし、残された同盟軍艦隊は第1、第11各艦隊、第13艦隊を母体とするイゼルローン要塞駐留艦隊のほかにはラルフ・カールセンライオネル・モートンらが指揮する独立艦隊がいくつか存在するのみであり、新たな制式艦隊は司令官もいなければ、艦船もない悲惨なありさまであった。

宇宙歴797年、統合作戦本部の1階ロビーにおいて、現役復帰を直訴したアンドリュー・フォーク元准将に銃撃され負傷。クブルスリーの入院を機に「救国軍事会議」によるク―デターが起こる(フォークは「救国軍事会議」のメンバーだったが、露見することはなく強制的に精神病院に入院させられた)。
「救国軍事会議」は反トリューニヒト派の軍人で占められており、査閲部長・グリーンヒル大将、第11艦隊司令・ルグランジュ中将らが参加、この間、ビュコックとクブルスキーら軍首脳はそれぞれ軟禁される。
しかし、軍事政権による支配に反対するイゼルローン駐留艦隊司令・ヤン・ウェンリー大将の活躍によりクーデターは鎮圧されるが、結果としてトリューニヒトの政権掌握に力を与え、軍部もほぼトリューヒト派に取り込まれてることとなってしまう。

退院後、現場復帰するがすでに発言権はなく、トリューニヒト派の圧力を受け辞任、退役。
後任はトリューニヒトに受けがいいドーソン大将が就任するが、小心・陰気な性格が現場の艦隊指揮官にはきらわれていたという。

関連タグ

銀河英雄伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「クブルスリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 804

コメント