ピクシブ百科事典

ベルンハルト・フォン・シュナイダー

べるんはるとふぉんしゅないだー

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の登場人物(画像左)。
目次[非表示]

概要

cv:目黒裕一(現:目黒光祐)

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の登場人物。
当初は銀河帝国軍ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ上級大将の副官として登場、階級は中佐。

銀河帝国皇帝・フリードリヒ4世の死後、国務尚書・リヒテンラーデ公爵は門閥貴族が国政に介入してくるのを嫌い、幼帝・エルウィン・ヨーゼフ2世を擁立、宇宙艦隊司令長官・ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥も公爵に同調した。
門閥貴族のなかでも最大の勢力を誇るオットー・フォン・ブラウンシュバイク公爵はこの動きに反発して帝都・オーディンを脱出、多くの貴族たちとともにガイエスブルグ要塞に籠り、ここに帝国を二分する内乱が起こった。
いずれにも加担する気のなかったメルカッツ上級大将は、このとき、「(メルカッツの)家族を害する」とブラウンシュバイク公に脅迫され、門閥貴族の敗北を予期しつつやむなく加担する。

シュナイダーはこのとき、「ブラウンシュバイク公から軍事のすべてを任されること」を素直に喜んだが、メルカッツは「貴族たちはすぐに命令を聞かなくなり、ラインハルトより私を憎むだろう」と敗北を予言、この言葉の通り、ファーレンハイト中将やシュターデン中将の命令を聞かない貴族連合軍は敗北を重ねていく。

貴族連合軍はメルカッツの予測通りに敗れてガイエスブルグ要塞も落ち、シュナイダーは敗北の責任をとって自殺しようとする上官に自由惑星同盟への亡命を勧め、イゼルローン要塞駐留艦隊司令官・ヤン・ウェンリー大将のもとに身を寄せた。メルカッツは中将待遇、シュナイダーは中尉待遇となる。

その後、皇帝・エルウィン・ヨーゼフ2世が自由惑星同盟に亡命し、レムシャイド伯によって「銀河帝国正統政府」が樹立されるとメルカッツは「元帥」に叙せられ「軍務尚書」に任じられた。
が、「銀河帝国正統政府」には数人の貴族と5人の兵士しかおらず、到底帝国の実権を握ったラインハルトに及ぶべくもなかった。
惨状ともいえる現実にシュナイダーは「よほど気宇が壮大なのか、それとも精神の骨格がチョコレートの蜜漬けでできてるのか、おそらく後者だろう」と愚痴っている。

「銀河正統政府」の瓦解、自由惑星同盟の降伏後、表向きはメルカッツは戦死したとして数隻の艦隊とともに同盟領を放浪、ヤンのイゼルローン帰還に際して艦隊に合流した。

ヤンの死後もメルカッツは客員提督としてイゼルローン軍に参加、帝国軍総旗艦・ブリュンヒルト潜入戦の囮艦隊を指揮していたメルカッツは座乗艦・ヒューベリオンの被弾とともに致命傷を負い死亡、シュナイダーは休戦後、生き残りの部下を率いて旧帝都・オーディンに帰っていった。

余談

シュナイダーを演じた目黒氏は『銀河英雄伝説』の新作アニメ「Die Neue These」では同盟軍第4艦隊司令・パストーレ中将を演じている。
2011年公演の舞台版では村上幸平氏が演じていた。

関連タグ

銀河英雄伝説 ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルンハルト・フォン・シュナイダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11909

コメント