ピクシブ百科事典

フョードル・パトリチェフ

ふょーどるぱとりちぇふ

田中芳樹原作の小説『銀河英雄伝説」の登場人物である。

フョードル・パトリチェフ

 
 フョードル・パトリチェフとは銀河英雄伝説の登場人物である。

 ヤン艦隊の次席幕僚で、その豪放磊落さで将兵の叱咤激励役を引き受ける。ムライ中将が評したように、司令官たるヤン自身が「参謀の資質をも兼ね備える」ためか、あまり参謀らしく作戦立案や作戦案の細かい詰めなどの作業をしている描写は本編にもあまりなかった。
 巨漢で、張りのあるバスの声をしているとされる。
 
 柔軟な発想ができ、他者への評価もおおらかで、作中キャラや作品ファンの大体、果ては中の人にまで嫌われている、アンドリュー・フォークを「秀才だったのですが、計算外以外のことは苦手だったのですな。計算通りにやれることなら誰より上手くこなしたに違いない」と多少擁護するような発言もしている。

 大尉時代、エル・ファシルで少佐になり惑星エコニアに赴任したヤンを補佐。そこでヤンの知己を得て、8年後にヤン艦隊発足に伴って次席幕僚に迎えられた。以後、イゼルローン要塞奪取、マル・アデッタ会戦直前の合流などヤンのみならずイゼルローン駐留軍にも大きく貢献している。

 回廊の戦いの後、皇帝ラインハルトとの二度目の会談に臨んだヤンの随員としてスーン・スールライナー・ブルームハルトと共にレダⅡに同乗するが、その道中で地球教の暗殺者達がヤンを襲撃。パトリチェフはスールやブルームハルト達と共にヤンを逃がそうとするも、最後は身を挺して無数の銃火を受けてしまい、果てた。
 
「よせよ、痛いじゃないかね……」―――――断末魔の言葉

 艦隊副司令・フィッシャー中将とパトリチェフの死はヤンの高級幕僚のなかで最も彼らに親しかったムライ中将に衝撃を与えた。中将はヤンの死によって多くの将兵が戦意を失うことを予測、みずから汚れ役となり彼ら不満分子を率いる形でイゼルローン要塞から離脱することを決断した。

pixivに投稿された作品 pixivで「フョードル・パトリチェフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 651

コメント