ピクシブ百科事典

概要

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の登場人物。自由惑星同盟軍少佐。

本名は「スーン・スールズカリッター」、優秀な成績で同盟軍士官学校に入学。
他に例のない珍名であり、その名を聞いた他人に笑われることが多かった。
そのため、厳粛な新入生代表挨拶が爆笑に包まれることを気に病んでいたが、その座は首席入学のアンドリュー・フォークに譲ることとなり、本人は胸をなでおろしている。

卒業後、スールズカリッターがいつ同盟軍宇宙艦隊司令長官・アレクサンドル・ビュコック元帥の部下になったかは不明。
が、元帥の副官・ファイフェル中将が心臓麻痺により意識不明となった直後、副官に抜擢される。
「スールズカリッター少佐というのは呼びにくいから」という単純な理由でビュコック元帥に「スール少佐」と略称で呼ばれるようになり、喜んだスールズカリッターは「スール」を本名にしている。

高等弁務官・ヘルムート・レンネンカンプ上級大将の横死後、同盟の責任を問うため侵攻する帝国軍を迎え撃つため、退役していたビュコックは現役復帰。
スールはマル・アデッタ星域の戦いにも同行しようとするが、負けることがわかっているビュコックに「30歳以下の未成年は参加できない」と拒絶され(この当時、スールは27歳)、「(イゼルローン要塞に向かった)ヤン・ウェンリーに秘蔵のウィスキーを届けるよう」命令される。

ヤンのもとにたどりついたスールは、そのままヤンの部下になり、イゼルローン回廊で帝国軍を迎え撃ったのち、ヤンと皇帝・ラインハルト・フォン・ローエングラムとの会見にも同行。
その道中、ヤン・ウェンリー元帥とエル・ファシル政府代表のロムスキー医師の一行を乗せた巡航艦・レダⅡ号は地球教からの襲撃を受けてしまう。
刺客に応対したロムスキー医師が死亡した直後、必死の防戦もむなしくスールは銃弾を受け昏倒、その直後、副参謀長・フョードル・パトリチェフ准将、ライナー・ブルームハルト中佐、ヤン・ウェンリー元帥も相次いで死亡、スールだけが唯一生き残ることとなった。
意識を取り戻したスールはユリアン・ミンツに面会、「生き残ってしまったよ、ひとりだけ・・・」と語り、アレクサンドル・ビュコック、ヤン・ウェンリーと、敬愛する二人の上司を相次いで亡くした無念さと失意の表情をユリアンに見せている。

復帰後、ダスティ・アッテンボロー中将の麾下に入り、イゼルローン軍解体に従事している。

関連タグ

銀河英雄伝説 アレクサンドル・ビュコック ヤン・ウェンリー

関連記事

親記事

自由惑星同盟 じゆうわくせいどうめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーン・スール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント