ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

CV:難波圭一


ローゼンリッター連隊の一人で、後に副連隊長。最終階級は中佐

祖父が帝国に対しての単なる不平屋だったのにもかかわらず、共和主義者として逮捕され拷問死した事から自由惑星同盟に亡命したのだという。

シェーンコップ率いるローゼンリッターの部下でありながら、22歳でも女を知らず「いい女を紹介してやる」と言われると「まだ給料が安くて結婚には早すぎます」と真面目に答えるほど初心。

カスパー・リンツ連隊長がメルカッツ率いる「シャーウッドの動く森」に参加後は連隊長代理としてワルター・フォン・シェーンコップとともにヤン・ウェンリー救出やレンネンカンプ拉致などの作戦に従事した。

その後イゼルローン回廊戦において和平交渉へと向かうヤン・ウェンリーの護衛となったが、地球教徒の襲撃からヤンを守ろうとした際に重症を負い戦死

救援に駆け付けたシェーンコップ達に看取られつつ、最後までヤンの身を案じていた。(彼含めてシェーンコップ達は知らなかったが、既にヤンは死亡していた)

あの人が生きていないと…これから将来(さき)…面白くないですからね…


人物編集

三次元チェスがヤン並みに弱く、亡くなる直前の対局でもヤンに負けて「我ながらこんなに弱いとは思わなかった」と嘆くほど。石黒OVA版ではそれが理由(「ヤンが三次元チェスで勝てそうな相手」)で回廊の戦いの後のラインハルトとの会談への随員として選ばれた、とヤン艦隊で噂される。小説版でもユリアンなどにも知られるほど周囲には弱かったことが知れ渡っていた。「天上(ヴァルハラ)があるなら、ヤン提督のいいチェス相手になるだろうよ」は死後のシェーンコップ評。

なお、OVA版ではヤンの生前最後の対局となっており、負けたブルームハルトからの明晩のリターンマッチをヤンは「また揉んでやるよ」と約束したものの、ヤン共々直後の地球教徒のテロで死ぬこととなった為、叶わぬ事となった。


余談編集

原作に於いては容姿について特徴的な記述は無いのだが、石黒OVA版では若干童顔気味ではあるが22歳という若さらしい睫毛の長めな美青年として描かれていた。一方、特に同盟側でキャラデザインの大幅変更が多いノイエ版ではどう見ても上官のシェーンコップよりも年上な髭面の厳つい男性へと大変身を遂げており、全体的にキャラクターの外見が若めに描かれているノイエ版の中では異彩を放つ事となった。




関連タグ編集

ローゼンリッター 自由惑星同盟

関連記事

親記事

ローゼンリッター ろーぜんりったー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119508

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました