ピクシブ百科事典

CV:仲村秀生

概要

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の登場人物。
本名は「フランチェシク・ロムスキー」と設定されているが、作品内では「ロムスキー医師」と呼ばれ、読者にもそう認識されている。

惑星エル・ファシルで医師を勤め、自由惑星同盟の滅亡後、「エル・ファシル独立政府」の主席に就任、ヤン艦隊の力を借りて共和民主制の復興を目指した人物。
同盟軍・アーサー・リンチ少将がエル・ファシルの住民を置き去りにしたときには、残されていた当時のヤン・ウェンリー大尉とグリーンヒル夫人とと会ったことがあるとされている(ヤンは会ったことを忘れていたが、フレデリカは具合が悪くなった母親の診察に同行していたので会ったことを覚えていた)。
帝国軍の侵攻を前にヤン艦隊を帝国に売り渡すことに反対する、善良で独裁制を敷くような人物ではないが、「自由惑星同盟正統政府」と名づけようとするなど政治手腕は皆無に近く、ヤン・ウェンリーは後世の歴史家に「ジョアン・レベロ(自由惑星同盟最高評議会議長)を見捨てたヤン・ウェンリーが新たに手を組んだ人物は(政治的手腕に欠ける)ロムスキーであった」と批判され、揶揄されることとなった(実際には帝国軍・高等弁務官・ヘルムート・レンネンカンプ上級大将の圧力にあったレベロが、ヤンを謀殺しようとして反撃にあい、レンネンカンプを拉致したヤン一党が惑星ハイネセンから逃げ出したのが真相)。

レンネンカンプをヤンに引き渡したことを理由に同盟を滅ぼした帝国軍は、ヤン一党討伐のためイゼルローン要塞に侵攻、ヤン艦隊がエドウィン・フィッシャー中将、帝国軍はアーダルベルト・フォン・ファーレンハイト上級大将、カール・ロベルト・シュタインメッツ上級大将を喪ったことにより休戦、ヤン・ウェンリー元帥と銀河帝国皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラムの会見が企図された。
ヤンとロムスキーの一行は巡航艦・レダⅡ号に搭乗し皇帝との会見に向かったが、その途上、ヤンの生命を狙う同盟軍・アンドリュー・フォーク元准将の登場する武装商船と、商船を追って来た帝国軍駆逐艦と遭遇、商船を破壊した帝国軍はヤンとの面会を求める。
が、それは帝国軍に偽装した地球教の暗殺団だった。
暗殺団はロムスキーを殺害すると、パトリチェフ少将、ライナー・ブルームハルト中佐、次いでヤン・ウェンリー元帥を殺害、暗殺団は直後に追いついてきたユリアン・ミンツ中尉、ワルター・フォン・シェーンコップ中将らに殲滅された。
ユリアンたちは、このとき、ロムスキーら「エル・ファシル共和政府」代表団の遺体を置き去りにして撤退したことを批判されることとなった。

ロムスキーの死後、「エル・ファシル共和政府」は解散、すべてをロムスキーになすりつける高圧的なエル・ファシルの代表団にユリアンは反感を覚え、「ロムスキー医師はあなたたちが反対できないほどの独裁者ですか?」と問い返している。

関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟 ヤン・ウェンリー

コメント