ピクシブ百科事典

ファーレンハイト

ふぁーれんはいと

銀河英雄伝説の登場人物。アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト (Adalbert von Fahrenheit)。
目次[非表示]

CV:速水奨(OVA)、竹内良太(Die Neue These)

概要

ローエングラム陣営の主要提督の一人、皇帝・ラインハルトのもとで上級大将に昇進。
旗艦はダルムシュタット(Die Neue Theseでの旗艦はヘイムダル)→アースグリム。

「喰うために軍人になった」と公言するほどの貧乏貴族の出で、後に銀河帝国皇帝となるラインハルト・フォン・ローエングラム以上の貧しさだったとされている。
攻勢に強く、勇猛果敢な戦いぶりで知られる。反面、守勢に回ると粘りに欠け、総合すれば猛将型の指揮官。

初期の頃から活躍していた人物で、劇中最初の戦役であるアスターテ会戦ではメルカッツ大将やシュターデン少将らとともに「少将」の階級をもつ提督のひとりとして参加、他の提督たちと艦隊司令官・ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将に撤退を具申するが却下され、自由惑星同盟軍第4・第6各艦隊を殲滅する武勲を建てていた。
その後はウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ上級大将やシュターデン中将らと門閥貴族連合に加わる。敗戦つづきの貴族連合軍にあって最善をつくし「このうえはガイエスブルグ要塞に籠って補給線の伸びたラインハルト軍の士気が落ちるのを待つ」との作戦を立てるが入れられず、オットー・フォン・ブラウンシュバイク公爵に捨ておかれる。
貴族連合軍の敗北後、虜囚となったが許され、改めて宇宙艦隊司令長官・ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥の旗下に加わった。

ラインハルトの元で思う存分実力を発揮し活躍した結果、古参の宿将であるオスカー・フォン・ロイエンタール元帥やウォルフガング・ミッターマイヤー元帥にも劣らない信頼を受けて戦い続けたが、イゼルローン回廊においてイゼルローン要塞駐留艦隊司令・ヤン・ウェンリー元帥との戦いに敗れ戦死した。死の間際に際しても味方が逃げられるよう最善をつくし、旗艦が沈没する間際に生き残った搭乗員を脱出させ、最後の最後まで己の責務を全うしようとした。
ファーレンハイトの訃報を受けて皇帝ラインハルトは彼を元帥に特進させ、イゼルローン軍に加わっていたメルカッツはアスターテ会戦でラインハルト麾下となってともに戦い、貴族連合軍とともにラインハルトと戦った元同僚に哀悼の意を示している。

アニメ版では若かりし頃のクリストファー・ウォーケンをモデルにした容姿であり、ロイエンタールの没デザインを流用したとされているが、セクシーヴォイスで名をはせる速水氏の名演技も合わさって高い人気を得るに至った。

人物

前述の通りの貧乏貴族の出であるが、卑しさとは程遠い勇猛且つ廉直な人柄で有名。
また無謀な命令を下す者には上官と言えど歯に衣着せぬ言動を放つこともあり、リップシュタット戦役では戦術知識が皆無なブラウンシュバイク公の暴論に真っ向から反対している(但しこれはブラウンシュヴァイクを怒らせるだけとなり、「死を怖れる臆病者に用はない!」と見限られてしまった)。
後にガイエスブルグが落城した際は潔く投降し、これ以降は正式にラインハルト旗下に加わることとなった。
後に第二次ラグナロック作戦でハイネセンが完全併呑された際、保身のためにレベロ議長を殺害して帝国に寝返ったロックウェル大将がかつての自分がブラウンシュバイク公を裏切ったことを引き合いに出して皇帝・ラインハルトへの恭順を示した際、実際には最後まで公爵を見限ることはなかったファーレンハイトは強い怒りを滲ませており、ラインハルトも彼の意を汲んで処刑を直々に命じている。

関連イラスト

ファーレンハイト
ファーレンハイト



関連タグ

銀河英雄伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「ファーレンハイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156089

コメント