ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

量産型ガンキャノン

りょうさんがたがんきゃのん

アニメ『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する地球連邦軍の砲撃戦用量産型モビルスーツ(MS)。ガンキャノン量産型とも。
目次 [非表示]

機体データ

型式番号RX-77D
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍
生産形態量産機(量産検討機もしくは量産先行試作機という説あり)
全高18.1m
頭頂高17.5m
本体重量51.0t
全備重量70.2t
ジェネレーター出力1,410kW
スラスター総推力93,500kg
センサー有効半径7,300m
装甲材質チタン合金セラミック複合材
固定武装60mmバルカン砲×2、240mm低反動キャノン砲×2
携行武装90mmマシンガン

機体説明

ガンキャノンの量産型として開発された機体。コア・ブロックシステムを廃止し、装甲材質はチタン合金セラミック複合材に変更する等、生産性を重視したコストダウンが図られている。


しかし、装甲自体は非常に厚く、カタログスペックでもガンキャノンを凌ぐ。

コストダウンと共にガンキャノンの実戦運用で得たノウハウが投入され、姿勢制御スラスターの増設によって宇宙空間での機動性が向上している。


両肩の240mmキャノン砲は、伸縮してバックパックに収納されることによって、近接戦闘の際に障害にならないよう配慮されている。

また、尻には砲撃時の姿勢安定用にジャッキを備えており、ガンキャノンのように腹這いにならずともある程度安定した砲撃支援を行う事が可能。


なお、RXナンバーである事から、正確には量産型ではなく「量産検討機」「量産先行試作機」の位置付けとする資料もある。

事実、量産型と銘打ってはいるものの少数の量産に留まり、以後「ガンキャノン」名称の機体は開発の系譜から一旦途切れることとなり、同じオーガスタ系列でいえばジム・キャノンⅡに一時砲撃専用モビルスーツは統合されたようである。本格量産機としてはそのジム・キャノンⅡ、或いは火力支援MSはガンタンクⅡ、後にはハイザック・カスタムなどが担った(ガンタンクⅡは厳密にはMSではなく、巨大な戦車になったMSである)。


実際の中距離支援機としては、圧倒的な製造数を誇る主力量産機、ジムとの共用パーツが多く量産コストに優れるジム・キャノンが量産された。

ジム・キャノンには空間突撃仕様のような「ある程度マイナーチェンジを加えたバリエーション」が確認されているのと比べて、本機のバリエーションは「塗装変更しただけのもの」がほとんどであることからも、バリエーションが少ないことが解る。


なお、PCゲーム『機動戦士ガンダム リターン・オブ・ジオン』には、派生型であるガンキャノン量産型改(RX-77D-2)が登場している。陸戦用MSとして少数が生産され、第一次ネオ・ジオン抗争の頃まで使われていたという。


劇中での活躍

『0080』第4話において、ケンプファーの進撃を止めるべくグレイファントム所属のスカーレット隊の機体(2機)がジム・スナイパーⅡと共に出撃したが、登場した直後に撃墜されて市街地を直撃、大きな被害を出している(前述の諸設定はまったく演出に生かされなかった)

アニメ作品での出番はこれだけ。

コストダウンされた装甲は遠距離からのショットガンの一発すら防げず、撃墜された機体からは暴発した砲弾と思しき機体片が飛散し民間への被害を広げるなど惨々な有様であった。

また、この交戦の結果を原因として、本機の量産が見送られたとする設定もあるという。

 

ただ素性自体は中々の物であるためか本機にもエースパイロット専用機が存在しており、漫画『GUNDAM LEGACY』では、アフリカ戦線にてMSパイロットに転向したばかりの「踊る黒い死神」ことリド・ウォルフ少佐がMSキャリアー・ライトライナーへ搭載した本機に搭乗。彼のパーソナルカラーである黒に塗装されていた。ゲーム作品などでも彼専用の黒い本機が登場することは割とよくある。

踊る黒い死神


コロニーの落ちた地で

ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』では、オーストラリア反攻作戦で活躍したホワイト・ディンゴ隊機(灰色に塗装)が登場している。

「ゲーム中盤に補充される新型機」という扱いで、もちろんプレイヤー機体として使用が可能。

本家ガンキャノン譲りの重装甲からくる耐久力の高さと、二丁マシンガン&二連装キャノンによる火力の高さがウリで、中距離での撃ち合いには滅法強い。

反面、機動性に難があり、加えてビームサーベルを装備していないため格闘戦には不向きである。

こちらは本当に量産機しか回されなかったため、ホワイト・ディンゴ隊に限らずオーストラリア戦線では重宝されたようだ。


機動戦士ガンダムMS戦線0079ではSRT-ユニット1部隊のデニス・バロウが試験用に受領する。


SDガンダムのOVA作品「夢のマロン社宇宙の旅 」では、108のマーキングがされた機体が登場(おそらくカイ・シデン搭乗機)。ジャブローに迷い込んだSDキャラ達にキャノン砲で攻撃して吹き飛ばしていた。


コンパチヒーローシリーズでは、連邦軍所属機なのになぜか敵ザコとして登場したことがある。(ザ・グレイトバトル外伝2)


生産数に関する異説

性能には定評のある本機であるが、生産数に関しては登場初期のサイド6への3機配備説は忘れられつつある。オーストラリア戦線などで稼働していたことが描かれたり、あるいはアフリカ戦線、北米にいたり、はては非公然特殊部隊その他の媒体であっちこっちに投入されていることから、案外RXナンバーの量産試作機という割には津々浦々に配備されていたようである。数が少ない中、少数をばらまいていたのか、3機以降の発注伝票に異常が発生したのか、あるいは3機だけしか記録しなかったのか。


地球連邦軍からもこの件に関しては一切コメントはないし、他の生産数の解らないMSに関する同軍からのコメントも釈明も存在しない。


登場MSとしての説明

デザインは出渕裕が担当。肩にデカデカと配されたブチ穴が彼の手による事を主張している。

他の「0080」登場MS同様、ガンキャノンのリファイン機らしく外観はおおむねガンキャノンを踏襲しているが、キャノン砲の収納機構や頭部の大幅な形状変更などによりガンキャノンと外見の印象を変える事に成功している。


立体物

HGUCシリーズに2004年2月にラインナップ。OVAの商品展開時は発売されなかったため、ガンプラ化まで15年を要した(ワンカットだけのやられ役とはいえ、曲がりなりにもあのガンキャノンの直系の子孫であるがゆえに惜しい)。

ごく最近の1/144・HGのガンプラと比べると可動域は広くないが、キャノン砲の収納ギミックは盛り込まれているため、近代化改修を施せば最新キットに匹敵する可動範囲を得ることができる。

スカーレット隊を再現したいならジム・スナイパーⅡと並べてあげるといいだろう。


関連イラスト

こんなにかっこいい量産型ガンキャノンがRX-77D量産型ガンキャノン WD仕様


関連タグ

ガンキャノン ジム・キャノン ガンキャノン重装型

ガンキャノンⅡ ケンプファー

量産型ガンタンク

関連記事

親記事

ガンキャノン がんきゃのん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105597

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました