ピクシブ百科事典

ザクⅠ・スナイパータイプ

ざくわんすないぱーたいぷ

ザクⅠの長距離狙撃用改修機。

概要

形式番号MS-05L。
メカニックデザイン企画『ハーモニー・オブ・ガンダム』に登場したMS。
旧式化したザクⅠを長距離狙撃用に改修した機体で、ゲルググで実用化されたビーム兵器の携帯技術を転用し、長射程のビーム・スナイパーライフルが使用可能となっている。ビーム・スナイパーライフルは数射ごとにバレルの交換が必要。

また、頭部は狙撃用にザク強行偵察型のカメラアイを使用、右膝には狙撃姿勢を保つため特殊なギアが設置されている。
その特殊な頭部構造故に、指揮官用ブレードアンテナは頭部中心からずれた場所に設置される。

この機体は、旧式化した旧ザクをなんとか実用的なことに使えないかというジオン軍の現場の事情により、少しでも戦力になればという思想から生み出された経緯がある。
そこで最小限の攻撃で最大限の効果を発揮する狙撃に主眼が置かれた。

しかし改造元のザクのジェネレーター出力ではビーム兵器の稼働は不可能であったため、背中に本体の融合炉と同等以上の出力を発揮するサブジェネレーターを背負い、漸くスナイパーライフルを稼働させるに至った。

このランドセルには重量増加による機動力低下を補うためにスラスターも増設されている。

主武装のビームスナイパーライフルは、前述のように一定射撃後に赤熱化したバレルを新規のものに交換することで、連続した射撃を可能としている。

その他にも頭部バルカンや旧型のザクマシンガンなどが用意されているが、あくまで緊急時の自衛の意味合いが大きい。

一年戦争末期のジオン軍の困窮ぶりを端的に示すような半ば急拵えの機体だが、戦争中では一定の戦果を挙げている。

機動戦士ガンダムUC』や『戦場の絆』にも登場する。
映像作品への出演はガンプラビルダーズから。
『ガンダムUC』に登場する機体は、ヨンム・カークスの専用機であり、ファットアンクル改に機体を固定する為のフックと頭部ブレードアンテナが増設されており、コックピットは統合整備計画に準じた仕様となっている。

また、バックパックにビーム・スナイパーライフルの予備バレルケースを2本装備している。
『ガンプラビルダーズ』に登場した機体は全身を水色に塗装した「GPBカラー」となっている。コウジ・マツモトのファンの一人・イワモトが搭乗した。

PS3機動戦士ガンダム戦記にも登場。
ジェネレーター出力の数値が高く、初期の段階でビーム兵器を扱える数少ない機体であり、連邦軍のミッションによってはかなり厄介な存在となる。

その他にも様々なゲーム作品に登場している。

関連タグ

ハーモニー・オブ・ガンダム 機動戦士ガンダムUC 戦場の絆 ザクⅠ ザクⅡ ヨンム・カークス ガンプラビルダーズ
ガンプラビルダーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクⅠ・スナイパータイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25904

コメント